AppleCare+加入状況の確認方法!あとから加入する方法やおすすめ保険も紹介

AppleCare+加入状況の確認方法!あとから加入する方法やおすすめ保険も紹介

※当記事はアフィリエイト広告を含みます。

デザイン性の高さで人気のApple製品は、「iPhone」「iPad」「Apple Watch」「Mac」などさまざまなデバイスが揃っています。

Appleには専用の保証サービスである「AppleCare+(アップルケアプラス)」がありますが、いざデバイスが故障してしまった時に、AppleCare+の加入状況を忘れてしまうことも少なくありません。

そこで今回は、AppleCare+の加入状況の確認方法や、あとからでも加入できるかなど解説します。

AppleCare+加入状況の確認方法

AppleCare+の加入状況は、Appleサイト内の「お使いのデバイスの保証状況の確認」の入力欄にデバイスのシリアル番号を入力することで確認できます。

お使いのデバイスの保証状況の確認

出典:Apple – お使いのデバイスの保証状況の確認

しかし、デバイスのシリアル番号がわからない方が多いと思うので、「iPhone」「iPad」「Apple Watch」「Mac」のデバイス別に、シリアル番号の確認方法を紹介します。

iPhone/iPad/Apple Watchの確認方法

ホーム画面から「設定」→「一般」→「情報」内の「シリアル番号」

「Mac」の確認方法
  • 画面左上隅にある「Appleメニュー」→「このMacについて」内の「シリアル番号」
  • Mac筐体の背面、または底面に印字されている「Serial No」か「Serial」で始まる英数字の羅列

そもそもAppleCare+の保証内容は?という方は、下記の記事で詳しくまとめているので、こちらも参考にしてください。

中古で購入したデバイスのAppleCare+はどうなる?

AppleCare+の保証は所有者ではなく端末に紐付いているので、所有者が変わってもAppleCare+の保証は有効です。

中古でAppleCare+に加入済みの端末を入手しても、名義変更などの手続きの必要性はありません。

AppleCare+はあとからでも加入できる

AppleCare+は、デバイスの購入日から30日以内であれば、あとからでもAppleCare+に加入することができます。

加入する方法は下記の4つです。

  • Apple公式サイトから手続きする
  • iPhone/iPad/Macから手続きする
  • Appleサポートに電話する
  • Apple Storeまたはビックカメラの店舗で手続きする

加入できる条件を満たしていれば、いずれの方法でも簡単にAppleCare+に加入することが可能です。

以下では、Apple公式サイトから手続きする方法を紹介します。

事前に用意するもの
  • 加入するデバイスのシリアル番号
  • Apple ID(なくても可)
  • メールアドレス
  • クレジットカード
Apple公式サイトから手続きする方法
  1. お使いのデバイスの保証状況の確認」ページを開く
  2. シリアル番号を入力し、AppleCare+に加入可能か確認する
    加入可能な場合は、「AppleCare+製品のサポート対象」と表示される
  3. 「内容を確認して購入」をタップする
  4. 二つのプランから希望するプランを選択する
  5. Apple IDでサインインする(ない場合は作成する)
  6. デバイスに異常がないかオンラインでテストをする
  7. 規約へ同意し、加入者の情報を入力する
  8. クレジットカード情報を入力し手続き終了

AppleCare+の途中加入・再加入については、下記の記事で詳しくまとめているので、こちらも参考にしてください。

AppleCare+の費用が高ければ「モバイル保険」もおすすめ

モバイル保険

出典:モバイル保険

Appleのデバイスが故障するたびに高額な修理費用を払いたくないという方は、「モバイル保険」がおすすめです。

モバイル保険とは、月額700円で年間最大10万円の保証を受けられる、シェアNo.1のスマホ保険です。

スマホやタブレットなどの主端末以外にも、Wi-FiやBluetoothにつながる機器全般を副端末として+2台まで登録ができます。

画面割れや水濡れ、盗難といったトラブル全般に幅広く対応しているので安心してデバイスを使用できるでしょう。

【簡単6ステップ】「モバイル保険」保険金請求の流れ

保険金の請求は、WEBで簡単に申請ができます。

請求も支払いも簡単・スピーディーなので、いざという時に安心です。

  1. 損害状況が分かる、端末全体の写真を撮影
  2. 近くの修理業者で修理を行う
  3. 領収書と修理内容が明記された「リペアレポート」を取得
  4. 公式サイトのマイページより、事故発生時の状況や原因を入力
  5. 「リペアレポート」「端末全体の写真」「領収書またはレシート」をアップロード
  6. 申請完了、最短5営業日で保険金が支払われる
\修理費用全額補償!/

モバイル保険をCHECK

保証がない場合は修理業者への依頼がおすすめ

AppleCare+の保証がない状態でApple Store、またはApple正規サービスプロバイダへ修理依頼をすると、費用が高額になります。

各デバイスのよくある修理内容と費用は、以下の通りです。

デバイス故障内容正規修理費用
iPhone 15画面のひび割れ(前面のみ)42,800円
iPad Pro12.9インチ(第6世代)
Wi-Fiモデル
その他の損傷128,800円
Apple Watch Series 9 GPS
アルミニウム
その他の損傷45,800円
MacBook Pro M3その他の損傷37,100円

「修理依頼先はApple正規以外は依頼したくない」という方以外は、非正規の修理業者への依頼が費用も安くおすすめです。

ただし、非正規といっても「総務省登録修理業者」という総務省より認められた業者もあり、安心できないというわけではありません。

Apple純正パーツを使用しないため安く修理ができたり、データを守りながら修理ができたりとよい点も多いです。

注意点としては、一度非正規店で修理を受けると、正規の保証を受けられなくなる可能性がある点が挙げられます。

ご自身の状況に合わせて、依頼を検討しましょう。

各デバイスごとにおすすめの修理業者をまとめた記事があるので、ぜひこちらも参考にしてください。

修理業者のサービスの特徴

ここでは非正規の修理業者のメリットデメリットを紹介するので、修理依頼先を決める参考にしてください。

メリット

  • データを消さずに修理が可能
  • 比較的料金が安い
  • 当日短時間で修理可能

デメリット

  • 業者によって技術力の差がある
  • 修理後に正規保証が受けられない可能性がある
  • 中には悪質な業者もいる

特筆すべきメリットはデータを消さずに修理が可能な点です。

正規修理店に修理を依頼すると、多くの場合新品交換となるためデータは失われてしまいます。

またデメリットで言えば、業者によって技術力の差がある点は注意が必要です。

中には悪質な業者も存在するため、業者選びはとても重要です。ぜひ上記の各デバイスのおすすめ修理業者まとめ記事一覧を参考にしてください。

AppleCare+の期限が切れたら「モバイル保険」もおすすめ

AppleCare+の加入状況は、デバイスのシリアルナンバーを調べて、Appleサイト内の「お使いのデバイスの保証状況の確認」から確認できます。

デバイスの購入日から30日以内であれば、あとからでもAppleCare+に加入することができますが、費用が高いと感じる方は「モバイル保険」の加入もおすすめです。

ぜひこの記事を参考に、お使いのデバイスの今後の保証について検討してみてくださいね。

\修理費用全額補償!/

モバイル保険をCHECK

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,600本、クチコミ数23万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

カシモWiMAX

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加