オートロックに閉め出された!深夜でも慌てない対処法と対策を紹介

オートロックに閉め出された!深夜でも慌てない対処法と対策を紹介

近所で買い物をしたりゴミを出したりした際に、締め出されてしまったという経験がある人も多いのではないでしょうか。
オートロックはセキュリティも高く便利ですが、そのぶん鍵に関するトラブルも発生しやすいです。
特に深夜でトラブルが発生してしまうと大変ですよね。
実際にそんな局面になってしまった時に慌てることがないよう、ここでは対処法や対策を紹介していきます。

オートロックに締め出された時の対処法

ここでは、オートロックに締め出された場合の具体的な対処法を、いくつかパターンごとに紹介していきます。

ただし、大前提として鍵が開けられない場合は、マンションの管理会社に連絡するのが最も確実です。
管理人が常駐しているマンションであれば、管理人に連絡をとってみるのもいいでしょう。
連絡さえつけば、スペアキーやマスターキーなどを使って開けてくれる可能性があります。

鍵屋に依頼する場合も、個人からの依頼でエントランスなどの共用部分の鍵開けはできませんので注意してください。
個室の鍵開けはできるようですが、オートロックの解錠が必要な方は、必ず管理会社か大家に連絡を取り鍵屋を手配して貰いましょう。

また初歩的なことですが、管理会社に連絡する前に本当に鍵を忘れてきたのかをよく思い出しましょう。
もしかしたら持ってきたけど、近くに落としているということもあるかもしれません。
鍵をなくした時にどこを探せばいいかについても紹介しているので、参考にしてくださいね。

鍵を持たず締め出された場合

鍵を持たずに家を出てしまい、オートロックに締め出された時の対処法を紹介していきます。

サポートサービスに連絡する

部屋を借りるときにサポートサービスに加入したのであれば、24時間体制で対応をしてくれることが多いです。
ただし、サポートサービス会社が合鍵を持っていない場合もあるようなので、よく確認しましょう。
その場合、結局のところ管理会社へ連絡が行くことになりますが、一般回線より繋がる可能性があります。

他の人が帰ってくるのを待つ

他の住人が帰ってくるのを待ち、その人がオートロックを解除して入るのを待つのも無難な方法です。
閉め出されたのが日中であれば、多くの住人が行き帰りする可能性も高く有効な手法と言えます。

ただし、同じマンションの住人とはいえ、黙ってついて来られると不気味がられる場合もあるので、できれば声をかけて事情を説明し了承を得るのが理想的かもしれません。
このとき、免許証などマンション名と部屋番号が記載された身分証明書を持っているのであれば、提示することでより信用を得られるでしょう。

同居人などの鍵を持っている人に連絡する

これは同居人等がいる場合のみ使える方法です。
同居人であれば当然家の鍵を持っているので、鍵を受け取るなり内側から開けてもらえます。
同居してなくとも、同じマンション内に知り合いがいるようならば、その人に連絡をして開けてもらえるかもしれません。

もし両親が近くに住んでいて仲が良いのであれば鍵を紛失した時や忘れた時のために、事前に預けておくとこういった時に安心です。

鍵修理業者に連絡

費用はかかってもいいから鍵を開けて欲しい人の場合は、カギ110番や鍵の110番などの業者に連絡して開けてもらいましょう。
どんな鍵のトラブルでも形状でもすぐにかけつけて対応してくれるのですが、その分夜中だと料金が高いのでできるだけ頼りたくないというのが本音ではありますよね。
日頃からこういった急な時に対応してくれるような業者を探しておくと何かと便利ですよ。

日本全国に加盟店があり駆け付け対応してくれるカギ110番も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
ただし、先述したようにマンションの共用部分の解錠には「必ず」管理会社に連絡を入れなければなりません。
管理会社に了承を取って業者依頼の許可が出た場合のみ連絡しましょう。

オートロックが故障している場合

次に、オートロックが故障している場合の対処法を紹介していきます。

手動モードになっていないか確認する。

よくあるケースが、意図的に電源が切られていて「自動」で開かなくなっているだけという場合です。
理由はさまざまですが、引越し作業などでオートロックを開放状態にするために電源スイッチを切った後で、スイッチを元に戻し忘れた場合などが考えられます。
この場合はドア自体に手を掛けて動かしてみてください。
力をかけなくともドアが開く場合は「手動」になっているだけの可能性があるので、そのまま出入りできるかもしれません。

異物が挟まってないか確認する

レールの溝に異物が挟まっていて、閉まろうとしても閉まり切らないケースがあります。
この場合は異物を取り除いて、一度閉めれば復旧できることが多いです。

管理会社に連絡して鍵業者を呼ぶ

上記以外の故障原因の場合、業者を呼ばないと対応できない可能性があります。
特に、センサーの故障やオートロックを動かす駆動部分の故障の場合などは、メーカーに点検修理を依頼しなければ復旧できません。
管理会社が費用を負担してくれるはずなので、速やかに管理会社に連絡しましょう。

鍵が壊れてしまった場合

鍵はあるのに差し込んでも鍵が開かず、途方にくれてしまうこともあるはずです。
まずは一度冷静になり、この場合はどんな解決策があるのか確認しましょう。

鍵が抜けなくなってしまった場合

鍵穴に鍵を挿したら、鍵は挿さったけれど抜けなくなるというパターンです。
多少のことならガチャガチャと鍵を動かしたら抜けることもありますが、力ずくで引き抜こうとすると鍵に傷が付くことだけでなく、シリンダーを完全に壊してしまう可能性があります。
鍵専用の潤滑スプレーがあれば、それをシリンダーに噴射すると滑りが良くなって抜ける場合が多いです。
管理員室に備えていることもあるので、まずは管理室に聞いてみましょう。

なお、「クレ556」のような潤滑剤はシリンダーには決して使わないようにしましょう。
クレ556は石油系溶剤を含んだ潤滑油です。
オイルのベトつきがホコリなどを固着させてしまい、逆効果になるからです。
必ず「鍵専用」の潤滑スプレーを使いましょう。

鍵が折れてしまった場合

鍵折れトラブルは意外にも、そこまで珍しいことではありません。
無理に自力で折れた鍵をほじくり出そうとはせず、管理会社にきちんと事情を説明しましょう。
折れた鍵の引き抜き作業が終わるまで、他の住人もオートロックを使えなくなってしまうので、そういった対応も含めてしてくれるはずです。

夜中に締め出されたしまった場合

管理会社や管理人は対応時間が平日の日中のみという場合が多く、夜間や週末などは営業時間外のため対応してくれない可能性があります。
管理会社によっては、時間外の対応先を契約書やエントランス近くなどに記載している場合もあるようなのでしっかりと確認しましょう。
また次の日までどうしても夜を明かさなければいけない時は、エントランスで待つのではなく大人しくネットカフェなどに移動しましょう。

そして何度も記載していますが、共用部分の解錠は一住居人では依頼できないので、管理会社に断りなく勝手に依頼しないように注意してください。

閉め出されてしまった場合でもやってはいけないこと

急に閉め出されてしまうとパニックになってしまうかもしれません。
ただし勢いに任せて行動すると、犯罪行為になってしまうこともあります。
下記のような行動は避けましょう。

柱や壁をよじ登り建物に侵入

マンションでも下の階であれば、柱や壁を利用してベランダから部屋に入れるかもしれません。
しかし、このような行動は避けましょう。
下手をするとマンションの住人や通行人から不審者と勘違いされ、通報される恐れがあります。
通報されなかったとしても、防犯カメラの映像により、後から問題になることも考えられます。

むやみに近所のインターホンを押す

手当たり次第に他の部屋のインターホンを鳴らして開けてもらうというのは絶対に避けましょう。
いきなりインターホンを鳴らされた人の多くは、あなたのことを知らないので「住人だと偽って建物内に侵入しようとしてる人かもしれない」と思うでしょう。
特に深夜の時間帯であれば、インターホンを鳴らすこと自体がマナー違反です。
いくら閉め出されたというやむを得ない事情があったとしても、非常識な行動は避けましょう。

非常用解錠ボタンを押す

マンションによっては、オートロックのドア周辺に「非常開錠ボタン」が設置されていることがあります。
しかし、このボタンは地震や火事などの非常時、オートロックが開かなくなった際に使うものです。
こちらのボタンを押すと警報音がマンション内に鳴り響き、さらに非常開錠ボタンが警備会社のシステムと連動している場合は、警備員が出動して大ごとになるかもしれません。
警備会社から「緊急出動代」を請求される可能性もありますし、警報音自体が非常に近所迷惑になります。
住人が閉め出されたときに使用するものではないので、このボタンを気軽に押さないようにしましょう。

管理会社に許可を取って日本全国対応のカギ110番に相談する

カギ110番

カギ110番は日本全国に加盟店があり、エリア内のスタッフが最速5分で駆け付けます。
もちろん深夜・早朝でも。
また、さまざまな鍵のトラブルに対応!
玄関や車の開錠から、カギ作成、金庫の開錠だけでなく、他の鍵屋では対応できないような鍵でもOK。

確かな技術を持った鍵のプロが対応するので、どんなお悩みでも解決します。
もし鍵が開かなければ施工料は原則0円なので安心して相談できるのがポイント。

24時間365日全国受付対応中!
\通話料無料!鍵修理をすぐ相談/

0120-352-050

point!
  • 低料金で安心!キャンセル料0円
  • 1日の相談実績 約450件以上
  • お客様満足度98%

料金一例

  • 玄関の鍵開け 8,800円~
  • 車の鍵開け 9,900円~
  • 金庫の鍵開け 8,800円~
  • スーツケースの鍵開け 8,800円~

鍵開け以外にも鍵交換や鍵修理、鍵作成、鍵取付など鍵に関するトラブルに対応します。
料金は出張費+作業費+部材費のコミコミ価格なので安心!

鍵開けサービスの流れ

  1. まずはフリーダイヤルで相談
  2. 最短5分で到着
  3. 作業時間最短5分
24時間365日全国受付対応中!
\通話料無料!鍵修理をすぐ相談/

0120-352-050

サービスについて詳しく知りたい方、お問い合わせフォームから無料相談したい方はカギ110番相談窓口からどうぞ。

オートロックで締め出されないための対策

事前にできる予防策はしっかりと打っておきたいものです。

そのためにできる対策方法を紹介します。

スペアキーを準備する

スペアキーを準備するのは必須です。
信用できる家族や友だちに預けておくのもいいですし、職場にスペアキーを置いておけばいざという時でも安心です。

スペアキーは予備の分ではなく、鍵屋さんなどで使ってもらったものを使うようにしましょう。
万が一なくしてしまった時に大事になってしまうので注意してくださいね。

定期的なメンテナンス確認をする

鍵の故障によって家に入れなくなってしまうのは、できれば避けたいものですよね。
共用エントランスは毎日何度も使われる部分のため、そのぶん故障のリスクも高いです。
日頃から少しでもおかしいなと感じる部分があれば大家さんや管理会社に問い合わせをしておくことで、トラブルを回避できるかもしれませんよ。

急な時に対応してもらえる業者探し

管理会社に許可をとった後、自分で鍵業者を探すことになるかもしれません。
急な時に頼れる業者を事前に探しておけば安心してお願いできますよね。

業者の中には悪質な場合もありますので、できるなら実店舗を持っているお店で、合鍵の作成など簡単なもので一度お世話になっているとより安心してお願いできます。
業者と顔見知りになっておけば、融通もきかせてもらえますし何かと便利ですよ。
日本全国に加盟店があり駆け付け対応してくれるカギ110番なら通話料無料で相談できます。

まとめ

オートロックに閉め出されるのは、誰にでも起こりうることです。
だからこそ事前に予防するのはもちろんのこと、おきてしまった場合にどうするのか考えておくようにしましょう。
特に一人暮らしの場合は、頼れる人が限られるので損はありません。

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,000本、クチコミ数12万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加