iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPhoneのボリュームボタンが故障したら修理代はどのくらい?

画面がバキバキの割れたiPhoneを使っている人は結構多いですよね。一般的なスマートフォンとは異なり、iPhoneは修理した際の手続きに手間がかかります。そのため、画面などの使用できる範囲の故障であればiPhoneをそのまま使っている方も多いのだと考えられます。側面についている“ボリュームボタン”も放置している人が多い部分。

今回は、iPhoneのボリュームボタンが故障した際にかかる修理費用についてみていきましょう。


Macro Monday : Aluminium buttons (Al on the periodic table) / cchana

Appleの公式修理に依頼する場合

大手キャリアのau・ソフトバンク・docomoなどが販売しているiPhoneですが、修理に関してキャリアは対応してくれません。故障した場合はメーカー(Apple)に直接修理を依頼しなくてはならないのです。

保証期間かどうか、故障の原因で値段が変わってくる

公式での修理は、保証期間かどうかで値段が大きく変わってきます。通常、新品で買ったiPhoneには1年間のメーカー保証がついていますので、1年以内の故障であれば比較的安い料金で修理してもらえるでしょう。

また、iPhoneには「AppleCare+」という保証パックも存在します。これに加入していると、保証期間が通常の1年から2年に延長されるので、不安な方は購入時に加入しておくと良いと思いますよ。

費用は保証内であれば12,000円、保証外であれば30,000円程度かかるようです。この料金はiPhoneの種類によって変化しますので、事前に確認してみてください。

参考:意外と知らないAppleCareとAppleCare+の違い

故障箇所すべての修理となる

また、公式の修理では故障箇所をすべて修理することになります。そのため、ボリュームボタン以外に不具合が見つかった場合、そこも含めて修理しなくてはならないので高額料金になりやすいのです。

多くの場合、複数箇所の故障が見つかり“端末交換”という対応になりますので、公式に修理を依頼する場合は全額負担する心構えでいたほうが良いかもしれませんね。

修理期間

郵送で修理依頼する際など、5〜7営業日の修理期間を要します。場合によっては代替機もありませんので、一週間ほどiPhoneのない生活をしなくてはならない可能性があるのです。

参考:iPhoneの初期1年保証、AppleCare+、非正規修理はどう違うか

一般の修理店の場合

Appleの公式以外にも、一般のスマホ修理店でiPhone修理を受け付けているショップはたくさんあります。ここでは一般修理店の修理代金等について見ていきましょう。

依頼箇所のみの修理

公式と大きく異なる点は、依頼した部分の修理のみ請け負ってくれるということです。例えばボリュームボタンの故障を依頼した場合、他の部分に故障があったとしてもボタン以外の代金を取られることはありません。(場合によっては複数箇所修理の必要もあります)そのため、公式よりも比較的安値で修理することができるのです。

安値での修理

修理費用は店舗によって異なりますが、多くのショップが公式以下の修理費用で請け負ってくれるようです。6,000円〜10,000円が相場ですので、公式保証期間内の修理よりも安くなっています。

おそらく「30,000円は出せないけど、10,000円でボリュームボタンが直るなら直したい」と考える方も多いのではないでしょうか。

即日修理に対応してくれる

また、修理にかかる時間もスマホ修理店の方が圧倒的に早いと言われています。特殊なケースでない限り、ほとんどの修理を即日で行ってくれるため手元からiPhoneが離れる時間が少なく済むのです。これは、公式と比べて大きな利点であると言えるでしょう。

参考:iPhone故障時に修理業者を選ぶ4つのポイントとおすすめの修理屋まとめ

一般スマホ修理店に修理を依頼する際の注意点

一般修理店に修理を依頼する際は、いくつか知っておかなければならないことがあります。注意点を紹介しますので、スマホ修理店に依頼する前によく読んで確認しておきましょう。

公式のサポートから外れるので注意

一般のスマホ修理店で修理を行なうと、今後公式のサポートを受けられなくなります。そのため、保証期間が残っている方や、AppleCare+に加入している方などがスマホ修理店に依頼する際はよく考えた方が良いでしょう。

保証期間を確かめる

修理店を選択する際は、値段だけで決めてはいけません。確かに、安い修理代金は魅力的ですが“保証期間がどれくらいあるのか”という点にも注目しておきましょう。Appleの公式サポートから外れるということで、修理後の不具合があった場合などは修理を行った業者に依頼することとなります。

保証期間はお店によって異なり“永久保証”の店舗もあれば数週間程度の店舗も存在するのです。値段と保証期間のバランスを考えて、自分にあったショップに依頼するといいでしょう。

できるだけ多くの修理店を比較

スマホ修理店は全国に多くあり、お店によって修理料金や保証期間などは異なるため、できるだけ多くの修理店を比べることをおすすめします。当サイト最安修理ドットコムには全国各地のスマホ修理店が集っているので、簡単にお近くの修理店を探すことができます。各修理店の詳細や口コミを参考に修理依頼先を探してみてください。

近くに良い修理店がなかったり店頭まで持っていく手間を省きたいときは郵送修理が便利ですよ。

データバックアップをとっておく

修理の際には、データが消失してしまう可能性があります。おそらく誓約書に書いてあるとは思いますが、データが消えてしまった場合でも店舗側は一切責任を取ってくれません。

そのため、修理に出す前に必ずバックアップを取っておきましょう。クラウドやパソコンでバックアップを取っておけば、いざデータが消えた際にもすぐ元通りの状態で使うことが出来ますよ。

参考:スマホのバックアップは自分で出来る?方法を徹底解説

買取サイトに査定申込してみる

スマートフォンの画面割れや水没などは修理に出すと手間も時間もとられますよね。修理に出す前に買取も考えてみてはいかがでしょうか?

買取サイトの「スママDASH」では、困った事態になったときすばやく査定申込から0秒で買取金額を提示してもらえるといった速さが特徴となっており、シリーズによっては数万円で買取ってもらえる可能性もあります。修理店だけでなく買取サイトも検索してみましょう。きっといい方法が見つかるはずです。

まとめ

以上のように、ボリュームボタンが故障した際にはApple公式か一般のスマホ修理店に依頼することとなります。どちらにもメリット・デメリットがありますので、よく考えて自分にあった選択をしてください。

当サイト「最安修理.com」にはあらゆるiPhone修理店を掲載しています。お得に修理がしたい、自宅近くにあるショップを探したいと言った際に有効活用すると良いでしょう。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加