iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPhone修理ビジネスの市場規模はどのくらい?成長率は?

iPhone修理ビジネスの市場規模はどのくらい?成長率は?

iPhone大国日本では、第二次産業とも言えるiPhoneの修理業者数が急スピードで増加傾向にあります。特に登録修理業者制度が施行された2015年4月以降は、これまでのiPhone修理に絶対的な存在とされていたApple Store、Apple正規サービスプロバイダ、携帯キャリア会社以外にも「修理をしてもらえる店があること」が人々に浸透しつつありますので、非正規修理市場にも活況が生まれ始めたと考えて良いでしょう。今回は、そんなiPhone修理市場の規模と今後の展望について皆さんと一緒に確認していきたいと思います。

iPhone修理ビジネスの市場規模はどのぐらい?

iPhone出張修理を行う「i+Remaker」の試算では、2014年時点での市場規模は約874億円でした。この数字はi+Remakerの修理単価をベースに計算されていますので、業者によって料金に開きのあるこの業界の特徴を考慮すると、850億円〜900億円前後になると考えて良いでしょう。そんなiPhone修理ビジネス市場は、さまざまな要因が相互に作用することで、5年後の2019年には1,500億円近くまで拡大すると考えられています。

iPhone修理ビジネスの市場規模はさらに拡大

現在1,000億円に満たないiPhone修理業界がたったの5年で1.5倍もの市場規模に膨らむ試算の背景には、下記のような日本特有の市場動向があると考えられます。

iPhone7の影響

2016年の2月に初の前年割れとなったiPhoneの国内出荷台数も、Apple社の日本愛が詰まったiPhone7の登場により、Android端末からの乗り換えユーザが増加すると言われています。

特にiPhone7には、日本のスマートフォンユーザが必要不可欠と考える「おサイフケータイ」や「防水機能」が備わっていますので、Apple社の日本愛によってiPhoneの弱点が解消されることで国内シェアを更に高められると考えて良いでしょう。こういったiPhone市場の活況は、第二次産業の修理市場にも好循環をもたらします。

登録修理業者制度の導入

総務省では、乱立する非正規修理店の中で標準化した技術基準を担保できるようになれば、「第三者修理」という新たなビジネス市場により電波業界に好循環が生まれると考えています。

また2012年にはスマートフォンのカスタマイズ事業や修理事業の合法化に向けた検討会も行われていますので、国レベルで非正規店のサービスを見直すことで修理業者を利用するユーザも増えると考えて良さそうです。その手始めとも言える登録修理業者制度は2015年4月からスタートし、今後も多くの業者が登録申請を検討すると考えられています。

登録修理業者制度について詳しくは「「登録修理業者制度」とは?参加費用はいくらくらい?」の記事をご参照ください。

補償サービス対象外となるiPhone端末の増加

非正規修理店が人気の背景には、ファクトリーアンロックによるSIMロック解除や脱獄と呼ばれるiOSの操作により「正規店で修理を断わられる端末が増えている実情」も大きく関係しています。「非公式アプリをインストールしてみたい」といったiPhoneユーザの想いは、脱獄を含めた多くの裏技を生み出していますので、今後も非正規店でしか修理できないiPhoneは増加すると考えて良さそうです。

新規参入業者の増加

世代ごとの共通パーツで修理のできるiPhoneは、機種の種類が多すぎるAndroid修理と比べて遥かに参入のしやすいビジネスです。部品在庫がコンパクトで済むiPhoneビジネスは、非常に狭いスペースで革製品などの修理を行う全国チェーン「ミスターミニット」でも行われるようになりました。

このように新規事業の立ち上げやすさという利点のあるiPhone修理は、今後も他業種の企業が参入する可能性の高い市場です。また近頃では、店舗を持たず出張修理専門で行うフランチャイズチェーンも増えていますので、秋葉原や新宿、渋谷などの好立地に出店する資金力がなくても工夫次第で始めやすいビジネスと考えて良いでしょう。

「iPhone修理のクイック」ではFC加盟相談受付中!

quick

iPhone修理クイックなら、出店希望の地域の検索ワード調査や流入の見込み数、売り上げの見込みなども立てられます。
修理に付随して、相性のいい副商材であるスマホ買取やガラスコーティングまで一括サポートが可能。
販路なども紹介できます。
広告運用実績もあるので、リスティングの運用もできますよ。

3つの特長

  • iPhoneの修理を行い8年以上の実績。店舗数が多いため成功事例やノウハウなどが多く、SEOも上位に位置できます。
  • iPhone修理だけでなく、付随するAndroidやゲームの修理、スマホの買取やガラスコーティングまで包括的にサポートが可能。
  • 修理用の部材は弊社スタッフが工場に出向き、色の調整などを行っているため、安価で高品質なパーツが利用可能。不良率も低いので安心です。

かかる費用

  • 相談は無料
  • 加盟費用は修理研修の内容により変動(加盟費込みで最低20万円~)
  • ロイヤリティは地域により月5,000円~、無理のない範囲でロイヤリティは相談可能。

iPhone修理店に興味がある方、まずは相談してみませんか?

FC加盟相談申し込みフォーム

下記の必要事項(*)をご入力いただき、「送信」ボタンをクリックしてください。

法人個人

まとめ

5年後には1,500億円に到達すると言われるiPhone修理ビジネスは、現在コンビニサービスのスタンダードになりつつある100円前後の「カウンターコーヒー」と同じ市場規模だと考えられます。この両者は全く異なる単価となりますが、日本国内のiPhoneユーザが今後6割を超えると考えると、出張修理や宅配修理といった方法の充実によりコンビニコーヒーと同じ感覚で利用可能なサービスへと成長するかもしれません。

開業に必要な情報は「スマホ修理業で開業!起業に必要な書類や手続き・注意ポイントは?」の記事をご覧ください。
必要な書類や手続について詳しく記載しています。

当サイト「最安修理ドットコム」には全国の優良iPhone業者が多数登録されていますので、より安く早くiPhone端末を修理したい場合は、情報源としてぜひ活用してみてください。

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,000本、クチコミ数12万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加