iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

提供記事

iPhone修理ビジネスは既に飽和!ただのFCは儲からない?今すぐXperia修理を始めるのがおすすめ

iPhone修理ビジネスはiPhone5発売後に修理屋さんが激増したことにより、既に市場の成熟と飽和状態を迎えています。現在では日本全国に1300店舗以上が確認されており、毎日至る所で閉店・開店が繰り返されています。Googleの検索結果に閉店済店舗のウェブサイトや地図情報だけ残っているケースも散見されます。

smartphonerepairking

店舗数の増大により価格競争が激化

修理希望者の目線もシビアになってきており、街の修理屋さんの相場を修理希望者も認知し始めています。AppleStoreで割高な修理代を支払うことが賢い選択ではないと気づき始めています。「iPhone修理は安くて当たり前」という時代に入ってきていると考えられます。

安く高クオリティのパーツを仕入れるのが困難

価格競争が起こっている中で利益も確保しなければなりません。部品の原価率は高騰の傾向にあり、安定的に良質なパーツを仕入れ続けることもなかなか困難です。

普通に立ち上げるとAndroid修理事業はハードルが高い

「競争相手がいないならすぐにやるべき」とお考えになることでしょう。しかし、修理をするにはiPhone修理とはまた異なる技術、ノウハウ、そして部品・パーツも必要になってきます。これら大きく2つについて乗り越えなければ簡単には参入できない修理ビジネスなのです。しかし、国内で初めてフラッシュエージェント社がAndroid修理ビジネスのFC展開を行い、Android修理事業の立ち上げを支援します。

Android修理はiPhoneに比べてライバルが52分の1!

一方、Android修理に目を向けると、Androidスマホの利用者数は約4,660万人いると推計されておりますが、全国の修理店舗数は、わずか20店舗ほどです。これは、iPhoneの利用者数5,340万に対して1,300店舗があるiPhone修理と比べて、ライバルとの競争率が52分の1程度しかいないことを示しています。

Android修理は思いのほか広がっていない?

これまでAndroid修理について研修を通じて広げていく修理ブランド(FC)はありませんでした。よって、そのノウハウも広くは展開されていない状況です。今回、はじめてフラッシュエージェント社が破格の費用での研修を通じて、XperiaをはじめとするAndroid修理のノウハウと技術を提供します。

Androidの修理部品・パーツは簡単に仕入れられない

そして、もう一つぶつかる問題が部品・パーツの仕入れです。一部の業者では修理の依頼を受けてからパーツをヤフオク経由でジャンク品を購入するなどして確保していたのが実情です。しかし、本記事で紹介するフラッシュエージェント社のFCでは、Androidパーツの仕入についても、フラッシュエージェント社が運営するFC専用サイトからの購入が可能です。

FCに加入せず、研修と部品の仕入だけでも問題ない

ハードルが高いとされていたAndroid修理ビジネスに参入可能となります。このフラッシュエージェント社のAndroid修理ビジネス参入支援プログラムについて、素早くお問い合わせしましょう。詳細な資料はそれからお渡しします。尚、フラッシュエージェント社の展開するスマホ修理王傘下に入らずにAndroid修理ビジネスを展開することも可能です。その他、柔軟に対応しますのでご興味のある方は下記までお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先

参考:対応可能機種

このFC(XPERIA修理王)に参加すると修理可能になるのは、docomo、au、SoftBankの以下のラインナップです。

  • ・XPERIA Z3
  • ・XPERIA Z3 Compact
  • ・Z1 f
  • ・Z1 Compact
  • ・J1 Compact
  • ・A2
  • ・A

なお、XPERIA以外にも、別途研修費を払うことで、GalaxyやZenFoneなどの修理ノウハウを提供することも可能とのこと。対応しているラインナップは以下の通り。

docomo

  • ・SAMSUNG GALAXYシリーズ
  • ・SHARP AQUOS PHONEシリーズ
  • ・HTCシリーズ
  • ・東芝
  • ・富士通東芝
  • ・富士通
  • ・LG
  • ・NEC
  • ・Panasonic

au

  • ・SAMSUNG GALAXYシリーズ
  • ・SHARP AQUOS PHONEシリーズ
  • ・HTCシリーズ
  • ・東芝
  • ・富士通 ARROWSシリーズ
  • ・京セラ
  • ・LG
  • ・NECカシオ
  • ・パンテック

Softbank

  • ・SAMSUNG
  • ・SHARP AQUOS PHONEシリーズ
  • ・HTC
  • ・NEC
  • ・Panasonic
  • ・富士通
  • ・東芝
  • ・DELL
  • ・Huawei
  • ・ZTE
  • ・京セラ
  • ・Motorola

Y!mobile

  • ・SHARP
  • ・富士通
  • ・LG
  • ・Motorola
  • ・Huawei
  • ・京セラ

EMOBILE

  • ・SONY
  • ・HTC
  • ・DELL
  • ・Huawei

WILLCOM

  • ・SHARP
  • ・京セラ
  • ・Huawei

海外モデル

  • ・SONY
  • ・SAMSUNG
  • ・Google
  • ・ASUS

Tablet

  • ・SONY
  • ・SHARP
  • ・NEC
  • ・Panasonic
  • ・カシオ計算機
  • ・富士通
  • ・SAMSUNG
  • ・Google
  • ・ASUS
  • ・AMAZON

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加