MacBookが故障!どの修理店に依頼すべき?安い・即日対応の修理店も紹介

MacBookが故障!どの修理店に依頼すべき?安い・即日対応の修理店も紹介

※当記事はアフィリエイト広告を含みます。

シンプルなデザインと使いやすさで人気があるMacですが、故障してしまった時はどこに修理依頼をすればいいのでしょうか。

今回はMacBook修理の際の正規修理店とパソコン修理業者の違い、メリットとデメリットなど幅広く紹介していきます。

修理したいMacBookが…

MacBook修理はどこに依頼すべき?4つの修理依頼先

MacBookが故障してしまった時、修理を依頼する方法としてどのようなものがあるでしょうか。

ここでは4つの修理依頼先をご紹介します。

Apple Store

代表的なのは、MacBookを製造しているApple社に修理依頼をする方法です。

Apple Storeにある修理カウンター「Genius Bar」で、MacBookのサポートと専門的な修理サービスを行います。

ただしApple社が運営するApple Storeは、現在全国に10店舗しかありません。

Apple店舗一覧
  • 東京
    →銀座・丸の内・新宿・渋谷・表参道
  • 神奈川
  • 愛知
  • 京都
  • 大阪
  • 福岡

全国どこでもサービスを受けられるわけではないので、注意が必要です。

Apple Storeでの修理を希望する場合は、Apple StoreにあるGenius Barで修理予約ができます。店舗が混雑している場合があるため、必ず予約を取っておきましょう。

出典:Apple

Appleリペアセンター

MacBookは配送修理も可能です。 配送修理は、オンラインか電話から申し込みをすると配送業者が自宅まで集荷、Appleのリペアセンターへ配送してくれます。

こちらは、近くにApple Storeがない方におすすめの修理方法です。

配送修理も専門トレーニングを受けた技術者が修理をするため、修理料金はApple Storeで修理依頼をした時と基本的には同じ内容になります。

しかし、故障状態や部位によって値段が異なるケースもあるので注意してください。

Apple正規サービスプロバイダ

「Apple正規サービスプロバイダ」は、Appleの認定を受けたエキスパートが修理をしてくれる修理カウンターのことです。

Apple Storeにある修理カウンター「Genius Bar」と同等の品質で、Apple公式の保証制度が適用されます。

全国各地に店舗があるので、Apple Storeが近くにない場合はApple正規サービスプロバイダを利用しましょう。

正規サービスプロバイダとして、ヤマダ電機やビックカメラ、カメラのキタムラなどでもMacBookの修理を受け付けています。

MacBookの修理専門業者

街のパソコン修理業者でもMacBookの修理を受け付けています。 全国にさまざまなパソコン修理業者があるので、MacBookの保証が切れているときや身近な業者へ修理に出したいときに便利です。

持ち込みでも即日修理をしてくれたり、古いMacBookの修理も対応してくれる場合があったりと、柔軟に対応できます。中には、郵送修理サービスをしているところもあるようです。

ただし、Apple非公認の修理店なので、店舗によって特徴や修理料金も異なります。修理に使う部品も純正でないことが多いので、その業者の信頼性が重要です。

【比較】Apple製品の正規修理とパソコン修理業者の違い

正規修理とパソコン修理業者の最大の違いは、MacBookの発売元であるAppleが公認しているかどうかです。

ただし、正規修理とパソコン修理業者にも、それぞれ特徴や細かな違いがあります。

そこでここでは、正規修理とパソコン修理業者の違いを、表などをつかって分かりやすく比較します。

Appleパソコン修理業者
見積期間7~10日程度即日対応
修理期間3~7日程度即日対応
料金高い安い
修理依頼方法電話申込
サイト
電話申込
サイト
データの有無初期化データ保持
修理後の設定×
代替機の貸出×
安心感

比較1.修理内容はどう違う?

Apple StoreやApple正規サービスプロバイダなどの正規修理は、Appleから修理の専門トレーニングを受けた技術者が行います。

また使用する部品は純正品のみなので、安心して修理を依頼することができるでしょう。

一方で、パソコン修理業者はAppleから公認・修理トレーニングを受けておらず、使用部品は純正ではありません。修理の技術自体は劣らないものの、公式に比べると信頼性はやや劣ります。

比較2.料金はどう違う?

正規修理を利用する際に重要なのは、「Apple製品1年限定保証」や「Apple Care+for MacBook」などの保証に加入しているか、また保証の対象になるかです。

保証制度の対象になる場合の修理料金は無料ですが、故障内容次第では有料になる場合もあります。

また修理料金は故障の状況に応じて変動するので、費用がかさむこともあるでしょう。

パソコン修理業者を利用する場合は、部品が純正でない分、修理費用を安く抑えられます。とはいえ、業者によっては修理技術に差があることもあるので、事前に修理実績などを確認しましょう。

中には最安修理ドットコムPCサポートのように、事前に無料見積りをしてくれる業者もいます。

ただし、パソコン修理業者を利用すると、メーカー保証を受けられなくなってしまうことがありますので、念頭に入れたうえで依頼してください。

例1.バッテリー交換料金表

まずはバッテリー交換料金について比較してみましょう。

Appleのバッテリー交換料金表

モデル修理料金表
MacBook Pro(13~16インチ) 23,800円
MacBook Air(11・13インチ)15,800円
MacBook(12インチ)23,800円

出典:Apple

上記で紹介したAppleの修理料金は、保証対象外の価格です。

パソコン修理業者のバッテリー交換料金表

モデル修理料金表
MacBook Pro(16インチ)20,000~25,000円
MacBook Air(11・13インチ)、MacBook Pro(15インチ)13,000~20,000円
MacBook Pro Retina(15インチ・13インチ)20,000~25,000円
MacBook Pro(13インチ)14,000~20,000円
MacBook Air(11インチ・13インチ)11,000~14,000円

上記の修理費用はあくまで一例ですので、実際には修理費用は前後します。

MacBookのバッテリーに不具合が生じた場合、パソコン本体の修理ではなくバッテリーのみの対応となることが多いようです。

ただし本体側にも故障が見られれば、追加で修理費用がかかる可能性もあります。

バッテリーの修理は、Apple製品限定保証や「AppleCare+」などの保証に加入している方は無償になるかもしれないので、MacBookの修理料金を一度問い合わせてみるのがおすすめです。

例2.液晶修理料金

Appleの液晶修理料金表

  画面割れ・外部筐体のみその他料金
全モデル12,900円37,100円

出典:Apple

上記で紹介したAppleの修理料金は、Appleの保証サービスであるAppleCare+に加入している場合の価格です。

MacBookの液晶部分のみの修理であれば1万円代で済みますが、MacBookの内部にも不具合が起きていた場合は、保証を使っても3万円以上かかります。

上記は「AppleCare+」に加入しているMacBookの修理費用ですが、過度な物理的損傷が確認されてしまうと保証対象外となりますので注意してください。

保証外での修理の場合は、4~12万円ぐらいかかってしまうことも多いようです。症状によって金額は異なるので、修理の際は見積をとりましょう。

パソコン修理業者の液晶修理料金表

モデル液晶パネル交換料金
MacBook Pro20,000~60,000円
MacBook Air(11インチ)10,000円~
MacBook Air(13インチ)20,000円~
MacBook20,000~30,000円
MacBook Pro retina40,000~70,000円

パソコン修理業者により液晶修理料金は異なりますが、モデルによっては1万円代で修理できるところもあります。

例3.水没の修理費用

MacBookが水没した際の正規サービスプロバイダ店とパソコン修理業者の修理費用を比較すると、以下のようになっています。価格は全て税込です。

項目 正規店 パソコン修理業者
水没診断料 5,500円 3,000~7,000円
洗浄作業 23,100円〜 3,000~7,000円
分解作業 5,500〜16,500円 5,500〜15,000円
部品代金 16,500〜99,000円 診断後確定

出典:Apple

水没診断料や分解作業に関しては、あまり大きな違いがありません。

洗浄作業に関しては、パソコン修理業者の方が費用を抑えられます。ただし部品代が明確に定まっておらず、入手可否を調べてから価格が確定するようです。

正規店の場合、正規の部品を使用しているので、パソコン修理業者よりも部品代が高くなる傾向にあります。

比較3.修理の早さはどう違う?

修理が完了するまでの期間は、Appleとパソコン修理業者では大きな違いがあります。

Appleで修理を依頼する際、早くて3日、長いと一週間ほど時間がかかります。 さらに見積や配送にも時間がかかるため、時間に余裕のある方におすすめです。

一方でパソコン修理業者は、最短即日で修理対応してくれる店舗も多いです。 店舗に直接持ち込んで修理してもらえれば、配送などの時間もかからずスムーズに受け取れます。

急いでパソコンを修理してもらいたい方は、パソコン修理業者に相談してみましょう。

PCサポート_最短即日

最短即日!格安なMacBookおすすめなパソコン修理業者

日本PCサービスフロート

出典:最安修理ドットコムPCサポート

MacBookの故障に悩んだら、「最安修理ドットコムPCサポート」に一度相談しましょう。年中無休&全国対応しているパソコン専門業者で、最短で即日修理が可能です。

持込修理出張修理宅配修理の方法から選べて、WEBにて24時間受付できるので、自分の都合のよいタイミングで相談してみましょう。

MacBookの修理費用

最安修理ドットコムPCサポートでのMacBook修理は、機種や故障状況によって異なります。無料で事前見積が可能なので、修理費用がどのくらいなのか相談してみるのがおすすめ。

修理費用は、「基本料金(8,800円)+(出張料金2,200円)+作業料金3,300円~」とコミコミ価格なので、「支払い時に予想外に費用が高かった」ということもなく、安心です。

まずは一度、無料見積をしてみてください。

修理依頼の流れ

  1. まずは専用フリーダイヤル、またはWEBにて相談
    ※電話受付時間 9:00~21:00(年中無休)
  2. パソコンで困っている内容を伝える
  3. 料金体系についての案内を受ける
  4. 希望の日時を伝えて訪問日時を決める
  5. 予約当日に現地で診断・見積り
  6. 見積り了承後に修理
\いつでも事前申し込み可能/

WEBで修理を申し込む

「電話で相談する前に、PCサポートの料金体系や作業料金について詳しく知りたい」という方向けに、最安修理ドットコムPCサポートのサービス内容をまとめています。

Appleに修理を依頼する

Appleの保証サービスに加入していればMacBookを安く修理できます。しかし、修理に時間がかかるなどデメリットもあるようです。

ここでは、Apple Storeに修理を依頼する際のメリット・デメリットをまとめました。

正規修理の2つのメリット

Appleに修理を依頼するメリットは、以下の2点です。

  • 純正品のパーツで修理してくれる
  • 故障部分をすべて修理してくれる

Appleで修理をする最大のメリットは、純正品のパーツで修理をしてもらえることです。 純正のパーツで修理をすると不具合が起こりにくくなります。

また、MacBookを修理に出すと他にも故障している部分がないかをチェックし、不具合があれば修理を行なってくれます。 技術者もAppleのトレーニングを受けており、信頼性も高いです。

正規修理の2つのデメリット

Appleに修理依頼するデメリットは以下の3点です。

  • 保証サービスに未加入だと修理費用が高額になることも
  • 全修理なので想定以上の修理費がかかる
  • 修理期間が長い

正規修理の最大のデメリットは「料金の高さ」です。保証サービスに加入していれば割安で修理を受けることは可能ですが、保証サービスに加入していなければ倍近くの修理費用がかかることがあります。

さらに、Appleの修理は上記で述べた通り、故障している部分があれば修理をする「全修理」となります。

まだ使える部品であっても不具合と感知されれば修理対象となるので、自分が思っていた以上の修理費用・時間がかかってしまうケースもあるようです。

修理費用の総額や修理期間がわからないのは困るという方は、正規修理を避けた方が無難でしょう。

Appleでの正規修理はこんな人にオススメ!

以下の内容に当てはまる人は、Appleで正規修理してもらうのがおすすめです。

  • Appleの保証サービスに加入している方
  • 純正品のパーツで修理してもらいたい方

パソコン修理業者で修理依頼をする

ここではパソコン修理業者Macbook修理依頼をする方法や、メリット・デメリットなどを紹介していきます。

少しでも修理費用を抑えたいという方は参考にしてください。

パソコン修理業者の3つのメリット

パソコン修理業者に依頼するメリットは3点です。

  • 修理費用がAppleより安いことがある
  • 前もって修理費用を把握できる
  • 最短だと即日修理をしてくれる

パソコン修理業者の大きなメリットは、修理費用が安いことです。 Appleでは全修理対応になってしまったり、保証に加入しないと多額の修理費用が必要となったりする場合もあります。

一方、パソコン修理業者では細かい修理依頼に対応してくれるだけでなく、保証に加入しているのと同程度の修理費用で対応してくれることもあるようです。 店舗によって修理費用が若干異なるので、数社の見積もりをとりましょう。

パソコン修理業者は修理期間も短いことが多いです。

店頭持ち込みでのバッテリー交換は、即日で修理が完了するケースもあります。すぐにパソコンを使いたい方にとって大変便利です。

パソコン修理業者の2つのデメリット

パソコン修理業者に修理してもらうデメリットはこちらの2点です。

  • Appleの修理を受けられなくなる
  • 中には悪徳業者もいる

パソコン修理業者の最大のデメリットは、一度パソコン修理業者にMacBookを修理してしまうと、再度故障した際にAppleの修理を受けられなくなることです。

パソコン修理業者は純正のパーツを使わずに独自のルートから仕入れた部品を使っているため、公式での修理を受けることができなくなります。

Appleの保証サービスに加入している方や保証適用期間に余裕のある方は、正規店での修理がよいでしょう。

また「最初に伝えられていた金額よりも、支払金額が高くなっていた」などのトラブルに巻き込まれることもあるようです。

このようなことを避けるためにも、複数社から見積もりを取り、支払総額が変わらないかを確認するようにしてください。

パソコン修理業者での修理はこんな人にオススメ!

以下の内容に当てはまる方は、パソコン修理業者にパソコン修理してもらうのがおすすめです。最短即日で修理してくれるので、まずは一度問い合わせをしてみましょう。

  • Appleの保証サービスに加入していない方
  • なるべく安い費用で修理したい方
  • 即日で修理してもらいたい方

AppleにMacBook修理を出す前に確認すべきこと

Appleに修理を依頼するために、少しでもスムーズに進めたいものです。

そこでここではMacBookの修理に出す前に確認しておくポイントをまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

1.修理前にAppleのWebサイトからサポートを受けられる

AppleはWebサイトで電話やチャットで製品に関する質問の受付やサポートを行っており、これらを活用することで問題が解決する可能性があります。

MacBookに不調がある場合は、Apple StoreやApple正規サービスプロバイダに修理に出す前に、一度相談してみるのがおすすめです。

修理費用を浮かせられたり、来店することなく不具合を直せたりする場合もあるでしょう。

2.来店前に連絡・予約をしよう

Apple StoreやApple正規サービスプロバイダは混雑していることが多いので、店舗での待ち時間が長くなってしまう可能性があります。

そのため、MacBookを持ち込む場合には、電話やサイトからオンラインで事前に来店の予約をしておきましょう。

Apple storeの電話の相談は、平日祝日の9時〜21時、土日は9時〜18時までとなっています。 正規プロバイダを利用する際は各店舗の時間を確認しましょう。

3.MacBookの症状を整理しておこう

MacBookの修理に出す前に、スムーズに修理依頼を進めるためには故障の症状を整理しておくことが大切です。

店舗スタッフにいつ、どんな状況で故障し、自分でどのような対処をしたのかなど、症状・状況をしっかり伝えられるようにしましょう。

他にも購入時のレシートがあると、よりスムーズにいく場合もあります。

4.データのバックアップを忘れずに

MacBookを修理するときに、場合によってはデバイスの初期化が必要なこともあります。

一度失ったデータは復旧することができない可能性が高いので、修理に預ける前に必ずバックアップを取りましょう。

大切なデータは「Time MacBookhine」というMacBookに組み込まれているバックアップ機能などを利用するのがおすすめです。

MacBook修理についてのよくある質問

ここではMacBook修理について、正規店と修理業者の比較など、よくある質問をまとめました。依頼する前の参考にしてみてください。

修理費用は正規修理と業者のどちらが高い?

修理費用は正規修理店の方が高くなる傾向にあります。

正規修理店は純正のパーツのみを使用するうえ、不具合はすべて全修理するため、費用がかさみます。

また、事前に修理費用がいくらかかるか分からないこともデメリットです。

パソコン修理業者は純正パーツ以外も使用するため、費用を抑えられます。 また事前に見積りできるので、修理費用がいくらかかるのか把握できる点は安心です。

修理期間はどのくらい?

正規修理店の方が長いです。

正規修理店は見積もりに7~10日程度修理期間に3~7日程度かかるため、2週間近くパソコンが使えない状況になります。

対してパソコン修理業者は、最短即日での修理が可能です。 できるだけ早くパソコンを使いたいという方は、パソコン修理業者へ依頼する方がよいでしょう。

修理技術に違いはあるの?

Appleの正規修理店は専門のトレーニングを受けた技術者が修理するので、信頼性が高く安心です。

一方、パソコン修理業者は専門のトレーニングを受けておらず、業者ごとに技術の差が大きい場合もあります。パソコン修理業者に依頼する際は、必ずMacBookの修理実績があるかどうかを確認しましょう。

結局どこに修理を依頼したらいい?

Appleで何らかの保証に加入している方は、正規店がおすすめです。正規店にて無償修理ができる場合があります。

保証に加入していない方だけでなく、費用を抑えたい、急いで修理したい方はパソコン修理業者がおすすめです。

修理前にやるべきことは?

まずはAppleはWebサイトで電話やチャットのサポートを受けましょう。修理をしなくても不具合が解消する場合があります。

正規店での修理を希望する場合は、混雑が予想されるので、事前に予約を取ってください。

また、修理をスムーズに行うために、どのような不具合があるのか症状を整理しておきましょう。

最後に、修理前には必ずバックアップを取ってください。修理状況によってはMacBookのデバイスを初期化することになります。

MacBookが故障したときの対応まとめ

今回はMacBookを修理に出す時のAppleとパソコン修理業者の違いやメリット・デメリット、おすすめの修理業者を紹介しました。

Appleは保証サービスが手厚いので、保証に加入している方はAppleや正規修理店を利用することをおすすめです。

一方で、保証に加入していなかったり、修理費用を抑えたり修理期間を短縮したりしたい方は、パソコン修理業者を選んだ方がよいでしょう。

それぞれにメリット・デメリットがあります。修理の際はよく比較しながら利用しやすい修理店を選んでくださいね。

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,600本、クチコミ数23万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

カシモWiMAX

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加