iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPhoneのマナースイッチが故障したら修理代はどのくらい?

iPhoneは、修理時の対応が少々特殊なスマートフォンです。いざというときに対応方法を知らないと何かと困ってしまいますので、対応方法を覚えておくと良いでしょう。

iPhoneの側面についているマナースイッチが故障してしまった時も同様です。マナースイッチが故障してしまうと、マナーモードにできなかったり、マナーモードを解除できなかったりと、オン・オフを使い分けたい方にとって非常に不便です。

今回は、そんなマナースイッチが故障した際の修理代、修理方法について紹介します。


Controlling iPhone's 7 volume with Apple AirPods / pestoverde

Apple公式の修理

日本でのiPhoneはSIMフリーモデルもありますが、基本的に三大キャリア(ソフトバンク・docomo・au)が販売を行っている商品です。一般的なスマートフォンであれば故障した際に、キャリアショップの窓口に行って修理を依頼することとなりますが、iPhoneの場合はメーカーに直接依頼することとなります。キャリアに依頼しても対応してくれませんので注意しましょう。

故障原因、保証期間かどうか

公式での修理は、保証期間かどうかによって値段が大きく変わってきます。新品で購入したiPhoneですと、1年間の保証(Apple製品限定保証)がついてきますので、1年以内の故障であれば比較的安値での修理になるでしょう。しかしながら、過失や事故による損傷に関しては保証修理の対象外となります。

一方でApple独自の保証パック「AppleCare+」に加入すれば、保証期間が通常の1年から2年に延長されます。過失・事故の場合でも、最大2回まで11,800円の修理代金で端末交換できますので不安な方は加入すると良いでしょう。購入から30日以内の加入が条件となりますので、未加入のまま30日を経過してしまったiPhoneは加入を諦めざるをえません。

参考:iPhoneのAppleサポート・保証期間の確認方法

故障している部分全ての修理・交換

公式での修理で注意しなくてはならないのが、「全ての部位が修理対象」となることです。たとえば、マナースイッチの故障で修理依頼をしたとしても、検査の結果他の部位に故障、不具合が見つかればそこも含めての修理となります。複数箇所の故障はほとんどの場合が端末交換となりますので、代金は保証なしで30,000円ほどかかるでしょう。

iPhoneを長く使っていれば、知らず知らずのうちに端末のあらゆる部分が損傷しているものです。公式修理に依頼する場合は、端末交換代金がかかるものだと心して依頼したほうが良いでしょう。

修理期間

修理期間はおおよそ5〜7営業日かかるのが一般的。Apple公式ストア内に入っている「Genius Bar」に持ち込んでの修理であれば、即日で修理してくれる可能性もありますが予約が必要です。急な故障の対応はできないと考えられますので、数日間は故障したまま、もしくはiPhoneがないままという状況を想定しなくてはなりません。

Apple正規店は予約必須

Appleでの修理は、Apple Storeへ持ち込みまたは郵送で依頼可能です。Apple Storeへ持ち込む場合はGenius Barで修理してもらうことになりますが、こちらは完全予約制ですので、必ず事前に予約しましょう。

またApple Store以外に、ビックカメラやカメラのキタムラなどの一部の店舗はApple正規サービスプロバイダに登録されていますが、こちらも事前に予約をした方が確実に修理依頼できるので安心です。

参考:AppleStoreのジーニアスバーって何?iPhoneの故障やApple製品のことで困ったらココ!

一般のスマホ修理店の場合

公式の修理以外に、一般のスマホ修理店に修理依頼する方法もあります。対応方法や費用が大きく変わってきますので、特徴を見ていきましょう。

修理方法

一般修理店は、依頼をされた部分のみを修理する形になります。マナースイッチの修理であれば、たとえホームボタンが壊れていたとしても同時修理して金額がかさむということはありません。(部位によっては複数箇所修理の必要あり)

自分が直したいところだけをピンポイントで直せますので、公式よりは気軽に依頼することができますよね。

修理代金

修理代金は、公式で依頼するよりも大幅に安いことが予想されます。相場として6,000円〜10,000円と公式の保証期間よりも安値で直してくれますので、ユーザーとしては嬉しいところです。 お店によって値段は異なりますので、店舗を比較して見ると良いでしょう。

修理期間

修理にかかる時間も、公式と比較して非常に早いです。店舗にパーツがない、特殊な修理が必要、といった稀なケース以外は即日で対応してくれることがほとんどになります。iPhoneが数日手元から離れるようなこともないので、安心できますよね。

修理店に依頼する場合の注意点

公式ではなく、一般の修理店に依頼する場合はいくつか注意しなくてはならないポイントがあります。1つの端末を長く使うためにも、注意点を抑えておきましょう。

公式のサポートから外れてしまう

Appleが指定した業者以外で修理を行ってしまうと、それ以降公式のサポートから外れてしまいます。保証期間内であったり、「AppleCare+」に加入している方は特に注意が必要です。よく考えて自分の納得いく修理方法を選びましょう。

保証期間を確認

上記のように、公式サポートから外れてしまうということで“修理業者独自の保証期間”ができるだけ長いショップを選ぶといいでしょう。修理後の不具合が起きた際などに、どれくらい保証してくれるかは店舗によって様々です。

ユーザーとしては「なるべく安く修理したい」と思うところですが、安くても保証がないところに依頼してしまうと後のトラブルの原因となります。値段と保証のバランスをよく考えてショップをセレクトして下さい。

スマホ修理店を探す

当サイト最安修理ドットコムには全国にたくさんある修理店を簡単に探すことができます。地域ごとに検索できるので、お近くの修理店にはどんなお店があるのか調べてみてください。また、各修理店の口コミも掲載しているので、評判を参考にするのもいいでしょう。スマホ修理店に依頼するなら、記載してある保証期間もよく確認してくださいね。

バックアップをとっておく

マナースイッチの修理であれば考えにくいことですが、修理の際にはデータが消えてしまうことも考えられます。データ損失に関する保証はありませんので、事前にバックアップを取っておきましょう。 日頃からバックアップを取っておけば、急な故障の際も困りませんので癖づけておくと良いでしょう。

参考:スマホのバックアップは自分で出来る?方法を徹底解説

故障したら修理だけではない?

使っている携帯が水没や画面割れになってしまった場合、修理だけかと思うかもしれませんが、案外、買取してもらった方がいいかもしれません。買取サイトの「スママDASH」では、ジャンクスマホも対象となっていて、携帯によっては数万円で即日買取が可能となっています。故障してしまったスマホや、不要になったスマホはスママDASHで即日現金化してもらいましょう。

まとめ

マナースイッチは、壊れていると通常の使用に支障をきたす可能性があります。上記の注意点を理解して、自分にあった方法でなるべく早く修理するといいでしょう。

当サイト「最安修理.com」には様々な修理業者を掲載しています。自宅近くのショップを見つける際や、安値での修理を希望する時など有効活用してみてはいかがでしょうか。

今すぐ修理したいならここがおすすめ

すぐにでもマナースイッチを直したい…なんてときはスマホスピタル札幌に依頼してみてはいかがでしょう。スマホスピタル札幌では全国から宅配修理を受け付けており、対応がとてもスピーディなのです。

上記でも紹介した通り、Apple Storeで修理をしてもらうとなると、ジーニアスバーの予約に数日待たなくてはなりません。さらにApple Storeは全国に数カ所しかないため、予約時間に持ち込んでも数時間ほど待たされることもあります。

修理価格サイトのご紹介

全国の修理店をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

北海道・東北

北海道 宮城県 青森県 岩手県 福島県 山形県 秋田県

関東

東京都 神奈川県 埼玉県 栃木県 群馬県 千葉県 茨城県

中部

新潟県 長野県 山梨県 富山県 岐阜県 石川県 福井県 静岡県 愛知県

関西

大阪府 京都府 奈良県 兵庫県 三重県 滋賀県 和歌山県

中国・四国

鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 香川県 徳島県 愛媛県 高知県

九州・沖縄

福岡県 佐賀県 長崎県 大分県 熊本県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加