iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPhoneのパスコードを忘れた際に初期化は可能なのか

あいさぽ

iPhone 5sからは、ロック解除に指紋認証ができるようになり、Touch IDが搭載されているモデルを使っているとパスコードを忘れてしまう方が多いようです。パスコードを万一忘れてしまった場合、電源をONにする場合・再起動・OSなどのアップデート時にパスコードが入力できず、途方に暮れてしまうことになります。

今回は、iPhoneのパスコードを忘れてしまった場合、端末の初期化などによる解決はできるのかどうかをご紹介します。

パスコードを忘れたままでいることの弊害

現在、パスコードを忘れているが、指紋認証で問題なく使えているため問題ないと考える方も多いと思います。しかし、その習慣のままでいると、ある日突然電源が切れたときや業者に預けて電源が切られてしまったときに、iPhoneが使えなくなってしまうかもしれません。

iPhoneのパスコードを忘れていると、具体的にはどのような弊害があるのでしょうか。

ミスに対する対応がどんどん厳しくなる

パスコードを間違えて入力すると、セーフティー機能が発動する端末は少なくありません。iPhoneも同様で、パスコードを複数回間違えていると、入力可能になるまでの時間が長くなっていきます。

6回失敗すると1分間・7回目で5分間・8回目で15分間・9回以上失敗してしまうと1時間にわたって再入力ができなくなるのです。なぜ時間を延長しているのかは定かではありませんが、入力できない間によく調べておけということでしょうか。

ちなみに、iPhoneの防犯設定によっては、11回失敗した段階でiPhoneが使用できなくなります。こうなると完全にお手上げ状態になり、出荷状態の端末に逆戻りしてしまうのです。

誰に頼んでも、どうすることもできない

もし、11回パスコードの入力に失敗してしまったら、ウンともスンとも言わなくなってしまった端末はどうすればよいのでしょうか。結論から言えば、この時点で誰に何を頼んでも、どうすることもできません。

基本的にApple側は、パスコードは自分で覚えておくものだというスタンスで話を進めます。有名な話の一つに、FBIにパスコード解除要請を受けてもAppleが対応しなかったとして問題になったケースがあります。さらには、ハッカーが問題解決に一役買ったとの情報さえあることから、パスコード解除に対するスタンスは徹底しています。

ただ、これは一概にApple側が悪いわけではなく、一度解除技術をFBIに握られたら、今後悪用されるのではないかというおそれから、経営陣が公表を渋っているという背景もあるようです。そんなわけで、販売店・キャリア・Appleサポートのいずれにアプローチしても、パスコードの取得はできないものと心得ておきましょう。

自力でパスコードを思い出すための方法はあるのか

かなりアナログな話になりますが、忘れてしまったパスコードを思い出す、もしくは今後忘れないために取り組める方法には、どのようなものがあるのでしょうか。運良く思い出せた方は、今後のことも考えて、以下のような方法を検討してみてください。

頻繁にパスコード設定を変更する

パスコードを忘れるということは、言い換えれば「パスコードに触れる機会が少ない」ことが原因と言えます。そのため、こまめにパスコードを変更していれば、そもそもパスコードが分からなくなる状態に巻き込まれることはないはずです。

よって、こまめに複数のパスコードを使って変更するクセを付けておけば、パスコード入力に手間取ることもありません。こまめに記憶を呼び起こすことで、パスコード入力の習慣をつけてしまいましょう。

パスコード用の公式を作る

iPhoneのパスコードは、基本的に4ケタおよび6ケタの数字で構成されます。そのため、一定の公式をあらかじめ覚えておくことで、パスコードを思い出すきっかけにするという方法があります。

例えば、自分と恋人の誕生を掛け合わせた数をパスワードにするとします。

  • 自分:11月20日(1120)
  • 恋人:8月25日(825)
  • 1120×825=924000

すると、6ケタのパスコードができますから、これを任意に並べ替えて設定しておけばまずバレることはありません。親しい人の誕生日がキーになっていて、直接パスコードに関わりがなければ、割り出すのは難しいはずです。

あえて「複雑なパスコード」を設定してみる

iPhoneでパスコードを入力する画面において、パスワードオプションという項目を選択すると「カスタムの英数字コード」という設定ができます。英数字をからめたパスコードを入力できるようになるため、6ケタの数字を単純に入れるよりも、かえって取っ掛かりになる情報を増やせるメリットがあります。

例えば、自分の目標がダイエットで、目標が-5kgの減量だとしたら、単純に【diet5kg】といったパスコードを考えることが可能です。自分に関連する情報のため、特に記憶に残りやすいという長所があります。

パスコードを忘れた段階で初期化は可能

冒頭のテーマに戻りますが、もしiPhoneのパスコードを忘れてしまった場合、パスコード入力を11回以上失敗する以外に初期化の方法はないのでしょうか。結論から言えば、パスコードに思い当たる節がない時点でも、iPhoneを初期化することは可能です。

以下に、具体的な方法をご紹介します。

「iPhoneを探す」機能を使って初期化する方法

iPhoneを初期化する場合は、iPhoneに搭載されている「iPhoneを探す」の機能を使うかどうがが重要になってきます。この機能は、ユーザーがiPhoneを紛失してしまったとき、位置情報を確認したり悪用されないために遠隔ロックをかけたりするのに用いられます。

本来の使い方とは異なりますが、遠隔による初期化機能も利用できるため、パスコードを忘れたiPhoneの初期化を行えます。この場合、Apple社が提供しているクラウドサービスである「iCloud」を使って初期化することになります。

なお、使用するにあたっては、以下の条件を満たしている必要がありますから、注意が必要です。

  • ・パスコードを忘れたiPhoneが、インターネット(3G/4G/Wi-Fi)に接続されている
  • ・iPhoneのiCloud設定において「iPhoneを探す」の設定がONになっている

手順は以下の通りです。

  1. 1.PC・タブレットなど、インターネットに接続できるデバイスでiCloudを開く
  2. 2.iPhoneで使用していたApple IDを使ってサインインする
  3. 3.トップ画面のアイコンから「iPhoneを探す」を選択
  4. 4.画面上のカテゴリから「すべてデバイス」を開いたら、リストの中から該当するiPhoneを選択する
  5. 5.次画面で右上に表示されたウインドウの「iPhoneの消去」を選択する
  6. 6.消去確認のメッセージが出るので「消去」を選択する
  7. 7.再度Apple IDとパスワード入力画面が出るので、入力して次に進む
  8. ※このとき、連絡先を入力するよう指示が出るが無視して「次へ」を選択
  9. 8.メッセージ入力オプションが出るので、これも無視して「次へ」を選択する
  10. 9.「消去が開始されました」というメッセージが出るので、確認して「OK」を押す
  11. 10.iPhoneの画面に初期セットアップ画面が表示されていたら、画面の指示に従って操作を進める
  12. 11.アクティベーションロックの解除画面に進んだら、Apple IDとパスワードを入力
  13. 12.「Appとデータ」画面で、iCloudバックアップもしくはiTunesバックアップのいずれかから復元する方法を選べるので、復元方法を選択する
  14. ※バックアップがない場合「新しいiPhoneとして設定」を選ぶ

以上の要領で引き続き設定を行えば、再度端末が利用できるようになります。

iTunesを使って初期化する方法

iPhoneのバックアップにiTunesを利用している方は、iTunesを使っての復旧作業が可能です。「iPhoneを探す」の機能を使用していない方であれば、復旧方法はこちらの方法を使うことになるでしょう。

以下に手順をご紹介します。

  1. 1.iPhoneとPCをライトニングケーブルで接続する
  2. 2.iTunesを起動し「今すぐバックアップ」の項目を選択し、バックアップを作成する
  3. ※「iPhoneのバックアップを暗号化」という項目にチェックを入れておくと、バックアップデータの復元時に専用パスワードが増えてしまい時間はかかるが、以下の事項の引き継ぎが可能になるメリットがあるのでおすすめです
    • ・一部アプリ内のIDやパスワード
    • ・LINEのトーク履歴等
    • ・Wi-Fiのパスワードなどの設定情報
  4. 3.バックアップ完了後、「iPhoneを復元」をクリック
  5. 4.バックアップの作成確認画面に移るが、手順②ですでにバックアップは作成しているため「バックアップしない」を選択する
  6. 5.iPhoneを工場出荷時の設定に戻してもよいか確認されるので「復元」を選択
  7. 6.iPhoneソフトウェア・アップデートの画面が表示されたら、「次へ」をクリック
  8. 7.iOSダウンロードと初期化が始まり、完了するとiTunesに「新しいiPhoneへようこそ」という画面が表示されるので、「このバックアップから復元」を選び、先に作成したバックアップの内容を選び「続ける」をクリックする
  9. 8.復元完了後、セットアップ画面が表示されたら、新しくパスコードを設定して終了
以上の要領で進めれば、再度端末が利用できるようになります。

リカバリーモードを用いる方法

iPhoneを探す・もしくはiTunesを利用していない状況であれば、リカバリーモードを使った復旧方法が利用できます。以下に詳細をご紹介します。
  1. 1.iTunesが最新バージョンであることを確認する
  2. ※Macの場合はメニューバーにおける「iTunes→アップデートを確認」を選択し、Windowsの場合はメニューバーにおける「ヘルプ→更新プログラムを確認」を選択
  3. ※もし「新しいバージョンのiTunesを利用できます」と表示されたら、画面で「iTunesをダウンロード」を選択
  4. 2.起動中のiTunesを終了後、iPhoneとパソコンをライトニングケーブルで接続する
  5. 3.iPhone接続後、iTunesを起動する
  6. 4.iPhone本体を以下の要領で操作する
    • ・iPhone8以降のモデル
    • 【音量を上げるボタン】を押して離す
    • 【音量を下げるボタン】を押して離す
    • 【サイドボタン】をAppleマークが表示されるまで押し続ける

    • ・iPhone7/7Plus
    • 【音量を下げるボタン】と【スリープボタン】を同時に押し続ける
    • ※Appleマークが表示されるまで

    • ・iPhone6/6Plus以前のモデル
    • 【スリープボタン】と【ホームボタン】を同時に押し続ける
    • ※Appleマークが表示されるまで

  7. 5.iPhoneに問題がある旨を記載した文章が表示されるので、「復元」を選択
  8. 6.その後に出る画面で「復元とアップデート」を選択
  9. 7.初期化完了後のiTunesの画面で、バックアップファイルから復元するか、新しいiPhoneとして設定を選んで「続ける」をクリック

上記対応後、画面に従って操作すれば完了です。

おわりに

パスコードを忘れてしまうと、その後の対応が非常に面倒になってしまうため、忘れたときに備えてメモしておくなどの対処法が必要です。確実に覚えられる自信がないのであれば、日記帳に書き写しておくなど、人の目に極力触れないところにパスコードを書き留めておいた方が賢明と言えるでしょう。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あいさぽ