iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPhoneにも修理不可能な場合があるのか?

iPhoneやスマホの修理は、お金を出せばどんなものでも修理できるわけではありません。場合によっては修理できないこともあります。その理由や対処法について調べました。


iPhone 3G Disassembly / magerleagues

スマホが修理できないケースとは

iPhoneなどのスマホが修理できない場合とは、どのようなケースなのでしょうか。主に2つありますので、それぞれのケースを見ていきましょう。

交換修理以外で修理できないケース

一般的に、修理をするというケースでは、基板そのものの修理を行うことは難しいとされています。基盤の修理まで必要になると、大半が「基盤交換」対応になります。また、メインパーツの欠損でも修理できないことがあります。さらに全損であったり水没の場合は、修理ができないということではありませんが、それよりも交換修理や買い替えのほうが修理代は安く済みます。

仮に基板に故障箇所がある場合、修理しても同じ障害が発生することが多いようです。そこで、たいていの修理専門店では、部品を交換する修理が主流となっています。

改造されたiPhoneのケース

i改造したiPhoneはApple正規店で修理をしてもらえません。スマホを改造することは「脱獄」と呼ばれていますが、脱獄はiPhoneの規約違反となり、たとえ多少の故障であっても修理受付してもらえなくなってしまいます。

一方、脱獄iPhoneでも一般のスマホ修理店では修理してもらえる可能性があります。そのため、このようなiPhoneはApple正規店ではなく、一般修理店でしか対応してもらえないことを覚えておきましょう。

ただ、脱獄に失敗するとプロの専門家でも修復不可能となってしまう状況もありますので、このような場合は一般のスマホ修理店でも修理できないことになります。iPhoneなどのスマホを改造しようとして失敗する人は多くいますので、「iPhoneが使えなくなると困る」という方は改造をやめましょう。

参考:脱獄iPhoneの修理はAppleサポートの対象外!どこで直せる?

Apple正規店と一般修理専門店との対応の違い

この2つの大きな違いは、料金と修理スピードです。iPhoneによって、また修理スピードを重視するかどうかによっておすすめの依頼先は異なってきます。

Appleの保証に加入しているかどうか

Apple正規店なら、1年間の通常製品保証サービス「Apple製品1年限定保証」が利用できます。これは無償修理になり、仮に全損であっても、交換修理を勧められることが多いようなので、購入から1年以内のiPhoneはApple正規店へ修理依頼するといいでしょう。

また、この保証を2年延長できる有料サービス「AppleCare+ for iPhone」もあります。この保証は月々の料金に加え、自然故障以外は一定の修理代が必要ですが、非常に安く修理してもらえます。

そのため、修理専門店なら保証期間外の1年目以降か、AppleCare+の保証が無くなった2年目以降にお世話になることが多いでしょう。こちらも基本パーツ交換修理になりますが、Apple正規店の保証対象外で支払う修理代よりも半額以下の請求額です。保証が切れてしまっているときは、迷わず一般修理専門店へ行きましょう。

参考:【注意点解説】iPhoneの修理を非正規修理屋に頼む場合に保証はどうなるのか

即日修理を望むかどうか

Apple正規店と一般スマホ修理店の大きな違い2つ目は、修理スピードです。Apple正規店は、Apple StoreとApple世紀サービスプロバイダの2種類ありますが、どちらも混雑していることが多いです。特に、Apple Storeは全国に数箇所しかないので、完全予約制となっており「壊れた当日にすぐ修理」ということができません。

一方、一般のスマホ修理店はApple Storeと異なり全国に数多くあります。こちらも基本は予約制ですが、都心だと1つの駅に何店舗もあるという状態なので、予約不要で即日対応してくれるお店も見つかります。当然、混雑具合で修理スピードは変わりますが、Apple正規店で何日も預けることになるiPhoneが、数時間で手元に戻ってきたというケースが多々あります。

そのため、即日でなくてもいい場合はApple、すぐに修理してほしい場合は一般修理店へ依頼するといいでしょう。ただ、一度一般の修理店へ修理依頼すると、その後Apple正規店では修理受付してもらえなくなる可能性がありますので、注意してくださいね。

参考:【検証】Apple Storeで即日修理は可能?

最終的に修理不可能なら買い替えや交換修理にする

スマホやiPhoneは、もはや消耗品として考えられます。そのため、2年ごとや3年周期で買い替えを行うといいでしょう。Apple正規店でも交換修理になることが多く、新品または新品と同等の性能の製品との交換になります。

無理にパーツ交換修理をするよりも全交換するほうが、その後も長期間使えるものと考えてください。そのため、頻繁に破損するような人は、心配ならAppleCare+に加入しておくといいでしょう。

参考:iPhoneやiPadの無償交換サービス・保証期間について

買い換えるなら古いiPhoneを売るのがおすすめ

スマホやiPhoneの買取を申し込む際は、買取価格比較サイトを用いると良いでしょう。予めブックオフやゲオなど買取業者のどこで、いくらで売れるのか調べることができます。キャリアで下取りしてもらうなどよりも、最高買取価格で売ることができるはずです。壊れたジャンク品のiPhoneも売ることができます。部品として修理時に再利用できたり、なんとか修理して再販できる可能性があるためです。

参考:ジャンク品も買取!CASHのようなスマホ端末の即現金化サービス「スママDASH」がリリース

買取サイトを探すならスママDASHを検索

スマホの買い替えや、不要になったスマホを買取にだすなら、即日現金化が可能な「スママDASH」を利用してみましょう。スママDASHでは、水没や画面割れのジャンクスマホも買取可能となっており、シリーズによっては数万円の値段がつく可能性があります。なので、早めの査定申込をおススメします。査定申込も0秒で買取金額を提示してくれるのですぐに知りたい方にはいいでしょう。個人情報も無料でデータ消去してしてくれます。早速、スママDASHで検索してみましょう。

まとめ

iPhoneにも修理不可能な場合があります。主要パーツ交換修理以外の基板修理は推奨していないようです。そのため、新品や新品と同等の製品との交換修理を行ったほうが迅速で故障再発の心配もありません。AppleCare+への加入は、頻繁に全損や水没するような人のみが利用すべきです。通常は一年保証で間に合うでしょう。

一般スマホ修理店を探すときは当サイト最安修理ドットコムをのぞいてみてください。こちらには全国各地のあらゆる修理店が集っており、たくさんあるスマホ修理店も簡単に探すことができます。

また、お住いの近くに良い修理店がなかったり、iPhoneを店頭まで持っていく手間を省きたいときは郵送修理も検討してみてください。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加