iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPhoneの故障時に要チェック!ソフトバンクの修理保証内容とは?

毎年新作が発表される度に大きな話題をよんでいるiPhoneシリーズ。大手キャリア各社が様々な手法を使い、顧客獲得に向けての動きを見せています。新規でiPhoneを契約する際に、気になるのが“各社の保証プラン”の違いではないでしょうか。ここでは、ソフトバンクが用意しているiPhoneに対する保証内容に関して紹介していきます。契約を検討されている方は、参考にしてみてくださいね。


Replaced iPhone / securecat

iPhoneのメーカー保証

まずは、キャリアにかかわらずiPhoneを新品で購入した場合についてくるメーカー保証の内容に関してみていきましょう。

一年間のメーカー保証

新品で購入したiPhoneに関しては、1年間のメーカー保証がついてきます。この保証で受けられるサービスは修理、交換、または返金という対応になります。対応に関してはメーカーである「Apple」の判断となりますので、ユーザーが「修理して欲しい、交換して欲しい」といった要望を出すことはできません。

“通常の使用範囲内”での故障が対象となる

ただし、このメーカー保証が該当するのは“通常の使用範囲内”が条件となってきます。つまり、落下などによる破損や水没事故は保証が適応されず全額自己負担での修理・交換対応になるのです。

メーカー保証が適応されるのは多くの場合が“初期不良”によるものになっています。どこまでが“通常の使用範囲内”かは、Appleの判断に委ねられているため、まずはApple Storeなどのメーカー保証窓口へ相談にいくと良いでしょう。

電池の容量低下は保証対象となる可能性が

充電を繰り返したことによっておきる、電池の容量低下は標準のメーカー保証で無償交換となる可能性があります。ただしこれも、「iPhone診断テストで不合格になった場合」などAppleが基準を設けている項目での独自判断になりますので確実ではありません。電池関係のトラブルの際も、まずは相談してみてくださいね。

iPhoneの付属品にも保証が適応される

以外に知られていないことですが、購入時についてきた充電器、イヤフォン、ケーブルといった付属品に関しても1年間の保証がついています。保証の適応範囲はiPhone本体と同じく“通常の使用範囲内”ですので、それを理解した上で故障時は交換を申し込んでみると良いでしょう。

ソフトバンクが独自で提供する保証サービス

次に、ソフトバンクが独自に行っているiPhoneに対する保証サービスについて見ていきましょう。ソフトバンクはiPhoneを対象にした保証プランとして「あんしん保証パック(i)プラス」というサービスを実施しています。

修理費の還元サービス

メーカー保証が切れた場合でも、故障・水没などでかかった修理代金を還元してくれます。おおよそ80%以上の修理代金をソフトバンクが負担してくれるので、全額負担に比べると遥かに安い金額で修理できるでしょう。

例えば、最新機種のiPhone7を水没させてしまった場合にユーザーが負担する修理負担金は5800円の見込みです。「あんしん保証パック(i)プラス」に入っていない場合、34600円の全額負担となりますのでこの割引は大きいですよね。

負担金額の例
iPhone6を1年10ヶ月使用している画面破損の修理負担費用
「あんしん保証パック(i)プラス」未加入時 13900円
「あんしん保証パック(i)プラス」加入時  2700円

自宅でのラク楽交換

またiPhoneが壊れた際に、配送での端末交換を会員価格で行うことも可能です。代金支払い後、最短1〜2日で新品のiPhoneが届きますので自宅にいながら簡単に端末を交換することができます。このサービスを使用する際は、故障端末を2週間以内に返送しなくては違約金として40000円の支払いが必要となりますので注意しましょう。

負担金額
iPhone6 の画面破損・水没端末を新品と交換して貰う場合 21600円
iPhone7 の画面破損・水没端末を新品と交換して貰う場合 32400円

電池交換代金の還元

Appleが無料の交換対象としなかった電池(バッテリー)の交換費用は7800円かかりますが「あんしん保証パック(i)プラス」加入の場合、80%以上の割引額で交換することができます。

盗難、紛失時の機種変更代金

使っていたiPhoneを紛失した、盗難にあってしまったという場合に「あんしん保証パック(i)プラス」加入者は会員価格で同一機種、または指定機種に機種変更できます。近年のスマートフォン端末代金は非常に高いですので、割引が適用されるのはお得ですよね。

水没端末からのデータ復旧

また、水没してしまった端末からデータを復旧させるサービスを無償で提供しているのも「あんしん保証パック(i)プラス」のポイント。電話帳のデータを引き出してくれますので、これまでつながっていた方との連絡もスムーズに行うことができますよ。

「あんしん保証パック(i)プラス」加入時に確認するべきこと

上記で紹介した内容のサポートを受けられる「あんしん保証パック(i)プラス」。このプランに加入する前に、いくつか知っておくべきことがあります。加入後に後悔しないためにもポイントをいくつか抑えておきましょう。

月額650〜750円の負担増

「あんしん保証パック(i)プラス」はiPhone7以降は月額750円、それ以前のものが650円となっています。

月額750円の場合、年間で9000円の負担となるのです。いわゆる掛け捨て型の保険ですので故障しなかった場合2年間18000円を払うことになってしまいます。少しでも月額を安くしたい方にとって1000円近く固定費が高くなるのは、痛手ですよね。端末購入時の同時申し込み以外は加入できませんので、よく考えてから契約を行いましょう。

保証代金は月額使用料金からの割引となる

「あんしん保証パック(i)プラス」加入前に絶対に覚えておかなければいけないこと。それは、故障時にソフトバンクが負担してくれる料金が「月々の使用料金からの割引」であるという点です。

iPhoneが故障した際は、一旦全額自分で修理代金を払うことになります。その後、インターネットやソフトバンクショップで「還元申請」の手続きを行った後に月々の利用料金から割引がスタートしていくのです。このカラクリを知らずにプラン加入してしまうと、故障時に支払う負担額の大きさに戸惑ってしまうことでしょう。

つまりこの保証サービスは「ソフトバンクと永続的に契約していくことによって修理代金を割り引いていく」という前提のもとで成立しているのです。キャリア変更や、格安スマホへの交換を視野に入れている方にとっては、あまりお得なサービスとは言えないかもしれませんね。

AppleCare+ for iPhoneという Apple独自の保証サービスもある

実は、AppleがiPhone向けに定めている「AppleCare+ for iPhone」という保証サービスもあります。通常1年の保証期間を2年に延長する上に、事故・過失による修理も保証の対象としてくれます。

画面の破損は3400円で1回、その他の修理は11800円で2回サービスを受けることができます。保証加入は2年間で14800円という料金設定になっています。

まとめ

ソフトバンクが定めているiPhoneにむけた独自保証の内容に関して紹介してきました。故障が心配な方は加入を検討してみても良いかも知れませんね。

ただし、上記で述べたように「修理代金は月々の利用料金からの割引」であるという点はしっかりと理解しておきましょう。

もしも、保証プランに加入していない方は一般の修理業者に依頼することもできます。当サイト「最安修理.com」に多くの業者を掲載していますので、自宅近くのショップや安値で修理をしてくれる店舗を検索する際の参考にしてみて下さい。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加