iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPhoneのドックコネクターが故障したら修理代はどのくらい?

iPhoneは、一般のスマートフォンとは修理時の手続きが大きく異なります。そのため、故障してしまうと直すのに時間がかかります。通常の使用に差し支えがない部分の故障であれば、修理せずにそのまま使っている方も多いでしょう。しかし、Dockコネクターなど充電に関わる部分だとそうもいきませんよね。

今回は、Dockコネクターが故障した際の修理代に関して見ていきたいと思います。


Macbook Pro / wwarby

Appleの公式修理に依頼するパターン

Docomo・au・ソフトバンクといった大手キャリアが取り扱っているiPhoneですが、キャリアは修理依頼に応じてくれません。iPhoneの修理はAppleによるメーカー対応になりますので、窓口に依頼したとしてもメーカーの連絡先を教えてくれるだけです。

保証期間と故障原因によって修理代金が変わる

iPhoneには、Appleのメーカー保証がついてきます。新品で買ったものに関しては1年以内であれば、保証範囲内で修理してもらえますので比較的安値の負担で済むでしょう。ただし、過失や事故の損傷は保証対象外となりますので注意して下さい。

また、Appleが独自で定めている「AppleCare+」という保証パックに加入すれば、通常1年の保証期間が2年に延長されます。購入して30日以内の加入が条件ですので、検討してみると良いでしょう。「AppleCare+」であれば、過失や事故であっても画面の損傷3,400円、その他の故障11,800円を支払うことで修理を請け負ってくれます(最大2回まで)。

参考:AppleStoreのジーニアスバーって何?iPhoneの故障やApple製品のことで困ったらココ!

故障箇所全ての修理

公式での修理になると、故障箇所を全て修理する形になります。たとえばDockコネクターの故障で修理を依頼した際に、その他のボタンに故障箇所がみつかったらそこも含めての修理となるので高額の負担となってしまうのです。

そして、これらの複数故障は端末交換での対応となります。長く使っているiPhoneは多くの部分に何かしらの故障をかかえているものです。公式に修理依頼する際は、全額負担する心持ちで望んだほうが良いかもしれませんね。

修理期間

修理は、5〜7営業日を目安に行なってくれます。Apple公式ショップの「Genius Bar」だと即日で修理をしてくれる可能性もありますが、予約が必要となります。そのため、急な故障に対応ができませんのであらかじめ理解しておきましょう。

一般の修理店に依頼するパターン

また、Appleに修理依頼する他にも一般のスマホ修理店が受け付けているiPhone修理に依頼する方法もあります。値段、修理方法など公式とは大きく異なりますので覚えておきましょう。

部分的な修理

一般修理店に修理依頼を行なうと、故障箇所の修理・パーツ交換での対応となります。Dockコネクターの修理依頼ですと、そこ以外は修理対象となりませんので思わぬ高額になるような事態にはならないでしょう(故障部位によっては複数の修理が必要となることも考えられます)。

修理代金

修理代金は修理店によって異なってきますが、ほとんどのショップで公式代金費用よりも安値で修理を行ってくれます。5,000円〜10,000円の相場で修理を行なってくれるということで、公式の保証期間に修理に出すより安くなっているのです。

修理期間

また、修理に要する期間も公式修理より一般のスマホ修理店の方が圧倒的に早い場合が多いです。該当するパーツがない、特殊な修理が必要というパターンを除いて、ほとんどのお店が即日で修理を請け負ってくれます。手元からiPhoneが離れずに済むというのは、ユーザーにとって非常に大きなポイントですよね。

依頼先を探す

一般のスマホ修理店は全国各地にたくさんありますので、どこに修理依頼すればいいのか分からないという方もいるでしょう。当サイト最安修理ドットコムには全国各地の修理店が集っているので、簡単にお近くの修理店を探すことができます。また、各修理店の口コミも掲載しており、評判の良いお店を知ることもできますので、のぞいてみてください。

修理店に依頼する際の注意点

一般の修理店に依頼する際はいくつか注意しなくてはならない点があります。大切なiPhoneを長く使うためにもポイントをおさえておきましょう。

公式サポートから外れるので注意

Appleが指定した修理店以外での修理を行なうと、それ以降公式のサポートから外れてしまうので注意しましょう。特に保証期間が残っている方や、購入時に「AppleCare+」に加入した方は、修理方法についてよく考えてから依頼した方がいいでしょう。

それぞれの保証期間を確認

スマホ修理店によって修理費用は様々。なるべく安く済ませたいと考えると思いますが、値段だけで依頼先を決めてはいけません。修理後は公式のサポートから除外されてしまいますので、修理後の不具合があった際は依頼した店舗に対応してもらうこととなります。そのため、修理店が定めている保証期間をしっかり確認しておきましょう。

永久保証の店舗があれば、数週間だけの場所もあります。保証期間と値段のバランスを考えてショップを選択するようにしてくださいね。

日頃からデータバックアップをとっておく

修理時には、データが消えてしまう恐れもあります。もしデータが消えてしまっても、保証等は一切ありませんのであらかじめバックアップを取っておきましょう。Dockコネクターが故障したということは、充電ができないということです。電源が完全に切れてしまう前にクラウド上にデータを移しておくことで、もし消えてしまっても修理後はいつもと同じように使うことができるでしょう。

日頃からバックアップをとっておけば、急に電源が落ちても安心ですので癖づけておくことが大切ですよ。

参考:スマホのバックアップは自分で出来る?方法を徹底解説

買取サイトで査定申込

故障したスマホを修理にだすと思っていた以上に費用がかかってしまったり、修理の日数がかかってしまったりします。案外、売却してしまった方がお得にすむかもしれません。「スママDASH」では、 水没や画面割れなどのジャンクスマホも買取対象となっていて、種類によっては高く売れる可能性もあるでしょう。そして、査定申込も面倒な手続きなく0秒で買取金額を提示してくれます。修理に出す前にスママDASHで検索してみましょう。

iPhone修理ならダイワンテレコム横浜関内店へ

iPhoneの修理を依頼するならダイワンテレコム横浜関内店がおすすめです。こちらは神奈川県の関内駅徒歩4分の好立地にあり、店頭・郵送・出張修理の3通りから選ぶことができます。店頭修理であれば即日で修理が完了するので、お急ぎの方も利用しやすいでしょう(店の混雑や故障状態によって前後する可能性あり)。

さらにこちらはデータを初期化することなく保存した状態で修理を行なってくれるので、大切なデータをどうしても残しておきたい方におすすめです。以下のフォームから問い合わせができるので、ぜひ相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

Dockコネクターが故障してしまうと、日常的な使用にも影響が出てしまいます。上記の注意点を理解して、なるべく早いうちに修理依頼するようにしましょう。公式に依頼するか一般修理店に依頼するかは、人それぞれですので自分にあった選択をしてくださいね。

当サイト「最安修理.com」では様々な修理店を掲載しています。修理費用が安いショップ、自宅近くのショップを探す際の参考にすると良いでしょう。

修理申し込みははこちらから

まずはお気軽にお問い合わせ。ダイワンテレコム横浜関内店へ修理依頼。郵送修理も対応しています。

お名前(必須)

電話番号(必須)

メールアドレス(必須)

お使いの機種(必須)

故障の状態(必須)

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加