iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPhone・iPad・MacでAppleCare+に加入しているか確認する方法

iPhone・iPad・Macといった、Apple製品の保証期間・電話サポート期間を延長できるサービス「AppleCare+」ですが、契約してから間が空いていると、自分がAppleCare+に加入しているかどうか忘れてしまったというユーザーも少なくないようです。

端末が故障した場合、代理店に修理を依頼するよりもAppleCare+を使った方が安く修理できる場合があるので、できれば自分が加入しているかどうか、確認できた方がおトクになります。今回は、簡単に自分がAppleCare+に加入しているかどうかをチェックする方法を、いくつかご紹介していきます。

そもそもAppleCare+とは?

加入方法を確認する前に、そもそもAppleCare+とは何かについて、以下にご紹介します。

AppleCare+は、Apple社のハードウェア製品のサポートプラン

AppleCare+は、製造されたハードウェアの保証期間を延長してくれることと、製造元であるApple社のスタッフがワンストップでテクニカルサポートを行ってくれることがメリットとなるサポートプランです。餅は餅屋ということわざがありますが、作り手が一番端末の中身について知っているわけですから、作り手から丁寧なサポートが安価で受けられるのが魅力です。

代理店を介しても修理はできるでしょうが、手間とお金がかかり、なおかつ修理内容に対する保証もない場合が多いですから、メーカーにに気軽に頼めるメリットは大きいと言えるでしょう。

AppleCare+に加入していなくても、製品限定保証と無償電話サポートは付帯している

ちなみに、AppleCare+はあくまでもオプションであって、加入していなかったとしても、製品限定保証・無償電話サポートは一定期間受けられます。基本的な期間としては、製品限定保証が1年間、無償電話サポートが90日間となっています。

期間だけを見ると、製品限定保証はともかく無償電話サポートは90日間という短い期間ですから、恩恵を受けられるケースは限定的と言えるかもしれません。ちょっとした不具合などの相談には使えるでしょうが、逆に考えれば、90日以内に不具合が生じた時点で端末の今後が心配になります。

長い目で見れば加入した方がおトク

長期的な目線で考えてみると、端末の寿命を左右するバッテリーの寿命が見えてくるのは購入後1年半~2年後あたりになります。 乗り換えを定期的に行っているユーザーならそれでも問題ないかもしれませんが、Apple製品ユーザーの多くは自分が所有する端末に対して愛着を持っているケースが多く、5年以上同じモデルを所有しているユーザーも珍しくありません。

モノを大切にするユーザーであれば、できる限りサポート期間を延ばしたいと考えても不思議はありませんし、AppleCare+はそんなユーザー向けのサービスでもあります。

AppleCare+に加入することで、どのような保証・サービスが受けられるのかについては、以下のサイトから確認できます。

https://www.apple.com/jp/support/products/

iPhoneを例にとると、製品限定保証1年間、無償電話サポート90日間がそれぞれ2年間にまで延長されます。また、2回までという回数制限がありますが、過失・事故による損傷に対する修理・サービスも安価に行えるため、メーカーのサポートに安心感を感じる方であればオススメできるプランです。

自分で購入した端末がAppleCare+に加入しているかどうかを確認する際の注意点

AppleCare+がどのようなプランであるかが分かったところで、実際に自分で購入した端末がAppleCareに加入しているかどうか、その確認方法についてご紹介していきます。

iPhoneの場合

iPhoneの場合は、端末から検索するか、PCから検索するかによって方法が変わります。以下に、それぞれの確認方法をご紹介します。

  1. 【iPhoneの端末で検索する】
  2. ①「設定」のアイコンをタップ
  3. ②「一般」をタップ
  4. ③「情報」をタップ
  5. ④「シリアル番号」をコピーする
  6. ⑤apple.comにアクセス
  7. ⑥appleサポートの項目をタップ
  8. ⑦画面一番下の「修理サービスとサポート」から、「保証状況とサービス期間の確認」を選択
  9. ⑧次の「ハードウェアのシリアル番号」入力画面に、コピーしたシリアル番号を貼り付ける
  10. ⑨入力後の画面に移ると、電話サポート・修理サービス保証が有効になっているか、有効期限はいつまでかが表示されている

  1. 【PCのブラウザから確認する】
  2. ①iPhoneの裏面にあるIMEI番号を確認する
  3. ②Apple公式サイトを開く
  4. ③上部メニュー欄から「サポート」の項目をクリック
  5. ④サポートページ下部にある「保証状況とサービス期間の確認」をクリック
  6. ⑤IMEI番号を入力する
  7. ⑥入力後の画面に移ると、電話サポート・修理サービス保証が有効になっているか、有効期限はいつまでかが表示されている

iPadの場合

iPadの場合は、タブレットということもあり、基本的にはiPhoneと同様の手順で確認できます。念のため、端末での確認・PCでの確認について、それぞれ手順をお伝えします。

  1. 【端末から検索する】
  2. ①「設定」のアイコンをタップ
  3. ②「一般」をタップ
  4. ③「情報」をタップ
  5. ④「シリアル番号」をコピーする
  6. ⑤apple.comにアクセス
  7. ⑥appleサポートの項目をタップ
  8. ⑦画面一番下の「修理サービスとサポート」から、「保証状況とサービス期間の確認」を選択
  9. ⑧次の「ハードウェアのシリアル番号」入力画面に、コピーしたシリアル番号を貼り付ける
  10. ⑨入力後の画面に移ると、電話サポート・修理サービス保証が有効になっているか、有効期限はいつまでかが表示されている

  1. 【PCから検索する】
  2. ①iPadの裏面にあるIMEI番号を確認する
  3. ②Apple公式サイトを開く
  4. ③上部メニュー欄から「サポート」の項目をクリック
  5. ④サポートページ下部にある「保証状況とサービス期間の確認」をクリック
  6. ⑤IMEI番号を入力する
  7. ⑥入力後の画面に移ると、電話サポート・修理サービス保証が有効になっているか、有効期限はいつまでかが表示されている

Macの場合

Macの場合はPCですから、Web上で確認する流れになります。以下の流れで確認しましょう。

  1. ①MacのAppleメニューから「このMacについて」の画面を開く
  2. ②「概要」画面の下部に「シリアル番号」が載っているので、コピーもしくはメモ帳などに控えておく
  3. ③Apple公式サイトを開く
  4. ④上部メニュー欄から「サポート」の項目をクリック
  5. ⑤サポートページ下部にある「保証状況とサービス期間の確認」をクリック
  6. ⑥シリアル番号を入力する
  7. ⑦入力後の画面に移ると、電話サポート・修理サービス保証が有効になっているか、有効期限はいつまでかが表示されている

中古で購入した端末がAppleCare+に加入しているかどうかを確認する方法

ここまで、自分で購入した端末における、AppleCare+加入状況の確認方法をご紹介してきました。しかし、ここで気になるのが「中古で購入した端末」はどうなのかという問題です。全てのモデルに必ずしも当てはまるわけではありませんが、以下に詳細をご紹介していきます。

基本的に保証はそのまま有効である

AppleCare+は、個人情報であるAppleIDと結びついており、Apple製品を購入したとき最初に入力する個人情報とリンクしています。

具体的には、氏名・住所・電話番号などが該当します。よって、最初に購入したユーザーが特段手続きを行っていなければ、保証については問題なく受けられます。

個人情報が変更になっていない場合が多い

Apple内においては、端末のIMEI番号とAppleIDとが結びついているため、中古でiPhoneなどを購入した場合は以前の所有者名義で登録されている場合が多いようです。

中古端末は、個人情報がリセットされているケースは少なく、基本的には前の所有者の情報がそのまま引き継がれている状態になります。その環境で新しいユーザーに不利な状況となることはありませんから、そのまま使っても問題はありません。

しかし、この状態で使用することに違和感を感じるユーザーも少なくないはずです。どうしても気になる場合は、サポートセンターに電話すると所有者情報だけを変更することが可能です。その際、端末のIMEI番号とAppleIDを知らせる必要がありますから、事前に控えておきましょう。

譲渡手続きもできるが面倒

本来の手続きとしては、中古として新しいユーザーに譲渡する場合、AppleCareプランの譲渡が必要です。ただ、中古で端末を売却する場合は必ずしもしなくてよい手続きなので、ほとんどのユーザーが行っていないのが現状のようです。

ちなみに、Apple側ではこのような案内ページを設けています。

「デバイスを修理せずに交換する場合は、新しいデバイスにプランが自動的に振り替えられます。」との文言があることから、単純な買い替えの場合はそのままAppleCare+は新しい端末に引き継がれるようです。

賢いユーザーであれば、乗り換えた時点でAppleCare+の引継ぎを行っていたり、返金申請などを行っている可能性がありますから、加入状況の確認自体は中古端末を購入した段階で行っておいたほうがよいでしょう。

おわりに

AppleCare+に加入しているかどうかの確認は、比較的簡単にできます。自分がプランの存在や加入状況について忘れていた場合だけでなく、中古端末を購入した段階においても、まずは一度確認してみてくださいね。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加