玄関の鍵交換にかかる費用相場は?賃貸での注意点や自分で交換する方法も

玄関の鍵交換にかかる費用相場は?賃貸での注意点や自分で交換する方法も

※当記事はアフィリエイト広告を含みます。

玄関の鍵交換にかかる費用ですが、15,000~50,000円が相場と言えます。少し高額に感じるかもしれませんが、鍵の種類や内容によって費用相場は前後しますよ。

また、自分で交換して費用を節約できる場合もありますし、賃貸の場合は管理会社や大家さんが負担してくれる可能性もあります。

この記事では、種類ごとの鍵交換費用相場や、自分で交換する方法・賃貸物件で鍵交換する場合の手順について解説します。

玄関以外で鍵交換を検討している方向けの記事もあるので、併せてご覧ください。

鍵交換の費用相場はどれくらい?

玄関ドアの鍵交換にも知識や技術が必要とされます。そのため、業者・鍵屋に鍵交換を依頼した際の相場は、15,000~50,000円と少し高額です。

ただし、種類や依頼方法などによって費用が変わります。ここでは、鍵交換費用の内訳や種類ごとの費用相場を紹介しますね。

鍵交換費用は「出張料+部品+工賃」

業者によって料金体系は異なりますが、「出張料+部品+工賃」という内訳が多いです。

例えばカギ110番の場合、出張費・作業費・部材費全て込みで12,100円から対応してくれますよ。

業者の中には、公式サイトに工賃のみの金額を掲載している場合もあります。ただその金額をうのみにするのではなく、最終的な金額まで確認しましょう。

無料で事前見積りを取ってくれる鍵交換業者も多いので、事前に確認するのがオススメです。

【種類別】鍵交換の費用相場

次に、鍵の種類ごとの交換費用相場を紹介します。

まずはどの鍵を使っていて、どんな鍵に交換したいのかを把握しておくことが大切です。

     
錠の種類費用相場防犯性時間
ピンシリンダー
ディスクシリンダー
10,000~20,000円低い5~15分
ディンプルキー15,000~30,000円高い15~30分
ロータリーディスクシリンダー10,000~30,000円高い5~15分
プッシュプル20,000~70,000円高い5~15分
インテグラル15,000~25,000円低い5~15分
引き戸錠
引き違い戸錠
15,000~20,000円低い5~15分
装飾錠35,000~75,000円低い要確認
電子錠30,000~100,000円高い30分~1時間
補助錠10,000円低い5~15分

ちなみに、鍵交換費用が安ければ防犯性は低く、防犯性が高ければ費用も高くなる傾向にありますよ。

ピンシリンダー・ディスクシリンダー

ピンシリンダー ディスクシリンダー
  • 相場:10,000~20,000円
  • 防犯性:低い
  • 時間:5~15分程度

一般的な住居やマンションなどでよく見かける鍵です。鍵の片側、もしくは両側がギザギザしており、「刻みキー」とも呼ばれています。

形状や複雑さに多少違いはありますが、相場価格は10,000~20,000円程度だと言われています。 シンプルなものだと5~30分程度の時間で鍵を交換できますよ。

しかし、ピッキングに弱く防犯性での不安はあります。

ディンプルキー

ディンプルキー
  • 相場:15,000~30,000円
  • 防犯性:高い
  • 時間:15~30分程度

鍵の表面に丸いくぼみがいくつもあるのが、「ディンプルキー」と呼ばれるものです。

ディスクシリンダーやピンシリンダーよりピッキングに強いことから、戸建てやマンションで普及し始め、現在では最も主流の鍵の1種です。

ディンプルキーは防犯性が高いこともあり、合鍵作製や鍵交換費用は他に比べて高めと言えますよ。ディンプルキーの鍵交換にかかる費用は15,000~30,000円程度で、15~30分程度で完了します。

ディンプルキーの鍵交換にかかる費用・時間について解説している記事もあるので、参考にしてくださいね。

ロータリーディスクシリンダー錠

ロータリーディスクシリンダー
  • 相場:10,000~30,000円
  • 防犯性:高い
  • 時間:5~15分程度

「ロータリーディスクシリンダー錠」とは、ディスクシリンダー錠を改良した後継の鍵です。仕組み自体はディスクシリンダー錠と一緒ですが、防犯性能が上がっていてピッキングに対応しています。

鍵の見た目はディスクシリンダーとあまり変わらず、「両方の側面がギザギザしている」タイプです。

交換費用も普通のディスクシリンダー錠よりは高く、10,000~30,000円になるでしょう。ただし、鍵交換は5~15分程度で対応してくれます。

プッシュプル錠

プッシュプル錠
  • 相場:20,000~70,000円
  • 防犯性:高い
  • 時間:5~15分程度

「プッシュプル錠」は、ハンドルを押し引きすることで開閉ができる錠前のことです。

気圧差でドアが開かなくなるのを防いでくれるほか、弱い力でも開け締めが可能なので、子どもや高齢者のいる家庭にはおすすめ。

ハンドルと上下の鍵が一体型になっているタイプが多く、ハンドルごとの交換が必要になります。必然的にシリンダー以外の部品代も必要になるため、高額になることも多いです。

おおよその費用相場は20,000~70,000円程度のようですが、ドアによって最終料金が大きく異なりますので注意しましょう。5~15分程度で交換可能です。

インテグラル錠

インテグラル錠
  • 相場:15,000~25,000円
  • 防犯性:低い
  • 時間:5~15分程度

施錠できるタイプのドアノブは、「インテグラル錠」と呼ばれます。ハンドルの中央にシリンダーが内蔵されているのが特徴。

そのため、インテグラル錠の鍵交換の場合はドアノブごとの交換が必要です。交換にかかる費用相場は15,000~25,000円程度で、5~15分程度で交換可能ですよ。

引き戸錠・引き違い戸錠

引き戸錠 引き違い戸錠
  • 相場:15,000~20,000円
  • 防犯性:低い
  • 時間:5~15分程度

レールや溝に沿ってスライドし開け閉めする戸のことを「引き戸」と言います。引き戸には、戸の先に錠を設置するタイプの引き戸錠と、2枚の引き戸の中心に設置する引違戸錠がありますよ。

交換箇所によって取り付けられる部品が異なりますので、扉にあった部品を選びましょう。費用相場は15,000~20,000円ほどで、5~15分で交換できます。

装飾錠

装飾錠
  • 相場:35,000~75,000円
  • 防犯性:低い
  • 時間:要確認

「装飾錠」とは、親指でツマミを押しながら開ける、特徴的な掘り込みがある錠のことを言います。

ツマミを押すと「ラッチボルト」と呼ばれる仮締めが中に引っ込むため開錠できますよ。

豪華な印象を与えてくれますが、現在は多くの製品自体が廃盤になっており、交換する際は代替製品を取り付けることが多いようです。

ドアにもよるため、費用相場も35,000~75,000円で幅広いです。交換にかかる時間も業者・鍵屋に確認してみましょう。

電子錠(カードキー・暗証番号錠など)

電子錠 カードキー 暗証番号錠
  • 相場:30,000~100,000円以上
  • 防犯性:高い
  • 時間:30分~1時間程度

電子の力を使ってドアを施解錠できる、錠前システムのことです。カードキーをかざすタイプや、暗証番号を入力するタイプなどがあります。

交換するには大がかりな工事が必要なこともあり、他の鍵と比較すると交換費用が高額になりやすいです。

費用相場としては30,000~100,000円ですが、ドアやカードキーの種類次第では相場を超えることもあります。交換にかかる時間も30分~1時間程度と幅があるので、事前に確認してみましょう。

また、電気の配線工事が必要な場合、電気工事士の資格が必要となるため、対応できない業者もいますよ。

補助錠

補助錠
  • 相場:10,000円
  • 防犯性:低い
  • 時間:5~15分程度

「マンションや賃貸などに住んでいて、鍵を勝手に交換できないけど防犯性を高めたい」という方には「補助錠」を使うのがおすすめです。

もともと付いている鍵はそのままに二重で鍵のロックをかけ、防犯性を高める効果が期待できます。

補助錠自体はホームセンターなどで安く売っていますので、技術料や出張料を入れても10,000円前後といったところでしょう。

作業も5~15分ほどで完了します。

カギ110番

玄関の鍵交換をすべきケースは?

玄関の鍵交換を検討するタイミングとして、以下の4つが挙げられます。

  • 鍵を無くしてしまった場合
  • 鍵が回りにくい場合
  • 防犯性を上げたい場合
  • 鍵の機能性を上げたい場合

それぞれについて解説していきます。

鍵を無くしてしまった場合

家の中に合鍵があったり、家族が合鍵を持っていたりする場合、鍵開けだけで大丈夫かと思うかもしれません。

しかし、鍵を拾った人に家が特定されており、悪用される可能性はあります。

鍵の形状や刻印されている情報だけで家がバレることは基本的にありません。ただし、落とした場面を見られていたり、身分証明書と一緒に落としてしまったりする場合は例外です。

また、賃貸の場合は借主の負担になることが多いので、結局鍵交換の費用はかかります。

悪用される可能性におびえるくらいなら、鍵開けと同時に鍵交換も行うようにしましょう。

鍵をなくした時にすべき対処法について解説している記事もあるので、緊急時に対応できるよう目を通しておくとよいかもしれません。

鍵が回りにくい場合

日常的に使用する鍵は、経年劣化もしやすいです。鍵の寿命は10年程度と言われていますが、使用状況によって異なります。

鍵がスムーズに回らなくなったら、寿命が近いサインかもしれません。そのうち回らなくなり鍵を開けられなくなってしまう可能性もあるため、早めに鍵交換するのがオススメですよ。

鍵が回らないときに自分でできる対処法・やってはいけないこともあるので、事前に把握しておきましょう。

防犯性を上げたい場合

鍵の種類によって防犯性は大きく異なります。

例えば、かつて主流だったピンシリンダー錠やディスクシリンダー錠は、ピッキングに弱く被害が多発しました。

極論を言えば、ピッキングにより開けられない鍵はほぼありません。しかし、開錠に5分以上かかると空き巣の約7割が諦めると言います。

耐ピッキング性能が高い鍵を選ぶことで、十分に家のセキュリティを高められますよ。

ディンプルキーや電子錠といった防犯性の高い鍵はもちろん、「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」にて定められた「CP認定」されている鍵に交換するのがオススメです。

出典:警察庁警察庁

鍵の機能性を上げたい場合

鍵交換は防犯性を高めるだけでなく、鍵の機能性を上げられます。

例えば、スマートフォンが鍵代わりになる「スマートロック」や、暗証番号を入力したりカードキーをワンタッチするだけで解錠できる電子錠もあります。

鍵自体を無くす可能性を減らせるだけでなく、簡単に解錠できるようになりますよ。

鍵交換は自分でできるの?

節約のために、自分で鍵交換する方法を知りたい方も多いのではないでしょうか?

結論、玄関の鍵交換は自分でもできます。ただし、失敗する可能性もあるので注意しましょう。

また賃貸の鍵交換をする場合、トラブルを防ぐためにも管理会社や大家さんへの事前連絡を忘れないようにしましょう。

自分で鍵交換する場合の費用相場

部品・工具の費用のみなので、鍵の交換業者に依頼するよりも安く済みます。

鍵の種類によりますが、例えばディンプルキーであれば本体価格は3,000~20,000円程度です。

業者に依頼した際、この金額に出張費や工賃などが足されるため、大幅に節約できますよ。

鍵交換を自分でする方法・手順

ここでは、自分で鍵交換をする手順をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

  1. ドアの錠箱から鍵型を特定する
  2. 鍵の部品・工具を用意する
  3. 鍵を交換する

手順1.ドアの錠箱から鍵型を特定する

正しいサイズの錠前を購入するためにも、まずはドアの規格を正確に測ることが必要です。測ったサイズをメモしておいて、錠前購入前に確認しましょう。

実際に測る部分は「ドアの厚さ」「バックセット」「フロントプレート」「ビスピッチ」の4箇所です。

  • ドアの厚さ
    →ドアが内側から外側までの分厚さ
  • フロントプレート
    →ドアを開いたときに側面についている金属のプレート
  • ビスピッチ
    →フロントプレートを固定しているビス(ネジ)の距離
  • バックセット
    →ドアノブを取り付けている部分の中心から、フロントプレート側の側面までの距離

手順2.鍵の部品・工具を用意する

鍵交換に必要な工具は、「プラスドライバー」「マイナスドライバー」「メジャー」だけです。時間を早めたいなら、電動ドライバーがあるとより安心ですよ。

鍵交換に使う部品はホームセンターでも購入できますし、メーカーの公式サイトでも注文可能ですよ。

手順3.鍵を交換する

最後に鍵交換作業になります。以下の手順で作業してきましょう。

  1. フロントプレートを外す
  2. シリンダーを外す
  3. 新しいシリンダーを取り付ける
  4. 動作を確認する

自分で鍵交換をする手順については、こちらの記事で解説しています。参考にしてくださいね。

確実に鍵交換をしたいなら業者に依頼しよう

自分で鍵交換をするのは、費用の節約にはなるもののリスクが伴います。

例えば鍵交換に失敗した場合、再度交換するまでの防犯性が下がります。場合によっては閉じ込められてしまう可能性も。

また、鍵やドアを傷つけてしまった場合、鍵交換以上の修理費用がかかる可能性がありますよ。確実に費用を節約したいのであれば、始めから業者に依頼するのがオススメです。

しかし、業者選びにも注意を払う必要があります。なぜなら、鍵交換の質が低かったり、交換費用をぼったくられたりする可能性もあるためです。

そんな悪徳業者に引っかからないよう、鍵交換業者の選び方にも注意を払いましょう。確認すべきポイントは以下の4点です。

  1. 料金がわかりやすいか
  2. 保証やアフターサービスがあるか
  3. レビューを確認する
  4. きちんとした公式サイトがあるか

料金については事前に見積りを取ってくれる業者も多いので、確認しておきましょう。

悪徳業者を見分ける鍵業者の選び方については、こちらの記事でも紹介しています。併せてご覧ください。

鍵交換を依頼する時のオススメ業者3選!

鍵交換を依頼する時は、以下3つの業者がおすすめです。各業者の特徴や費用感もまとめたので、参考にしてください。

鍵猿

鍵猿

出典:鍵猿

鍵猿は、年間依頼実績10万件以上の実績がある業者です。TVでも数多く紹介されていることに加え、官公庁との直接取引を許可された数少ない鍵業者でもあります。

技術力はもちろんのこと、作業後に1年間のダブル保証(工事&商品)も付帯されます。思わぬトラブルでも安心です。

鍵交換にかかる費用

見積り・出張にかかる費用は無料で、料金体系は作業料+部材費です。

サイトを見た人限定の1,000円OFFクーポンもあるので、電話時には忘れずに「クーポン利用」と伝えましょう。

\最短15分で駆けつけ/

【鍵猿】
無料見積りはこちら

鍵猿の評判・口コミについてまとめている記事もあるので、併せてご覧ください。

カギ110番

カギ110番

出典:カギ110番

「オススメの業者を知りたい」「鍵交換業者を選ぶのが面倒…」という方は、全国対応&年中無休で対応しているカギ110番がオススメです。

最短5分で駆けつけて鍵交換に対応してくれる早さが最大の強み。24時間対応してくれるため、急なトラブルでも安心ですよ。

累計お問い合わせ件数も500万件以上あり、お客様満足度も98%を達成しているため、経験・技術共に信頼できます。

無料で事前見積りしてくれるため、鍵交換にかかる費用もわかりやすく初めてでも安心できますよ。

鍵交換にかかる費用

カギ110番では、「出張費+作業費+部材費」のコミコミ価格で料金を掲載しています。玄関の鍵交換の場合、12,000円~から対応してくれますよ。

ただし、鍵の種類や状況によって金額は変わるため、電話またはWEBにて事前見積りをしてもらうのがオススメです。

\24時間365日全国受付対応中/

【カギ110番】
無料見積りはこちら

カギ110番の口コミや評判をまとめて紹介している記事もあるので、こちらも参考に検討してみてください。

鍵の救急サポートセンター

鍵の救急サポートセンター

出典:鍵の救急サポートセンター

年中無休の頼れる鍵交換業者「鍵の救急サポートセンター」。確かな技術でお客様満足度96.8%という実績を誇ります。

防犯対策などの専門知識を持つ「防犯設備士」が多く在籍しており、防犯に関する相談にも乗ってくれます。

電話相談や現地見積りを無料で対応してくれるため、業者に依頼するのが初めてといった方におすすめ。

キャンセル料がかからないだけでなく、追加料金や不明瞭な請求は一切ないのも安心ポイントです。

鍵交換にかかる費用

鍵の救急サポートセンターでは、「11,000円~+材料費」の価格で料金を掲載しています。

ただし、鍵の種類や状況によって金額は変わるため、WEBや現地で見積りをしてもらうのがオススメです。

実際に利用した人の意見を参考にしたいという方は、鍵の救急サポートセンターの評判・口コミも参考にしてくださいね。

賃貸マンションで鍵交換する手順

賃貸物件の鍵交換をする際は注意が必要です。

なぜなら、鍵も物件を管理している会社や大家さんの所有物に含まれるためです。そのため、賃貸の鍵を勝手に交換してしまうとトラブルに発展してしまう場合があります。

賃貸のマンションで鍵交換をしたいのであれば、以下の手順を踏むようにしましょう。

手順1.管理会社・大家さんに連絡する

まずは、必ず管理会社や大家さんに鍵交換をしたい旨を伝えましょう。

併せて、鍵交換したい背景や交換したい鍵の種類についても伝えてください。場合によっては断られてしまいますが、従うようにしましょう。

もし賃貸の鍵を紛失した場合は、管理会社・大家さんに連絡した上で警察に遺失届を提出しましょう。。

手順2.鍵交換を業者に依頼する

鍵交換の許可が下りたら、業者・鍵屋に依頼しましょう。

賃貸で契約している業者を指定される場合もあるので、指示に従うようにしてください。

ちなみに、借主(入居者)の過失ではない場合は、家主が交換費用を負担してくれることが多いですよ。

賃貸物件の鍵交換をすべきタイミングや注意点について紹介している記事もあるので、参考にしてくださいね。

鍵交換に関するよくある質問

最後に、鍵交換についてよくある質問をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

ホームセンターで鍵交換はできる?

結論からいうとホームセンターで鍵交換の依頼はできません。鍵交換の場合はどうしても自宅に向かう必要がありますが、ホームセンターではそういった出張サービスには対応していないためです。

ただし、鍵交換に必要となるシリンダー等の部品を販売している店舗や、合鍵の作製に対応している店舗は多いです。

ホームセンターで購入した部品で自分を使い玄関の鍵交換できるので、「費用を安く抑えたい」「DIYが得意」という方は検討してみましょう。

鍵交換以外で防犯性を上げる方法はある?

防犯性を上げる方法は、鍵交換だけではありません。

例えば1つドアに2つの鍵を付けることで、防犯性は上がります。これを「ワンドアツーロック」や「二重ロック」などと言います。

簡易的な補助錠を取り付けるだけでも可能なため、鍵交換よりも費用を抑えられるかもしれません。

防犯性の高いおすすめの鍵は?

最もおすすめなのはディンプルキーです。

ディンプルキーはシリンダーを使う錠としては最も防犯性が高く、ピッキングはほぼ不可能です。その分交換費用は他の鍵に比べてやや高めですが、電子錠ほどはかかりません。

防犯性が高く、鍵交換費用も抑えたいという方はロータリーディスクシリンダーがおすすめです。ディスクシリンダーの後継機種で防犯性が向上していますが、ディンプルキーよりは安価に交換できますよ。

鍵交換の費用・交換方法まとめ

今回の記事では鍵の交換費用の相場や、交換作業についての説明をしました。

防犯性は費用に比例することがポイントです。自分の安全に関わることですので、予算と相談しながら考えたいですね。

業者・鍵屋に依頼する場合は見積りをもらい比較して依頼するようにしましょう。 提示された金額に納得できる業者選びを行うようにすること、少しでもおかしいなと感じることがあれば、その業者に依頼するのはやめてください。

納得した業者にだけ依頼をするようにしましょう。

※特記以外すべて税込み価格です。

カシモWiMAX

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加