iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPhone修理ビジネスのおすすめ無料・有料集客方法まとめ

iPhone修理ビジネスのおすすめ無料・有料集客方法まとめ

首都圏だけでなく地方都市でも多くの業者が競合するiPhone修理ビジネスを始めるにあたり、自社に適した集客方法の実践や選定は、修理技術の習得と並んで非常に重要なポイントです。オープン前のより良い準備によってその地域における認知度を高められると、なかなかお客様が来ない焦りやプレッシャーによる悪循環も生じにくくなります。

またオープン後にお客様から持ち込まれた端末の修理に追われる可能性を考えると、準備段階で集客方法の方向性をある程度絞っておくのが理想と言えそうです。

今回は、これからiPhone修理ビジネスを始めようと検討中の事業者さまと一緒に、多くの店舗が実践しているおすすめの無料・有料集客方法の特徴やメリット、デメリットなどを確認していきます。

看板やのぼりを出す

急な故障によって問い合わせや来店の生じるiPhone修理ビジネスの場合、商圏範囲は基本的に自動車や電車で30〜40分程度と考えられています。そのため、iPhone修理業者のある市区町村で生活や仕事をするお客様の認知度を高めるには、看板やのぼり旗を出して「うちの店はここにありますよ」とアピールすることも非常に大事だとされています。

地域の人の目に留まる重要性

目立つデザインののぼり旗や看板を出しておくと、普段からその前を通る人たちがiPhone故障に悩んでいる会社の同僚や友人知人に、「あそこにスマホ修理店がオープンしたんだよ」と教えてくれることもあります。

また「修理」や「故障」といった言葉はスマホを持たない年配の方々でも理解可能なキーワードとなりますので、幅広い方々の目に触れる専門店であるためには、やはりオープン当初から看板やのぼり旗を出す必要はあると捉えた方が良いでしょう。

紙チラシや折込チラシの活用

ポスティングによる紙チラシの配布や、新聞に入れる折込チラシにも、その地域で暮らす幅広い方々の目に留まるというメリットがあります。特にiPhone修理店の存在がほとんどの人に知られていないオープン当初は、紙チラシを使ってアピールをおこなった方が早く、効率よく地域での認知度を高められます。

紙チラシや折込チラシは目に留まりにくい時代

パソコンやスマホでネットニュースを見る人の増えた今の時代は、折込チラシは年配の方々の目にしか触れない存在になりつつあります。またiPhone修理の問い合わせは端末が壊れた直後に入るのが基本となりますので、広いエリアに一生懸命ポスティングをおこなったからといって飲食店や小売店のオープンセールのように一気に多くのお客様が来店する可能性は低いと言えそうです。

コストと労力のかかる紙チラシ

掲載内容やデザインなどを自分で考える折込チラシや紙チラシの配布では、手間や労力が多くかかってしまうという難点もあります。毎日同じ料金で端末を直すiPhone修理ビジネスの場合、頻繁にチラシを出すほどの真新しい発信情報がないという問題もあります。また紙チラシの場合は、製作以外にポスティングにも多くの人件費が必要となることから、iPhone修理ビジネスの広告媒体としてのおすすめ度は若干低いと言えそうです。

フリーペーパーに広告掲載する

駅や小売店の店頭などに置かれているフリーペーパーやフリーマガジンも、多くのiPhone修理業者が利用する集客方法のひとつです。飲食店やヘアサロンなどの情報量の多いフリーペーパーの場合、自宅では新聞をとっていない若い女性や学生などの手にも渡りやすいメリットがあります。また発行会社が提携店舗に設置をするフリーマガジンは、紙チラシと違いポスティングをする手間もかからないのです。

広告が埋もれてしまう難点

たくさんの店舗や団体が情報掲載するフリーペーパーの場合、トラブルがなければ需要のないiPhone修理業者の広告が埋もれやすい難点があります。また冊子としてのボリュームのあるフリーペーパーは、次の配布月が訪れると捨てられるケースがほとんどとなるため、iPhone修理店が高い広告料を払う割には人々の目に留まりにくい広告媒体、という側面もあるかもしれません。

SNSやブログを始める

iPhoneユーザの多くがアカウントを持つTwitterやFacebook、InstagramといったSNSやブログは、なるべくお金をかけずに集客できる方法を模索する方々におすすめ度の高い存在です。例えば、事業主自身がさまざまな投稿のできるFacebookページは、料金改定や定休日のお知らせをする上でも使い勝手の良い存在となります。

また、来店したお客様によって投稿された評価や口コミはGoogleなどでの検索時にもチェックできる形となりますので、iPhone修理専門店の開業に合わせて運営できそうなSNSアカウントを取得するのは大変おすすめだと言えそうです。

セグメントで絞った広告も出せる

企業の広告媒体としても多く用いられるFacebookには、お金を払うことによりセグメントで絞った広告を出せる仕組みも用意されています。このシステムを活用すると、例えばiPhone修理店のある三鷹市在住の40代男性に対して自社の投稿やページを認知してもらいやすくなります。iPhone修理の場合は、認知が集客に直結しにくい実態もありますが、ひとつのページから多彩な訴求のできるSNSは利用のしやすいマーケティングツールとなりそうです。

最初はフォロワー「0(ゼロ)」から始まる

幅広い使いみちのあるSNSには、最初はフォロワーが誰もいないという注意点があります。そのため、それなりに多くの人に訪れてもらえるページであるためには、フォローしてもらえる仕組みもつくらなければなりません。こうした特徴により即効性が高いとは言えないSNSアカウントは、来店してくれたお客様にショップカードを渡すなどの工夫をしながらファンを少しずつ増やしていく必要があると言えるでしょう。

ホームページを立ち上げる

自分の起業したiPhone修理店を目立たせたい、他店と差を付けたいと考えた場合、集客方法のひとつとしてホームページやWEBサイトの立ち上げるのも良い選択肢となります。例えば、GoogleやYahoo!で検索をしたときに、ホームページのある業者に対して高い安心感や信用感を覚えるお客様は意外と多い実態があるようです。

またiPhone修理だけでなく、中古端末の売買やMVNO契約窓口といった幅広いビジネスをおこなう場合は、きちんと情報の整理されたホームページがあった方がお客様により良い情報を与えられると言えそうです。

専門知識のない人には作成が難しい

この集客方法における最大の問題は、WEB製作やHTMLの知識が全く無い人にとって自社ページの作成や運用が非常に難しく面倒だということです。本などを見て一生懸命作ったホームページの中には、長きに渡って全く更新されず放置されているものも大変多く見受けられます。

ショップや企業のWEBページは動きがあることがGoogleなどからの評価を高める大事な条件となりますので、日々の業務に追われて全く更新できる兆しすらない場合は、そのサイトから効率的な集客は難しくなってくると言えるかもしれません。

ホームページ製作のプロにお願いする?

将来的な事業拡大に向けてしっかりとしたサイトを作っておきたいと考える場合は、フリーランスのデザイナーや制作会社のお世話になるという選択肢もあります。ただし、サイトの規模や依頼する会社によって費用が大きく変わってくるので注意が必要です。明らかに高すぎる悪質業者を避けるには、複数の制作会社に問い合わせをして同条件で相見積もりをとるのが理想となるでしょう。

フランチャイズ加盟する

初めてのiPhone修理ビジネスへの挑戦によって、「集客方法どころか、何から準備を始めれば良いのかサッパリわからない…」などの不安を抱えた方々には、iPhone修理ジャパンやダイワンテレコム、スマホスピタルといった修理業者の代理店やフランチャイズ加盟店になるという選択肢もあります。

フランチャイズに加盟するメリット・デメリットをさらに詳しく書いている記事を読んで、ぜひ判断材料にしてください。

普通のiPhone修理店とフランチャイズ店(FC)の違いとは?

FC店とも呼ばれるフランチャイズでiPhone修理店をオープンする場合、その看板には親会社の屋号を使います。また一般的な流れとしては、ビジネスパートナー契約をした会社でiPhone修理技術や経営ノウハウなどを学び、オープン後もパーツの供給や技術的な問題が生じたときのサポートなども受け続ける形です。

iPhone修理店のフランチャイズ契約はどんな会社におすすめ?

このスタイルでの開業が最も適しているのは、これから挑戦するiPhone修理ビジネスに関する知識や店舗運営ノウハウが全くないという方々です。こうした事業者を対象とした大手専門店では、2〜3日ほどかけておこなう講習の中で翌日から開業できる技術や知識、集客方法などをしっかり教えてくれます。

また独立開業に向けた疑問や不安などの相談に乗ってくれる体制がありますので、初めてのiPhone修理ビジネスをおこなうにあたり、なるべく大きな失敗を避けたいと考える方々へのおすすめ度も高いと言えそうです。

経験と実績から見えてくる集客方法

全国展開している大手専門店には、大都市から小さな市区町村までそのエリアの特徴に合った集客方法のノウハウが蓄積されています。こうした経験にもとづくアドバイスのできる大手専門店とのフランチャイズ契約をした場合、多くのショップで安定した修理件数の確保につながる実態があるようです。

集客方法の選定をする必要もない

大手業者の屋号を用いるフランチャイズ契約をすると、FC本部のポータルサイトを利用できることで前述の看板やのぼり旗、ショップカード、SNSやブログの開設といった細かな集客方法の選定や発注作業に頭を悩ませる必要もなくなります。また事業主自らホームページの更新や紙チラシのポスティングに追われる可能性が低いといった意味で考えても、フランチャイズ契約には本業となるiPhone修理に専念しやすい体制が整っていると言えそうです。

iPhone修理のフランチャイズ加入にデメリットはない?

iPhone修理ビジネスのフランチャイズ加盟で問題になりやすいのは、FC本部に支払うお金の部分です。まず開業前に欠かせない技術研修では、80,000円〜300,000円ほどの費用がかかるのが一般的です。また研修費とは別に、加盟料を支払うこともあります。

この他に注意すべきなのは、FC本部に支払う月々のロイヤリティーです。相場は20,000円〜50,000円ほどとなっていますが、売上の低い店舗では、この支出がかなり頭を悩ませる存在になることもあるでしょう。

自由度が低い

開業からしばらく経ち、iPhone修理ビジネスの要領がわかってくると、自分自身でSNSなどを使ってオリジナルのマーケティングや集客に挑戦してみたいと考える事業主も少なくない実態があります。こうしたときにFC本部より与えられた資源のみで店舗運営をしなければならないフランチャイズ契約の場合、自由な経営ができないことにより息苦しさを感じてしまうケースもあるようです。

契約解除料の存在

自社の集客ノウハウや効率の良いiPhone修理技術を教える大手修理専門店の中には、FC加盟店が脱退するときに高額な契約解除料を請求するところもあるようです。また本部の指示や契約ルールを守らず勝手な運営をしていた場合も、一方的な契約解除であるのに解除料を支払われなければならないケースも多いと言われています。

こうした形で脱退するためにもお金のかかる可能性の高いフランチャイズ契約をするときには、この形態のiPhone修理ビジネスが本当に自分に合っているのかをじっくり検討した方が良いと言えそうです。

修理技術だけを学べる講習やスクールもある

iPhone修理技術は、フランチャイズ展開する大手専門業者のみで教えているわけではありません。多彩な修理業者の増える近頃では、ANYTIMESなどの助け合いアプリの中で講習をおこなうショップも登場しています。また代理店契約なしで純粋にiPhoneを分解してみたい、直してみたいといった個人の要望に応えるスクールも増加傾向にありますので、まずは「どういった業者で修理技術を学ぶのが自分に適しているか?」を考えてみてください。

iPhone修理専門のWEB広告媒体を活用する

最後にご紹介するのは、iPhone修理業者に特化したインターネット上の広告媒体を使って集客をおこなう方法です。スマホ業界の二次産業とも言える修理ビジネスへと参入する業者の増えた近頃では、下記のような広告媒体の登場により効率的な方法で集客のしやすい時代が到来しています。そして当サイトの最安修理ドットコムも、iPhone修理店におすすめの広告媒体のひとつです。

  • iPhone修理屋さん.jp
  • iPhone大学
  • iPhone修理MAP
  • iPhoneBank
  • iPhone修理業者ランキング

このほかにもたくさんの修理店ポータルサイトがあります。詳しくはiPhone修理専門を探すなら…おすすめ修理ポータルサイトを紹介している記事をご参照ください。

予算に合った集客方法を実践できる

上記のような媒体を利用する最大のメリットは、無料・有料どちらでも集客につながる情報発信や広告を出せるということです。例えば、複数社の無料プランに登録を行なえば、いろいろなiPhone修理業者の総合サイトに自社の情報が掲載される形となります。また量より質を重視した広告を出したいときには、一社に絞って月数万円のプランに申し込むことも可能となるのです。

このように無料・有料ともに選択肢の豊富なWEBの広告媒体は、経費節約を重視するiPhone修理店でも利用のしやすい存在となりそうです。

簡単に申し込める

既に必須項目の決まっている広告媒体を利用する場合、店舗名や住所、電話番号、定休日などの項目を専用フォームなどから送信するだけでiPhone修理の総合サイトに自社情報や広告を掲載してもらえるという利点もあります。こうしたサービスを使えば、自分で紙チラシを作ったりSNSアカウント作成するときと比べて多くの労力を削減できます。また登録情報の修正や削除依頼も、問い合わせフォームからおこなえるサイトが多いようです。

他の集客方法との併用も可能

ネットの広告媒体の利用には、iPhone修理店の事業主に余力があれば他の集客方法に挑戦できる自由度というメリットもあります。例えば、試行錯誤をしながら地域に合った方法でお客様を集めていきたいと考える人には、本部とのやりとりで全てが完結するフランチャイズ契約よりも、WEB広告媒体やSNS、ブログなどを自由に組み合わせられる手段の方がやりがいという店舗運営に欠かせないメリットが得られそうです。

無料プランだけでは上位表示されない

無料と有料、さまざまなプランを設ける媒体を利用する場合、お金をかけずに情報登録だけをおこなうよりも、やはり月々の利用料を払った方がランキングの上位表示をしてもらいやすくなる実態があります。

また広告枠への掲載や、総合サイトの中でホームページやブログ、口コミ・評価といった幅広い情報の管理ができる場合も多い有料プランの活用は、集客よりもiPhone修理のお客様対応に専念したいと考える方々にもおすすめ度が高いと言えそうです。

修理店の集客なら「最安修理ドットコム」を活用しよう!

最安修理ドットコム

●「ネット集客をはじめたいけど、スマホやパソコンには詳しくない」

●「自分でネット集客するのにコストがかかって困っている」

そんな方にご利用いただきたいのが「最安修理ドットコム」です。

掲載店舗数約20,000店舗、修理サポート記事800本、クチコミ数11万件を超える、
日本最大級の修理店情報サイトです。

「最安修理ドットコム」では、iPhone・Androidのスマートフォン端末、パソコン、iPad、腕時計、カメラ、
家電、車、バイクなど、様々なジャンルの修理店の集客をサポートしています。

集客についてお困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

修理店登録のお問い合わせはこちら

まとめ

さまざまな業者の参入するiPhone修理ビジネスには、たくさんの無料・有料集客方法があります。こうした環境下で自社に合うものを選ぶためには、比較検討をじっくりおこなう時間が必要不可欠となります。

また経費のかかる有料集客方法の場合、予算を大幅にオーバーすることでiPhone修理店経営に悪循環をもたらすリスクもありますので、各種サービスや業者の情報収集だけでなく自社分析もしっかりおこなうようにしてください。

スマホ修理の起業に必要な書類や手続きについて詳しく説明している記事もありますので、ぜひ参考にしてください。

副業で稼げるようにきちんと開業の準備を整えましょう。

最安修理.com 最安修理.comで修理料金を比較しよう

「iPhoneの画面が割れてしまった!」「ボタンが反応しない!」こんな経験はありませんか?


iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理価料金を比較するなら最安修理.comがおすすめ。


全国各エリアの修理店が登録されていて最も安い修理価格がすぐにわかります。スマホなら郵送修理を使えば手間なく簡単に修理に出すことが可能です。


まずは近くの修理店を探してみてはいかがでしょうか?

近くの修理店を探してみる

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,000本、クチコミ数12万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加