iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

【保存版】モバイル保険の提携修理店まとめ

現在、スマホは多様化してきています。SIMフリーのスマホや中古スマホなども登場し、幅広い選択肢の中から自分に合ったスマホを選ぶことができるようになりました。中古スマホなどは安さが魅力的である一方で、故障などのトラブルが起きて戸惑うケースも見受けられます。

スマホ以外にタブレットやノートパソコンなども日常生活に必要不可欠になりつつあるため、それらの故障時にもしっかり対応できるように、自分なりに対処法を用意しておかなければなりません。

故障してしまうと、どうすればいいのか判断に困ってしまうことがあります。また、何回も故障を繰り返してしまう人はもっと手厚い保障を用意しておきたいと思うこともあるでしょう。そういった方々は、保険に入っておくことをオススメします。

そこで今回ご紹介するのが、「モバイル保険」。この保険はスマホはもちろんのこと、タブレットやノートパソコンのための修理保険です。下記でモバイル保険の特徴を紹介しますので、参考にしてみてください。

モバイル保険とは

現代社会は、スマホやタブレットなど様々な端末が生活を支えてくれています。その反面、利用頻度が高まったことで今まで発生しなかったトラブルなども増えてきています。

うっかり端末を落として画面を割ってしまったり、水没させてしまったりといった故障トラブル。こうしたトラブルの時に、もっとこういう補償がついていたらいいのにと思ったことがある人もいるはずです。

そんな背景のもと、モバイル保険は従来の修理保険とは異なり、新しい形でモバイル端末を守るための保険として誕生しました。

月額700円で年回最大10万円まで何回でも補償してくれる

モバイル保険の一番の特徴は、補償回数に上限がないことです。キャリアなどの保証では、年回で修理をしてくれる回数が制限されていたりしますが、モバイル保険では修理の回数は制限されておらず、年間何回でも修理をしてもらうことができます。

修理の回数に制限は設けていませんが、年間の修理費用で上限を設けています。モバイル保険は年間最大10万円までの修理費の上限を設けており、その費用以内であれば何回でも保険金を受け取ることができるのです。

しかも、月額700円です。毎月700円支払うことで、年回最大10万円まで何回でも補償してもらえます。この点が他の修理保険とは異なる特色です。

修理ができない場合でも補償される

端末が故障した時、修理して直ればいいのですが、修理しても機能の維持ができないなどで修理ができない場合もあります。

そんな時でもモバイル保険は補償してくれます。しかし、修理を依頼した際の補償金額は少ないので、その点には注意して利用しなければなりません。

モバイル保険で対象となる端末の種類

モバイル保険は、どのような端末が登録できるのでしょうか。保険の名前からもわかるように、モバイル端末全般を取り扱っています。しかし、いくつか基準があります。

モバイル保険で対象となる端末は、国内で販売されたメーカーの純正製品であり、Wi-FiやBluetoothなどでの通信が可能な端末に限定されています。スマートフォン、タブレット端末、ノートパソコン、スマートウォッチ、モバイル音楽プレイヤー、携帯ゲーム機、モバイルルーターが該当します。

このように、現代社会で利用頻度が高いものを全般に扱っているので利用しやすい保険です。

3台まで端末を登録できる

多くの端末が補償対象になっているのは幅広くサポートするためでもありますが、その他にも理由があります。

モバイル保険では、最大3つまで端末を登録することができるからです。主端末と副端末という風に分類がされており、主端末は必須登録ですが副端末は任意になっているので、登録したければすることができるようになっています。

ちなみに、登録できる個数の割り振りは主端末が1台、副端末が2台です。

主端末と副端末で補償費用が異なるので注意

なぜ、主端末と副端末という分類が設けられているのかというと、補償内容や金額が異なるからです。年間最大で10万円まで補償してくれますが、主端末と副端末でどのような内訳になっているか確認しておきましょう。

主端末は、最大10万円までの補償上限金額になっています。一方、副端末は2台合計で最大3万円が上限として決められています。 上記でも触れましたが、モバイル保険では修理ができない場合も補償されます。そのため、修理不能の際の保険金額の上限も把握しておかなければなりません。主端末ではその端末の購入金額、もしくは25,000円のいずれか低い金額、副端末では端末の購入金額、もしくは7,500円のいずれか低い金額が補償金額になっています。

修理ができない場合の保険金額は少額です。そのため、主端末に登録する端末選びでは、一番故障頻度が高そうなものや、購入金額が高かったものなどを選出するといいでしょう。

また、年間最大で10万円まで何回でも保障が受けられると紹介しましたが、主端末と副端末、修理できるかできないかを合わせての上限金額になっているので、その点は注意してください。

保険金がもらえる時ともらえない時とは?

何らかの保険に加入する場合、どのようなケースで補償してくれるのかという点が重要になります。

どのような時が保険の対象なのかを把握した上で加入しないと損をしてしまうかもしれないので、しっかり確認しましょう。

保険金がもらえるケース

モバイル保険では、保険金が支払われる故障内容として破損、損壊、水漏れ全壊、故障、盗難を対象にしています。

しかし、結果的に今挙げた故障内容だったとしても、それまでの経緯を鑑みると補償の対象外にされてしまうこともあります。そのため、どのような経緯で故障したのかという流れを把握しつつ、対象になるのかどうかを確認しておく必要があるでしょう。

保険金がもらえないケース

では、保険金が受け取れないのはどのような場合なのでしょうか。

モバイル保険では、変色、変質、さび、かび、腐敗、腐食、浸食、ひび割れ、はがれ、肌落ち、虫食いなどの故障内容は補償の対象外にされてしまっています。

保険金が受け取れないとされている内容で一番見逃してはいけないのが、「紛失」です。キャリアなどの保険では紛失も対象にされていることが多いですが、モバイル保険では「紛失」は対象外にされてしまっています。

このように、補償対象が細かく指定されています。自分が良く起こしてしまう故障内容はどちらに該当するのかは、電話やチャットで確認できるので、一度問い合わせてみるといいでしょう。

修理から保険金を受け取るまでの流れ

故障内容が対象内であった場合、どのような流れで保険金が支払われるのでしょうか。

モバイル保険は後払いの仕組みです。そのため、修理をした時はまず自分で修理費を支払わなければなりません。

支払い後に故障した端末を写真で撮影し、修理業者からもらった修理明細書を用意します。その後、モバイル保険のマイページから端末の写真と修理明細書を一緒に添付して支払申請をします。審査に通れば保険金が口座に振り込まれます。

修理先は自由に選択することができる

キャリアの保険は定められた修理店に持って行かなければならないものですが、モバイル保険は違います。

モバイル保険では、修理報告書を発行してくれる修理店であればどこでも可能になっています。目についた修理店に持ち込めばいい仕組みなので、非常に使い勝手がいいといえるでしょう。

モバイル保険と提携している修理店で依頼するとキャッシュレスに

モバイル保険には、「今すぐに直したい!でもお金がない!」といった時でもスピーディーに修理してもらうことができるサービスがあります。

それは、修理提携店に持ち込む方法です。修理提携店に持ち込むことで、キャッシュレスに修理を依頼することができるので、今手持ちがないというときでも修理に出すことが可能になります。

モバイル保険と提携している修理店

モバイル保険に加入しているのであれば、提携修理店に修理依頼をすると即日修理可能、なおかつキャッシュレスなので利用すべきです。しかし、実際どのようなところが提携修理店になっているのでしょうか。

マイページから提携修理店の確認可能

提携修理店を知りたい場合は、マイページから確認ができるようです。提携店は全国で29店舗あり、東京都内では13店舗と提携しています(2017年6月28日現在)。

現在も提携修理店の募集をしており、今後はもっと身近な店舗が修理提携店になると予想されるので、利便性がよくなることでしょう。

系列店がすべて提携しているわけではない

モバイル保険と提携している修理店は、リンゴ屋iCrackedSma-cle(スマクル)などの系列店です。

修理提携店は、全国に店舗を持つ修理会社と提携していても店舗ごとに契約をするので、同じ系列店でも他店舗では修理提携店ではない場合もあります。店舗に行ってから提携していなかったということがないように、どこの店舗と提携しているかはマイページなどで事前に確認してください。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加