iPhoneがSIMカードを認識しないとどうなるの?原因と対処法は?

iPhoneがSIMカードを認識しないとどうなるの?原因と対処法は?

※当記事はアフィリエイト広告を含みます。

「SIMカードが挿入されていません」

このメッセージは、iPhoneがSIMカードを認識しないときに出るアラートです。iPhoneがSIMカードを認識しないと、画面左上に「SIMなし」と表示されます。

Wi-Fiは接続可能ですが、Wi-Fi環境がないエリアでは電話や通信ができません。

SIMカードは挿入できているのに、iPhoneがSIMカードを認識しなくなる現象はよくあることです。そこで今回は、iPhoneがSIMカードを認識しない場合の原因や対処法について解説します。

iPhoneがSIMカードを認識しない主な原因

iPhoneがSIMカードを認識しない主な原因は、下記の通りです。

  • docomo、au、softbankなどのキャリア契約が無効になっている
  • SIMカードの接続不良
  • iPhoneの故障

接続不良は、ちょっとした衝撃でもなりえます。いつも通りに使っていたのに、何の心当たりもなくSIMカードが認識されなくなったら、接続不良にフォーカスして対処しましょう。

iPhoneがSIMカードを認識しない時の対処法

iPhoneがSIMカードを認識しなくなったときは、下記の対処法を試してみてください。もし下記の対処法でも直らなければ、iPhoneの修理も検討しましょう。

iPhoneをアップデートする

iPhoneがSIMカードを認識しなくなったら、まずはiPhoneのiOSを最新のバージョンに更新しましょう。

古いiOSを使い続けると、何かしらの不具合を起こすことがあります。SIMカードが認識しない場合も含め、何かトラブルが起きたら、まずはiOSをアップデートするのがおすすめです。

機内モードを活用する

iPhoneのiOSを最新バージョンにアップデートしても直らない場合は、いったん「機内モード」に設定してください。

機内モードとは、飛行機に乗るときに通信妨害の懸念となる無線通信を行わないようにする設定のことです。

iPhoneは、機内モードがオンからオフになったときに、SIMカードを改めて読み込みます。この機能を利用しましょう。

機内モードの設定方法は下記の通りです。

  1. 「設定」を開く
  2. 一番上にある「機内モード」をタップし、ボタンが緑になるのを確認
  3. 10秒ほどオンのままにする
  4. 再度タップし、ボタンが灰色になるのを確認
  5. SIMカードが認識されているか確認

機内モードは、通常画面で上から下にフリックしても設定できます。飛行機マークをタップし、マークがオレンジになれば設定完了です。オフにしたければ飛行機マークを再度タップしてください。

iPhoneを再起動する

iPhoneのアップデートや機内モード設定でもSIMカードを読み込めなければ、iPhoneを再起動してみましょう。

再起動は、スリープボタンを長押しして、フリックで電源をオフにし、再びスリープボタンを長押しして立ち上げます。まずは再起動を複数回行ってみてください。

キャリア設定のアップデートを確認する

iPhoneを再起動してもSIMカードを認識しない場合は、キャリア設定のアップデートを行ってください。手順は下記の通りです。

  1. 「設定」から「一般」を開く
  2. 「情報」を開く
  3. アップデートがある場合は「キャリア設定アップデート」と表示される
  4. アップデートを選択
  5. アップデート完了後、SIMカードが認識されているか確認

【最終手段】SIMカードを取り出す

上記方法をすべて試しても、iPhoneがSIMカードを読み込まない場合は、iPhoneからSIMカードを取り出してみましょう。接続不良が回復することがあります。

SIMカードは、iPhone右横に挿入されていますが、これを取り出すには専用のピンが必要です。ピンはiPhone購入時の箱の中に入っているので、探してみてください。

SIMカードの取り外し方は下記の通りです。

  1. iPhoneを水平面において、右横の小さな穴にピンを押し込む
  2. SIMカードを挿入するケースが出てくる
  3. SIMカードを取り出す
  4. 再度SIMカードを挿入する
  5. SIMカードが認識されているか確認

SIMカードの金属面に汚れやホコリがついていたら、柔らかく毛の立たない布で優しくふき取ってください。息を吹きかけてホコリを飛ばすのはやめましょう。故障の原因になることがあります。

iPhoneが故障した時の3つの選択肢

上記のやり方でもSIMカードが認識されない場合は、iPhoneやSIMカードの故障が疑われます。まず、どちらが故障しているのか 確認してみてください。

他の端末にSIMカード挿入し、正常にSIMカードが認識されれば、故障しているのはiPhoneです。逆に他の端末でもSIMカードが認識されないなら、故障しているのはSIMカードになります。

SIMカードの故障なら、SIMカードを購入すれば解決しますが、iPhoneの場合は3つの選択肢があります。

下記の選択肢のうち、どれが一番自分に合っているか判断しましょう。

契約キャリアやAppleサポートに相談

docomo、au、softbankなどのキャリア独自保証やAppleの保証に加入している方は、保証加入先に相談しましょう。無料または格安で本体交換や修理が可能です。

修理する前にiPhoneの保証などに加入しているか確認してください。

ただし、修理する場合はデータは完全に初期化され復元できません。また、修理に1週間程度の時間がかかるため、急ぎ修理したい方は注意しましょう。

iPhoneの買取を検討

SIMカードがどうしても読み込めない場合は、iPhoneの買取も検討しましょう。

画面割れなど故障したiPhoneの買取をしてくれる業者もあります。新しいiPhoneを購入したいと思っている方は、買取も視野に入れてみてください。

iPhone修理業者に依頼

正規保証に加入していない、買取するつもりがない場合は、非正規店でiPhoneを修理することもできます。

iPhone修理業者とは、Appleや正規サービスプロバイダ以外の修理業者のことです。非正規というとマイナスなイメージがありますが、総務省登録済みの業者も多く、最短即日修理ができます。

データを残したままの修理や、データ復元も可能なので、急いで修理したい方やデータを残したい方におすすめです。

ただし、Apple公式の保証が使えなくなる可能性がある点には注意しなければなりません。まだ保証が使える場合は、公式サポートに頼りましょう。

iPhoneの修理費用についてはこちらの記事でも紹介しています。併せて参考にしてみてくださいね。

即日&安くiPhoneを修理してくれるおすすめ修理業者

iPhone修理のおすすめの依頼先を紹介します。修理依頼前の参考にしてください。

アイサポ

アイサポ iphone修理

出典:アイサポ

アイサポは、最短即日で修理をしてくれるiPhone修理業者です。

非正規店ですが、厳しい基準をクリアした業者にしか与えられない“総務省登録修理業者制度”の認定証をもっています。

電波法・電気通信事業法をしっかり守っている誠実な業者である証拠なので、安心して任せられますよ。

\最短30分のスピード修理/

アイサポでiPhone修理

iCracked

icracked_iPhone修理

出典:iCracked

iCrackedは、総務省にも登録されているシリコンバレー創業のiPhone修理業者です。

厳しいトレーニングと認定試験に合格した修理スタッフ「iTech(アイテック)」が常駐しており、対面で修理してくれます。もちろん、データも保護してくれますよ。

最短30分で修理してくれて、修理後も3ヵ月の保証期間があります。

\近くの店舗を簡単予約/

iCrackedで即日修理

スマホスピタル

スマホスピタル

スマホスピタルは、最短即日で修理をしてくれるiPhone修理業者です。総務省登録修理業者なので安心感があります。

スマホスピタルの強みは、“技術力が高い”ことです。

業界最高峰の技術をもち合わせているため、他社では断られた難しい修理にも対応しています。

\無料で相談・見積可能/

050-5530-3335

まとめ

今回は、iPhoneがSIMカードを認識しない原因や対処法についてまとめました。もしiPhoneがSIMカードを認識しない場合は、下記の対処法を試してみてください。

上記を試しても症状が改善しない場合は、SIMカードやiPhoneの故障が考えられます。買取や修理も検討してみてくださいね。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加