iPhoneの音量ボタンが反応しない!原因や修理方法を徹底解説

iPhoneの音量ボタンが反応しない!原因や修理方法を徹底解説

今や毎日の生活において必需品となっているiPhone。
他のスマホよりも、iPhoneは修理の手続きに手間がかかるため、少しの故障であればそのまま使っている方もいます。

iPhoneの側面についている音量ボタンも、修理せずに使うことがあるかもしれませんが、放置してひどくならないうちに直した方がよいでしょう。

では、iPhoneの音量ボタンを修理してもらう際に、費用や期間はどのくらいかかるのでしょうか。

iPhoneの音量ボタンの特徴

音量ボタン

iPhoneには、本体の左上に2つの音量ボタンがついています。
サイレントスイッチの下にあり、上のボタンで音量を上げ、下のボタンで音量を下げます。

通話中や、曲・ムービーなどのメディアを再生しているときにボタンを押すと、音量を調節できます。
そのほか、着信音・通知音・サウンド効果などの音量調節も可能です。

サイレントスイッチは、着信音や通信音を出さないように設定するスイッチで、マナーモードに切り替えるときに操作します。
スイッチの部分がオレンジ色になっていれば、サイレント機能がオンになっていることを表します。

iPhoneの音量ボタンが壊れる原因とは?

スマホ修理

iPhoneの音量ボタンが壊れたときの原因は、いくつか考えられます。
まずiPhoneを落としたりぶつけたりすると、強い衝撃が本体に加わるためにボタンが壊れ、機能しなくなったりボタンが陥没したりします。
ボタンを押したときに動いた感覚がなければ、すでに陥没してしまっている可能性があります。

そのほかにも、イヤホンや保護フィルムなどの付属品が、音量ボタンが効かない原因になることもあります。
例えば、イヤホンの差込口にホコリやゴミが溜まっている状態の場合です。
また、差込口に何らかのトラブルが起きると、音が出なくなる現象が見られます。
Bluetoothの設定がオンになっていると、同じように音量ボタンが機能しないことがあるため、オンとオフを切り替えて様子を見てみましょう。

音量ボタンを押す力が強すぎたり、iPhoneが水没したりすることでも壊れてしまう恐れがあります。
同じボタンを繰り返し操作することで、裏側で固定している部品の角度が変わることが原因だと考えられます。
ちなみに水没は、水に落とさなくても台所の蒸気や汗などで起こる場合もあります。

ボタン自体に異常がなくても、システムエラーやアプリの問題で、ボタンが反応しなくなるケースも考えられます。
また、ボタンが上下ともに全く反応しないトラブルの場合、ソフトウェアの不具合が原因かもしれません。

基盤の損傷も、音量ボタンが効かなくなる原因の一つです。
この場合は、修理可能な店舗を探して対応してもらう必要があります。

音量ボタンが反応しない時の対処法

スマホの修理

音量ボタンが反応しなくなったら、いくつか対処方法を試してみましょう。
以下に詳しくご紹介します。

まず、パーツを掃除しましょう。
iPhoneの付属品を全て外し、差込口のゴミやホコリを取り除きます。
このとき、できるだけケースや保護フィルムを外してから掃除した方が、細かい箇所に入り込んだ汚れを落とすことができます。

掃除しても反応が変わらない場合は、再起動してみましょう。
メモリがリセットされ、音量ボタンが反応するようになる場合もあります。

再起動しても症状が変わらなければ、強制再起動を行うと反応するケースが多く見られます。
方法は次のように、端末によって異なります。

  • 「iPhone X」以降

    サイドボタンと音量ボタンを同時に長押しして、スライダが表示されたらドラッグします。
    その後、サイドボタンを長押しし、Appleのロゴが表示されたら再起動が実行されます。

  • 「iPhone 8」以前

    上のボタンもしくはサイドボタンを長押しし、スライダボタンが出たらドラッグして電源を落とします。
    そして、同じく上のボタンもしくはサイドボタンを長押しすると再起動が始まります。

ボタンに異常が見られない場合には、iPhoneを初期化する方法があります。
初期化すると、工場から出荷された状態に戻るため、ボタンの動作も正常になることがあります。

初期化するには、最新バージョンのiTunesをインストールしたパソコンに、iPhoneを接続します。
iPhoneのパスコードを入力してロックを解除したら、復元ボタンをクリックして処理しましょう。

初期化すると、iPhoneのデータが全て消去されてしまいます。
消したくないデータを誤って消去してしまわないように、初期化する前には必ずデータのバックアップを取っておきましょう。

Apple認定の修理サービスを利用する場合

スマホとヘッドフォン

これらの対処法を試してみても、音量ボタンが正常に作動しない場合には修理が必要です。
Apple認定の修理サービスを希望するなら、直接Appleの正規店に依頼しなければなりません。

Apple Storeは日本国内に10店舗しかなく、しかも主要都市にあるため、地方の離れた場所に住んでいる方が気軽に利用することが難しいのが現状です。
また来店には予約が必要で、予約も取りづらくなっています。
ただし配送修理の受付はオンラインや電話でも行っているため、こちらを利用すると便利です。
また、Appleの認定を受けた正規サービスプロバイダもあり、Apple Storeと同等のサービスが受けられます。

大手携帯キャリアでは、Appleの認定を受けて直接修理依頼を受けているところもあります。
この修理方法も、Apple認定の修理サービスと同様の保証が受けられます。

参考:意外と知らないAppleCareとAppleCare+の違い

保証期間内かどうか?故障の原因で修理費用も変わる

Apple認定の修理サービスでは、保証期間を過ぎているかどうか、また故障の原因によって修理費用が変わってきます。
どのように変わるのかを具体的にご説明します。

iPhoneを落としたりぶつけたりして音量ボタンが動かなくなってしまったならば、たとえ保証期間内であっても有償修理となる可能性が高くなります。
修理費用が高くなってしまいますが、保障内容が手厚くなるApple Care+に加入していれば12,980円で修理が可能です。

これに対し、特に落としたりぶつけたりしていないにも関わらず、音量ボタンが使えなくなった場合は、保証期間内であれば部品の無償交換が可能です。
期間を過ぎていたら有料となりますのでご注意ください。
修理費用は機種によって異なります。

全ての故障箇所が修理の対象となる

Apple認定の修理サービスを利用する場合、依頼した箇所以外にも別の故障が見つかった場合、その箇所も含めて全てを修理することになります。
このため、修理費用が割高になってしまうのです。

複数箇所の故障が見つかった場合、端末をまるごと交換しなければならなくなるケースもあり、そうなるとかなり高額な料金になることを知っておいた方がいいでしょう。

修理期間

郵送による認定修理サービスの場合、機種が手元に戻ってくるまで5~7営業日ほどかかります。
場合によっては、この間の代替機が用意されないこともあるため、1週間ほどiPhoneがない生活を強いられるかもしれません。

一般の修理店の場合

スマホとイヤフォン

認定の修理サービス以外にも、iPhoneの修理を請け負っている店舗が街中で多く見られるようになりました。
これらの店舗では、Apple認定の修理サービスとどのような相違点があるのでしょうか。

依頼した箇所のみが修理の対象となる

先述したように、Apple認定の修理サービスでは、依頼した箇所以外の修理も行われますが、一般の店舗では依頼した箇所のみを修理します。
このため、Apple正規店よりも安い料金で修理が可能になります。

安値での修理

店舗や機種によって修理費用の設定は異なりますが、Apple正規店よりも一般店舗の方が料金が抑えられています。
音量ボタンだけを直したいけれども、他に気になる箇所があっても使い続けたいという方に適しています。

即日修理に対応してくれる

一般店舗では、持ち込みで修理を依頼した場合、ほとんどのケースで即日修理が可能です。
iPhoneが持てなくなる時間が短く済み、仕事で使うから少しでも早く直したいなどと考えている方には、大きな利点だといえます。

参考:iPhone故障時に修理業者を選ぶ4つのポイントとおすすめの修理屋まとめ

一般の修理店に依頼する際の注意点

注意点

一般の修理店に依頼したほうが利点が多いように思えますが、事前に知っておきたい注意点もあるので、確認しておいて損はありません。

公式サポートから外れるので注意

一度でもApple認定の修理サービス以外の修理店に依頼すると、その後、Appleでの公式サポートを一切受けられなくなり、認定の修理サービスも断られることがあります。
もし現在、保証期間が長く残っていて「Apple Care+」に加入する場合は、慎重に検討することをおすすめします。

保証期間を確認する

修理後の保証期間は、店舗によって異なります。
料金は安くても保証期間も短い、という店舗で修理した場合、万が一、修理後にも不具合が発生したときの対応に大きな差が出てしまう恐れがあります。

値段だけで店舗を決めず、複数の条件を照らし合わせたうえで修理を依頼したいものです。

できるだけ多くの修理店を比較

iPhoneを修理する店舗は全国に数多く存在し、修理費用や保証期間はそれぞれ異なります。
修理後も長く使う予定であれば、保証期間が長い店舗を選ぶことをおすすめしますし、一時的に直れば問題ないのであれば、料金が安い店舗でもよいでしょう。

自分に合った店舗を探すには、できるだけ多くの店舗を検索し、条件を比較したうえで修理を依頼しましょう。

データバックアップを取っておく

修理に出すとデータが消えてしまう恐れがあります。
店舗では、修理後にデータをiPhoneへ戻すサービスは行っていません。
修理が終わり、自分の手元に戻ってきたらすぐ使えるように、修理前にデータのバックアップを取っておくのを忘れないようにしましょう。

参考:スマホのバックアップは自分で出来る?方法を徹底解説

買取サイトで査定してみる

ネットサーフィン

iPhoneを修理に出すと、時間とお金がかかってしまいます。
修理する以外にも、買取に出す方法があることをご存じでしょうか。
壊れたiPhoneは、修理して再度販売する業者があるほか、分解して正常なパーツのみを再利用することもできるのです。

修理費用が高額になりそうな場合は、買取を検討するのもひとつの方法です。

まとめ

Macの音量ボタン

iPhoneの音量ボタンが故障し、自分でできる対処方法を試しても直らず、一般の店舗で修理を検討している方は、「最安修理ドットコム」で店舗を探してみてはいかがでしょうか。
全国の修理対応可能店が掲載されており、ご希望に合った店舗をすぐに検索できます。

スマホを長く使うために、故障してしまった箇所はできるだけ早めに修理することをおすすめします。

最安修理.com 最安修理.comで修理料金を比較しよう

「iPhoneの画面が割れてしまった!」「ボタンが反応しない!」こんな経験はありませんか?


iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理価料金を比較するなら最安修理.comがおすすめ。


全国各エリアの修理店が登録されていて最も安い修理価格がすぐにわかります。スマホなら郵送修理を使えば手間なく簡単に修理に出すことが可能です。


まずは近くの修理店を探してみてはいかがでしょうか?

近くの修理店を探してみる

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,000本、クチコミ数12万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加