iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

【保存版】鍵の交換費用相場を徹底的に調べてみた

家の鍵を交換する機会って意外とありますよね。玄関の鍵や部屋の鍵、金庫の鍵、倉庫の鍵など鍵といっても幅広く、業者に依頼をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

またあなたがマンションを貸し出すことになり、鍵を新しいものに交換することになったなど、生活の基盤に鍵は必ずついているものですよね。

鍵の交換を依頼する時に気になるのは、どのぐらいの費用がかかるのか?ということではないでしょうか。必要経費とはいっても、できるだけ鍵の交換代を安く済ませられるにこしたことはありません。鍵の交換費用の相場について徹底的に調べてみましたので、迷っている方は是非参考にしてみてください。高い業者に依頼してしまい、後で後悔したり損をするのを防ぐことにも繋がりますよ。

鍵の交換とは?

鍵を交換する時は必ず何かしらの理由がありますよね。例えば防犯性を高めたい時や鍵の紛失や故障によっても交換が必要になるケースもありますね。

鍵を交換せずそのままにしておくと防犯面に不安が残りますし、鍵として正しく使えないのでは意味がありません。少しでも不具合を感じた時には、早めに見直しておくことをおすすめします。

鍵の種類によって建物やドアとの相性もあるため、まずは自分の家にはどんな鍵が合っているのかを知る必要があります。鍵は家の防犯性を決める重要なポイントでもありますので、防犯性や被害に合う可能性の低いものを選ぶようにしましょう。

一般的な鍵の交換費用の相場は?

鍵の交換費用相場は、鍵の種類によっても変わります。大まかにはなりますが、鍵の種類毎にかかる費用の違いについて比較していきましょう。まずはどの鍵を使っていて、どんな鍵に交換したいのかを把握しておくことが大切です。

1.一般的な鍵

例えば一般的な住居やマンションなどでよく見かける鍵(ディスクシリンダーキー・ウェーハーシリンダーキーなど)は、多少の形状や複雑さに違いがあっても相場価格は10,000円~15,000円程度だと言われています。

シンプルなものだと5分~10分程度の時間で鍵を交換することができますし、なかには自分で交換してしまう人もいますね。業者によっては相場よりも安い費用で交換しているところもあるなど、意外と価格に差がある鍵でもあります。

2.カードキー

会社やビジネスホテルなどで見かけるのが、カードキーと呼ばれるものです。ドアに設置されている機械にカードをかざして解錠や施錠を行います。カードを紛失するとすぐに作り直せないデメリットはありますが、鍵の犯罪で多いピッキング対策に適しています。

近頃は自宅でもカードキーを使う方が増えています。鍵の交換費用は10,000円~15,000円程度だと言われています。

3.ディンプルキー

分譲マンションなどで見かける、鍵の表面にくぼみがあるのが「ディンプルキー」と呼ばれるものです。オートロックなどで使われるもので、鍵を差し込まなくても自動で鍵を解錠してくれるのでとても便利です。

ディンプルキーは紛失時や合鍵を作製する時に高額なお金がかかります。鍵の交換費用は15,000円~20,000程度となり、他の鍵よりも費用が高くなってしまいます。主に管理会社が管理していることが多く、個人で勝手に作成できないようになっていることも多いようです。紛失時や合鍵を作るのにどのぐらいの費用がかかるのか、事前に確認しておくと安心です。

4.その他

鍵と一言でいっても、これだけ交換費用に差が出てきます。他にも引き戸タイプの鍵を交換する時は6,000円~10,000円前後、錠前交換の場合は10,000円~35,000円程度、ドアノブの交換の場合は10,000円~15,000円前後となります。同じ鍵のタイプでも、種類によって数万円の違いが出てしまうこともあります。

5.補助錠

マンションや賃貸などに住んでいて鍵を勝手に交換することはできないものの、防犯面を強化したいなら「補助錠」などを使う方が多いのではないでしょうか。もともと付いている鍵はそのままに二重で鍵のロックをかけたり、防犯性を高める効果が期待できます。

補助錠自体はホームセンターなどで安価な価格で売っていますので、技術料や出張料を入れても10,000円前後といったところでしょう。

悪徳業者に注意

この相場よりも明らかに高い費用を請求してくるような業者は絶対に止めましょう。鍵の交換業者として正しい営業を行っているところもあれば、なかには違法な営業を行っている業者もあります。悪徳業者を利用すると第二の被害につながることもあるので、くれぐれも注意して業者を選定するようにしましょう。

特殊な鍵の交換費用は高額になることも

防犯性の高さを重視するのであれば「指紋認証キー」や「暗証番号キー」などもありますよね。これらは一般的な鍵とは違う形状でできていることから特殊な鍵に分類されます。

指紋認証キー

指紋認証キーは、指紋を事前に登録し、それを指定の位置にかざすだけで解錠できる鍵です。登録している人のみしか入ることができなかったり、精度によってはなかなか指紋を認証してくれないなどの使い勝手の悪さを感じることもありますが、指紋で解錠・施錠ができる分ピッキング対策にも強く、防犯面においてこれ以上の安全性はありません。

暗証番号キー

暗証番号キーは、簡易的な4桁から8桁以上の暗証番号を設定することもできます。暗証番号を知らないと解錠できないため防犯性も高くなりますよね。こういった特殊キーは交換費用を調べても、どの業者も公表しない場合が多いようです。

特殊キー交換時の相場価格

目安として指紋認証キーは150,000円~、暗証番号は30,000円~となります。これに技術料や出張費などもかかるので、他の鍵よりもいかに高額な費用になるのかがわかりますね。こういった特殊キーは専門的な技術や知識が必要になりますので、自分で取付けるのはおすすめしません。

間違えた取り付け方をしてしまうと鍵として正しい機能を果たせず、どんなに防犯性の高いものでも意味がなくなってしまうのです。防犯面に特化した鍵にするとどうしてもその管理費が高額になってしまうこともあるので、比較した上でどちらがいいのか検討したいものですね

鍵の交換費用に含まれるものは?

業者によって鍵の交換費用に含まれるサービス内容は異なります。技術料+出張費だけを請求している場合もあれば、鍵本体や鍵穴(シリンダー)を含めた費用にしていることもあります。事前に鍵を自分で用意して取り付けてもらうだけなら費用を安く抑えることもできます。

事前に見積りを確認しよう

一般的な鍵であれば交換費用が安くなることもありますが、デザインにこだわりのある特注品など、部品がなかなか手に入らないものになると交換費が高くなることもあり注意が必要です。

また技術料や出張費も業者によって価格に差があるので一概にいくらとはいえませんし、出張費は2,000円~7,000円程度と大きく異なります。事前に見積りをもらい、その中でなににどのぐらいの費用がかかっているのか確認するようにしておきましょう。

見積り金額の明細もチェックが必要

なかには「一式」などと、具体的ではないわかりにくい表現の見積りもありますが、それでは正しい金額がわかりませんので、必ず明細を出してもらうようにしましょう。明細を確認せずに交換が行われてしまうと、見積もりの内容に承認したことになり、後からおかしな点を指摘しても対応してくれないなど、トラブルになってしまうこともあります。

また、相場以上の高額な費用を請求してくる業者もいます。請求金額が相場以上であるのを知らないと、言われるままに支払ってしまう可能性も十分にあります。見積もりは複数の業者から取るようにして、費用の内訳を理解した上で依頼するようにしてくださいね。

自分で鍵を交換する場合の費用

鍵を交換する費用を少しでも安く抑えたいのであれば、業者に依頼するよりも自分で交換してしまったほうが安くできます。自分で行う場合、まず必要になるのは交換する鍵ですよね。あなたの家に該当する鍵を選ばないとせっかく買ったのに取り付けができず、返品もできないので無駄になってしまったなんて声も聞きます。

取り付けるには工具も必要

鍵は開封してしまうと防犯面のこともあり交換も難しいので、購入前にその鍵の取り付けができるのかをしっかりと下調べするのをおすすめします。知り合いに業者の人や工務店などの人がいれば聞いてしまった方が安全です。

鍵の購入費用は選ぶものによって全く違いますよね。またその鍵を取付ける工具も揃える必要があります。電気ドリルやホイールなどの部品を揃えるのに安いもので5,000円程度の費用がかかります。

専門業者に頼むのが安心

今後も自分で変える予定や他の作業に使うのであればあってもいいかもしれませんが、そうでない場合はわざわざ購入しても無駄になる可能性もあります。自分で鍵を交換する場合も一から揃えるとなると意外と8,000円以上の費用がかかることになります。業者に依頼した方がお得になる場合もありますし、今後を考えて覚えておきたいという人以外はあまりおすすめしません。

自分で鍵の交換をするのも一概に安いかどうか?といわれると決してそんなことはないのかもしれません。また実際に鍵の交換をしようと開けてみたら中が錆だらけで作業ができなかったということもありますので、何か起こるか分からないことを考えると専門的な知識を持っている人以外は少し難しいかもしれません。

鍵の交換費用を抑えるには?

鍵の交換費用の相場について説明しましたが、いかがでしょうか?意外と高いな…と思った方も多いのではないでしょうか。交換費用だけでなく実際に鍵を準備する費用もかかると考えると意外と高額ですよね。

費用と比例する防犯性

例えば鍵のシリンダー部分だけを簡単に交換するのであれば3000円~5000円程度の費用になります。決して高いものではありませんよね。

ただし、機能性の高い鍵に交換したり防犯性を配慮したものになると高額になり、10,000円前後の費用を見ておいた方が安心です。ディンプルキーやカードキーなどは防犯性も高いものではありますが、取付に技術が必要になるのでどうしても取付費が高くなってしまいがちです。

鍵の費用を高くすればするほど防犯性も高くなり、交換費用を抑えようとすればするほど防犯性が低くなってしまいます。またインターネットなどで鍵の費用が安く抑えて購入できるお店もあれば、店舗型のお店で鍵の購入と取付費でセット価格でお得な場合もあります。

繁忙期を避けて価格交渉に挑戦してみるのもあり

鍵は一度交換すると頻繁に変えるものではないので、多少の費用はかかっても安心して生活できる鍵にしておいたほうが安心です。鍵の費用を抑えるにはある程度の限度がありますので、費用面と防犯面のどちらを優先するか、しっかりと検討した上で後悔のない鍵交換を行いたいものですね。

また鍵の交換依頼が多いのは引越しや移動などの多い春先の季節になりますので、この時期を外した季節であれば交渉次第によっては費用を抑えることもできます。提示された金額をすぐに鵜呑みにするのではなく、合わせて交換をお願いするので割引できませんか?などと交渉するのも一つの方法でしょう。

まとめ

鍵の交換費用の相場について説明しました。高いと感じたか?安いと感じたかは、人それぞれによって異なるのではないでしょうか。

業者に依頼すると技術料や出張料が主に上乗せされる金額になりますので、それがどのぐらいの費用になるのかしっかりと見積りをもらい比較して依頼するようにしましょう。

なかには出張料だけで10,000円近く取るような業者もいますので、あまり遠方の業者に依頼するのはおすすめしません。提示された金額に納得できる業者選びを行うようにすること、少しでもおかしいなと感じることがあればその業者に依頼するのは留まった方がいいでしょう。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加