iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

脱獄iPhoneの修理はアップルのサポート対象外!どこで直せる?

iPhoneを幅広い用途で使えるようにする脱獄も、その端末に故障や動作不良が生じた時には、修理先の選定といった部分でユーザを悩ませることもあると言われています。特にiPhone購入時にアップル社の「AppleCare+」や、各キャリア会社の携帯補償サービスに加入している場合は、月々400円〜700円の料金を支払っているといった意味でも、「脱獄iPhoneを補償の範囲内で修理できないだろうか?」と考える人が多い実情も大変自然なことだと考えて良いでしょう。今回は、脱獄iPhoneの修理に悩む皆さんと一緒に、Appleを含めた各社の対応や理想的な方法を確認していきます。


iPhone 4 jailbreak / crazyoctopus

iPhoneの脱獄とは?

脱獄iPhoneの修理について考える前に、脱獄の仕組みと特徴を確認しておきましょう。

脱獄=Appleの管理下から逃れること

JailBreakと呼ばれる脱獄は、専用ツールを使ってiOSを改変することで、Apple社側で使用制限している機能や非公式アプリのインストールを可能にする方法の総称です。この作業を行なえばアップル社の管理下から逃れられるということで、iPhoneユーザの間で「脱獄」という呼称が浸透するようになりました。

脱獄のメリット

脱獄を行ったiPhoneは、デザリングやSIMロックの解除といったことも自由にできるようになります。また壁紙、アイコン、サウンドなども自由に機能追加できるため、「iPhoneを自分好みのデザインにカスタマイズしたい!」と考える人達も多く挑戦する傾向があるのです。

脱獄のデメリット

当ページのテーマである「修理方法・修理先の制限」といったことも、脱獄によって生じる大きな問題のひとつです。また非公式アプリの中には悪意のあるウイルスやアプリも多く含まれていますので、間違ったものをダウンロードすることでデバイスの乗っ取りや動作不安定、破壊などが起こることも考えられるのです。すなわち、脱獄を行ったiPhoneは、正しい方法で使っている端末と比べて「遥かに壊れるリスクが高い」と考えて良いでしょう。

脱獄iPhoneはApple Storeやキャリア会社で修理不可能?

非公式アプリでも自由に入れられる脱獄状態のiPhoneは、Apple Storeや携帯キャリア会社での修理が難しい存在です。

補償サービスの対象外となる

脱獄を行ったiPhoneは、製品購入から1年以内であってもハードウェア製品限定保証が受けられなくなります。またdocomo、au、SoftBankといった携帯キャリア会社でも脱獄iPhoneを補償対象外としていますので、この作業を行うことで長きに渡って払い続けた月額料金が無駄になると考えた方が良いでしょう。購入後すぐに脱獄を考えているなら、「最初から補償サービスに加入しない」といった契約法もおすすめとなります。

有料であっても修理受付をしてもらえない

補償対象外となった脱獄iPhoneは、Apple Storeやキャリア会社に正規の修理料金を支払っても直してもらえない可能性が高いです。企業側でこうしたシビアな対応を行う背景には、「既にウイルス感染している脱獄iPhoneによって会社のサーバに支障が生じる可能性がある」といった理由もあると言われています。また中には、「iPhoneに勝手な手を加える」という意味で脱獄と改造を同じ位置付けにするという考え方もありますので、修理を断られる背景には法律なども関係していると捉えた方が良いでしょう。

脱獄iPhoneが壊れたらどこで修理をしてもらえば良いの?

脱獄iPhoneにも、修理対応のできる業者は存在しています。

脱獄iPhoneでも対応可能な業者の特徴とは?

脱獄iPhoneが壊れた時には、Apple Store、携帯キャリア会社、Apple正規サービスプロバイダ以外の「非正規のiPhone修理ショップ」に持ち込むしかありません。このような業者では、電波の質に影響を与えないバックパネル、ディスプレイ、フレーム、マイク、スピーカー、カメラ、操作ボタン、差込口といった「iPhoneの電波に影響のないパーツ」に限って修理交換を行っています。

非正規のショップで修理を行うメリット・デメリットとは?

業者間で競合をしている非正規ショップの中には、非常に安い価格で修理を行えるところも存在します。また近頃では、郵送修理や出張修理に対応するショップも増えていますので、店舗に持ち込む余裕のない人でも比較的簡単にiPhoneを直してもらえると考えて良いでしょう。

入獄すればApple Storeなどでも修理対応可能

脱獄iPhoneをどうしても正規の方法で修理を行いたいという人の中には、脱獄の反対とも言える「入獄」を行ってから、Apple Storeなどの正規店へ持ち込みをする方々も存在します。

入獄って何ですか?

入獄とは、脱獄状態のiPhoneを元に戻すことです。DFUモードにした端末をパソコンに繋ぎ、「iPhoneの復元」を行えば入獄完了となります。また中にはソフトウェアアップデートにより入獄できたと捉えるユーザもいるため、脱獄と同様にその方法や概念については複数の考え方があるようです。

入獄iPhoneの修理には諸説ある

入獄したiPhone修理の情報を調べてみると、「修理交換してもらえた」と同じだけ、「修理を受け付けてもらえなかった」という失敗談が存在することに気付かされます。またこういったユーザの中には、DFUモードを使わずに復元した方々もいるようですので、修理依頼に成功した人の方法をしっかりチェックした上で入獄作業を進めるようにしてください。

脱獄iPhoneの修理先選定に悩んだ時には?

脱獄したiPhoneを修理してくれる非正規ショップが見つけられない時には、地域、機種、修理形式、修理項目から業者探しができる最安修理ドットコムを使ってみてください。その名の通り安く修理のできる業者が集う当サイトは、補償サービス対象外となってしまう脱獄iPhoneであっても高額請求の不安なく利用できます。また保証期間についてもしっかり掲載していますので、非正規業者の利用が初めての皆さんでも安心して依頼ができることでしょう。

まとめ

デザイン面や機能面で魅力的な要素の詰まった脱獄も、修理先の選定といった意味ではさまざまなハードルが存在すると考えた方が良さそうです。また今回紹介した脱獄・入獄へのチャレンジは、完全自己責任とするサイトがほとんどとなりますので、Appleの管理下から逃れるということは、それだけ多くのリスクが伴うと捉えた方が良いと言えるでしょう。そんな脱獄iPhoneの修理で悩んだ時には、良心的な業者の集う当サイト・最安修理ドットコムの活用をおすすめします。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加