iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

強制終了したiPhone8の再起動!フリーズや電源がつかないなら?

強制終了したiPhone8の再起動!フリーズや電源がつかないなら?

iPhone8では再起動させるときに、電源がつかなかったり、反応しなかったりする現象が稀に発見されています。
iPhone8が再起動できなかったとしても、iPhone8本体に大きな問題があるとは限りません。自力で対処できるレベルのトラブルはたくさんあります。

この記事では、自分でできる対処法を紹介します。
また、非正規修理店の特徴や利用するメリット、注意点も紹介します。
本体内部のトラブルの場合に、修理店を利用する前に参考にしてください。

自力で電源をオンとオフにする

iPhoneの充電

iPhoneを使っていて違和感を覚えたら、とりあえず電源をオフにしてみましょう。
再度電源をつければ、問題が解消される場合があります。そこで、iPhoneの電源をオフにする方法を説明します。

  1. まずサイドについている[スリープボタン]を確認します。
  2. スリープボタンを長押しすれば、画面に[スライドで電源オフ]と出てきます。
    文言の通り、マークをスライドすることで電源オフは完了です。
    なお、[スリープボタン]が故障していて使えないなら、画面上の[設定]から電源を落としましょう。
  3. [一般]から[システム終了]に進むと電源をオフにできます。
  4. 電源が切れたら、今度は電源をつけ直します。
  5. 方法はオフにするときと同じで、スリープボタンの長押しです。
  6. iPhoneの起動後に動作を確認し、問題が解消されているかを調べます。

この時、電源がなかなかつかない場合や、メーカーのロゴから動かないことも珍しくありません。
ただ、いずれも起動に時間がかかっているだけで、必ずしもフリーズではありません。
大抵のケースでは、1分ほど待てば通常通り画面が立ち上がります。

強制再起動

iPhoneのボタンを押す男性

通常の再起動ができない場合や改善されない場合は、”強制再起動”を試しましょう。
iPhone8を強制再起動する方法を説明します。

  1. [ボリュームアップボタン]・[ボリュームダウンボタン]を素早く押す
  2. [スリープボタン]を長押し
  3. Appleのロゴが表示
  4. 再起動が成功

iPhone8を強制再起動する手順は、iPhone6や7の方法から変わっています。
再起動ができないというトラブルは、単に方法を間違えているだけのケースも珍しくありません。

強制再起動ができないこともある

悩む女性

よくあるのは立ち上げる途中で画面がフリーズする現象です。
あるいは、そもそも画面が暗いまま、iPhoneが起動しないこともあります。

このケースで考えられるのは、充電切れです。
電源を立ち上げるには多少の電力を使うので、バッテリー残量がわずかだと反応しないこともあります。
一度充電してから試してみましょう。

その場合の手順を紹介します。

  1. 十分なバッテリー残量があるにもかかわらず再起動できないなら、パソコンにiPhoneを接続します
  2. iTunesを開きます
  3. そのまま[ボリュームボタン]を使った再起動を図ります
  4. Appleのロゴが表示されても[スリープボタン]長押しを続けます
  5. [リカバリーモード]に切り替わります
  6. [アップデート]の選択肢へ進むと、iOSが再インストールされます
  7. インストールが終わったら、再起動を試してみましょう

それでもiPhoneが作動してくれないのなら、部品などの故障を考えるべきです。
この場合、個人の手には余るので、専門家の手助けが必要です。

Appleサポートに聞いてみよう

黒電話

iPhoneの問題をメーカーに相談したいのであれば、店頭に持ち込むほか、Appleサポートを利用するのも得策です。
Appleサポートは電話窓口で、製品の不具合に対応してくれるサービスです。
曜日に関係なく9時から21時まで営業しています。

ただし、Appleサポートは混雑しやすいので、なかなか電話がつながらないことがあります。
また、メーカーだからこそ危険をともなう解決法を提示するのは難しく、結局は機種変更や高額での修理を推奨される傾向にあります。

修理店への相談を検討しよう

修理店の方と女性の会合

Appleサポート以外にも、iPhoneの問題を受けつけているサービスはあります。
非正規の修理店は代表的な選択肢です。

非正規といっても「非合法」ではありません。
安全かつ迅速に、メーカーではできない修理プランを提案してくれます。

修理店のメリット

iPhoneをAppleCare以外のサービスで修理する手段に、修理店に依頼することが挙げられます。
修理店に依頼することでしか得ることのできないメリットを紹介します。

スピード感がよい

修理店のメリットは、なんといってもスピード感です。
Appleサポートは連絡するのも、予約を入れるのも簡単ではありません。
しかも、せっかく修理の予約ができても、修理を終え手元にiPhoneが返ってくるまで長い時間を要します。

修理店なら、基本的には店頭に持ち込んですぐ作業してもらえます。
早いときは30分ほどで正常な状態へと戻してくれるのです。
早急に復旧させたい場合は、修理店を利用しましょう。

初期化を避けられる

次に、初期化を避けられるのもポイントです。
AppleにiPhone修理を依頼すると、データのバックアップをとっていること前提で話が進みます。
しかし、データが保管されていないにもかかわらず初期化が行われた場合、画像もアプリも全て消えてしまいます。

修理店では可能な限り、初期化を避けて作業します。
バックアップをとっていない、あるいは現在使用している端末にデータを残しておきたいなら、修理店の利用がおすすめです。

修理費用が安い

Apple製品は、購入時に1年間のハードウェア保証がつきます。
あるいはAppleCareに加入していれば、3年間はリーズナブルな価格でメーカー修理を行ってくれます。
しかし保証期間を過ぎていると、Appleサポートでの修理代は高額になりがちです。

その点、修理店はそもそもの設定料金が安い>ので、いつ利用しようとAppleCare加入時と同程度のコストしかかかりません。
なるべく安価で修理を依頼したい人や、修理をしたくても経済的に苦しい学生などに向いています。

そのほか、引き受けている修理のバリエーションも豊富です。
メーカーはデータ復旧など、対応できない作業がたくさんあります。
しかし、修理店なら臨機応変に作業を行ってくれます。

修理店のデメリット

修理店に依頼することによるメリットは、上述した通りに多くあります。
しかし、AppleCare以外のサービスに依頼することで発生するデメリットも存在しています。
次はそのデメリットについて詳しく見ていきましょう

メーカー保証が受けられなくなる

AppleCare以外のサービスで修理をすると、今後メーカー保証を受けられない場合があります。
特に、部品交換などの修理はごまかしようがないので、メーカーからは簡単に見破られてしまうでしょう。

ただ、絶対に保証が受けられないわけではなく、あくまでもケースによります。
また、 修理店で診断をしてもらっただけなどの場合は、問題なく保証が適用されます。

個人情報漏えいの恐れ

次に、個人情報の取り扱いも注意しておきたいポイントです。
Appleであれば、データの漏えいに関する対策を徹底しているため、よほどのことがない限り、修理に出して個人情報が流出するような事件は起こりません。

一方、修理店には個人情報を丁寧に取り扱わない店舗もあります。
修理の相談をする際に、情報の取り扱い方法についても確認しておきましょう。

修理内容の質にばらつきがある

そのほか、修理店は業者ごとに質のばらつきが多いのも特徴です。
法外な値段を請求してきたり、作業が適当だったりするところも紛れています。

ただし、こうしたデメリットは、しっかりリサーチをして依頼する店を決めれば回避できます。
ほとんどの店舗は健全に営業をしているので、事前に業務内容をチェックしておけば悪徳商法の被害に遭う可能性は低いでしょう。

修理店はインターネットで検索すれば、多数出てきます。口コミなどを参考に、信頼できる修理店を探してみましょう。

おすすめの修理店

シルバーガレージ秋葉原店

値段で選ぶなら「シルバーガレージ秋葉原店」がおすすめです。
このお店の特徴は、パーツをピンポイントで交換対応している点です。
たとえば、液晶ガラスだけを交換するなど、症状に応じた最小限の作業をスムーズに終わらせてくれます。

そして、料金プランもはっきりしています。
目安となる価格が表示されているので、持ち込む前に予算のシミュレートが可能です。
作業が終わってから予想外の請求を防げます。

アイサポ

次に押さえておきたいのが「アイサポ 」です。
iPhone修理の専門店として全国に展開しています。
ゼネラルリサーチが行ったアンケートでは、3年連続で顧客満足度ナンバー1を獲得するなど、対応力の高さが評価されているお店です。

しかも、毎月人数限定でキャッシュバックキャンペーンを行うなど特典も充実しています。
予約もいらず、店頭に持ち込めばすぐスタッフが対応してくれます。
突然のトラブルがあったときは、近くの店舗を探してみましょう。

iphone修理救急便

スピードに定評のある修理店は「iPhone修理緊急便」です。
店舗に持ち込んでから、専門スタッフが早急に部品交換などの対応をしてくれます。
バッテリー交換をはじめとする軽い原因であれば、15分ほどで解決することも珍しくありません。

また、料金の安さも大きな魅力です。機種によって料金が設定されており、iPhone8でも数千円で修理してもらえます。
電源がつかない、再起動ができないといったトラブルでは積極的に頼りたいところです。

Quick

Quick 」は柔軟な対応力が口コミの評価を高め、iPhoneユーザーから信頼されている修理店です。
他の店舗で直すのが難しいといわれた症状すら、受け入れてくれたという声は少なくありません。

その秘訣は、豊富な在庫量にあります。
新旧さまざまな部品を取り揃えているので、受け取った時点でスピーディーに交換可能です。
メーカーでは時間がかかるような故障についても、Quickであれば即日で作業してもらえる可能性があります。

スマホスピタル

そのほか、駅前を中心に店舗を構えている「スマホスピタル 」など、全国的にたくさんの修理店が営業をしています。
それぞれに個性があり、得意分野にも差があります。

店舗に足を運ぶ際には、実績や料金を下調べしておくことが肝心です。
なるべく知名度があり、料金も安い店舗であれば安心して任せられます。

まとめ

陽気な外国人男性

iPhoneは繊細な機械なので、些細な原因で動作に不具合をきたすことがあります。
軽い症状であれば自力で直せるものの、専門家のスキルを必要とする場合も少なくありません。

最初はAppleサポートに相談するのが基本です。
しかし、メーカーでも対応できないなら修理店に任せましょう。
修理のプロフェッショナルが迅速かつ安価で対応してくれます。

修理価格サイトのご紹介

全国の修理店をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

北海道・東北

北海道 宮城県 青森県 岩手県 福島県 山形県 秋田県

関東

東京都 神奈川県 埼玉県 栃木県 群馬県 千葉県 茨城県

中部

新潟県 長野県 山梨県 富山県 岐阜県 石川県 福井県 静岡県 愛知県

関西

大阪府 京都府 奈良県 兵庫県 三重県 滋賀県 和歌山県

中国・四国

鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 香川県 徳島県 愛媛県 高知県

九州・沖縄

福岡県 佐賀県 長崎県 大分県 熊本県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加