iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPhoneの液晶画面が映らない時どうする?対処法は?

iPhoneを長く使っていると、液晶画面が映らなくなることがあります。落下・水没といった、明らかな理由があれば分かりやすいですが、何もしていないのにブラックアウトするケースもあるようです。今回は、そのような場合の対処法についてご紹介します。

原因は大きく分けると2つある

液晶画面が映らなくなる原因を大きく分けると、2つの可能性が考えられます。具体的には、単純に画面が真っ黒なだけなのか、そもそも電源が入っていないのかという問題です。

画面が真っ暗になっている

画面自体が真っ暗になっても電源は入っているなら、大抵は外から見て原因が特定できるケースが多いようです。例えば、iPhoneを充電するためにライトニングケーブルをつないだ際や、手に取って軽く動かしてみたときに音・振動を感じる場合がそれにあたります。

このような事象がおこっても本体自体は生きていますから、画面をどうやって直すか考えるアプローチになるでしょう。

電源が入らない

iPhoneの操作中に画面が真っ暗になってしまったら、もっとも分かりやすい理由として充電問題があります。ただ、この場合は電源ボタンを押した段階で「電池切れ」であることがはっきりしますから、あまり問題になりません。

しかし、しばらく端末を使っていない状況では充電が足らず電池切れになっている可能性もありますから、念のため最初に充電はしてみましょう。目安として30分~1時間程度充電した後、強制再起動を試みても音・振動がなければ画面の故障よりも本体の電源に問題があると考えた方が自然です。

液晶画面が映らなくなる原因とアプローチ

iPhoneの液晶画面が映らなくなる理由は衝撃や水だけという訳ではなく、経年劣化に近い症状もあります。主だったものをいくつか挙げ、それぞれの対策をご紹介します。

システム上の問題

ブラウザを使ってネットを流し読みしていると、画面が動かなくなってそのまま真っ暗になってしまうというケースは多いようです。対処法は故障の程度によって対策が変わります。

ホームボタンが押せる

ホームボタンを押して画面が変わるのであれば、2回押してマルチタスク画面に移動しましょう。画面上にはさっきまで使っていたアプリなどが見つかると思いますので、片っ端から終了してみて下さい。単純にアプリの処理に問題があったのなら、これで問題なく使用できるようになります。

ホームボタンは反応しないが、電源ボタンは押せる

ホームボタンを押しても画面が反応しなければ、電源ボタンを押してみてください。電源オフ画面が表示されれば、そのまま電源をオフにしましょう。その際、マルチタスク画面に切り替えて問題が起こる前に利用していたアプリがあるなら、いったん終了させた方がよいでしょう。

どっちもだめなら強制リセットしてしまう

ホームボタン・電源ボタンのいずれも反応がないなら、強制的にリセットする必要があります。文字通り、強制リセットは通常の方法と違い、正しい手順を無視して立ち上げるイレギュラー対応です。何か作業をしていた場合、そのデータは失われることを覚悟しておきましょう。

やり方は簡単で、以下の手順で端末を操作するだけです。

  • ・電源ボタンとホームボタンを同時押し
  • ・Appleマークを確認したらボタンを放して起動する

この動作で端末が強制リセットされ、正常な状態になれば成功です。

強制リセット自体が難しい

操作しても何ら反応が返ってこないなら、iTunesを使って復元させます。iTunesでバックアップを取ったことがなければ、リカバリーモードなどを使うことになるでしょう。ここまで来ると、バックアップをおこなっていなければ初期化と同じ扱いになるため、工場出荷時の状態になることを覚悟してください。

断線などによる問題

端末本体とディスプレイとをつないでいる「ディスプレイケーブル」というパーツが、落下などの理由によって外れたり、断線したりすると画面が見えなくなることがあります。単純に外れているだけならそのままつなぎ直せばよく、画面が破損してしまっているならそれも原因になります。

いずれにせよ、素人が対応できる範囲を超えているため、Apple正規店などへの依頼が必要になるでしょう。

バックライトによる問題

自分には思い当たる原因が考えられず、ディスプレイケーブル・初期化などの対応策をおこなっても画面が暗いままなら、バックライトが切れていることが原因の一つとして考えられます。こちらは画面の修理や、本体を交換することで解決します。

自分の過失による問題

もし、落下などによってiPhoneの画面が真っ暗になったことがはっきりしているなら、有償で本体を交換することになるでしょう。水没や本体がひん曲がってしまった場合も同様です。AppleCare+に加入していると、有償交換時は特別価格で交換してもらえます。

自分で改善できなかったとき、修理・交換にはいくらかかるのか

iPhoneの液晶画面が映らず修理を依頼したり新しいモデルに交換すると、実際に自分の手を離れる際にはどれくらいの料金が発生するのでしょうか。以下に、主だったものをご紹介していきます。

Appleに相談する

もし、Appleに修理・交換を依頼する場合は、サポートサービスであるAppleCare+に加入しているかそうでないかで予算が変わってきます。同じ機種を長く使いたいなら、やはりAppleCare+に加入しておいた方がメリットは大きいようです。

AppleCare+に加入していない場合

公式サイトの情報によると、AppleCare+に加入していないとモデルによって以下の金額を支払う必要があります。

  • 【iPhone XS Max】
  • ・画面の破損:37,400円
  • ・その他損傷:67,800円

  • 【iPhone XS】
  • ・画面の破損:31,800円
  • ・その他損傷:62,400円

  • 【iPhone XR】
  • ・画面の破損:22,400円
  • ・その他損傷:45,400円

  • 【iPhone X】
  • ・画面の破損:31,800円
  • ・その他損傷:62,400円

  • 【iPhone 8 Plus】
  • ・画面の破損:19,400円
  • ・その他損傷:45,400円

  • 【iPhone 8】
  • ・画面の破損:16,800円
  • ・その他損傷:39,800円

  • 【iPhone 7 Plus】
  • ・画面の破損:19,400円
  • ・その他損傷:39,800円

  • 【iPhone 7】
  • ・画面の破損:16,800円
  • ・その他損傷:36,400円

  • 【iPhone 6s Plus】
  • ・画面の破損:19,400円
  • ・その他損傷:37,400円

  • 【iPhone 6s】
  • ・画面の破損:16,800円
  • ・その他損傷:33,800円

  • 【iPhone 6 Plus】
  • ・画面の破損:16,800円
  • ・その他損傷:37,400円

  • 【iPhone 6】
  • ・画面の破損:14,800円
  • ・その他損傷:33,800円

  • 【iPhone SE】
  • ・画面の破損:14,800円
  • ・その他損傷:30,400円

  • 【iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5】
  • ・画面の破損:14,800円
  • ・その他損傷:30,400円

この金額を見てしまうと、いっそのこと新しいモデルを購入した方が安いと感じる方もいるかもしれませんね。

AppleCare+に加入している場合

これに対して、AppleCare+に加入していると、大幅に修理代が安くなります。

  • ・画面の破損:3,400円
  • ・その他損傷:11,800円

最新のモデルの金額差は最大50,000円を超え、加入の有無により大きな差が生じていることがわかります。ただし、最大2回までしか適用されないので、頻繁に端末を買い換える方にとってはメリットが少ないかもしれません。

ちなみに、AppleにはiPhoneのバッテリーサービスというものがあり、AppleCare+に加入していれば保証対象になるケースがあります。これは、バッテリー交換に支障をきたす画面のひび割れなどの損傷がある場合、その部分を優先して修理することが関係しているものと思われます。加入金額はモデルによって金額が異なるため、公式サイトで事前に確認した方が無難です。

iPhone修理専門店に依頼する

直営店ではありませんが、修理実績を積んだiPhone修理専門店というのは、各都道府県に存在しています。もし、修理店に依頼する場合は、そのお店によって金額が変わってきます。参考までに、相場平均として紹介されている情報の一部をご紹介します。

  • ・ガラス割れ: 8,000~10,000円
  • ・水没復旧 :10,000~12,000円
  • ・パーツ交換:5,000円~(個数による)

自力で修復する

サイト情報などを見ながら自分で修理を試みるのは、技術がある方以外はおすすめしません。というのも、もしAppleCare+などの保証プランに加入していても、自分で何か手を加えていたことが分かると保証の対象外になる可能性があるためです。どうしても修理したいのであれば、自己責任で修理にあたる必要があります。

おわりに

iPhoneの液晶画面が映らない症状は、ディスプレイと本体の接続に問題が生じている場合と、本体の電源が入らない場合に大別されます。また、接続に問題が生じていても、何が原因なのかが把握できれば自力で解決できる可能性があります。

修理はAppleCare+に加入していればApple社のサポートを安価に受けられますが、修理専門店に依頼するという選択肢もあります。一つの選択肢にとらわれず、自分ができることを色々試してみてくださいね。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加