iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

パソコンスペックとは?スペックの見方や種類、目安など徹底解説!

パソコンスペックとは?スペックの見方や種類、目安など徹底解説!

パソコンを選ぶ場合はデザインや大きさ、スペックを考慮する方も多いかと思います。
とくににITの仕事をする場合、スペックはかなり重要です。
しかし「スペックについて良く分かっていない…」という方も多いでしょう。
そこで今回は、スペックなんて聞いたことがないという方も理解できるよう、スペックの概要から種類までを具体的にわかりやすく説明していきます。

パソコンスペックとはパソコンに備わっている仕様のこと

パソコン ネットワーク

スペックとは、「specification(スペシィフィケイション)」という単語を省略したものであり、日本語訳すると「仕様」です。
仕様とは形状や機能、対応するOSや部品などを指します。

スペックはパソコンの性能を表している

スペックは“スペックが高い”“スペックが低い”という使われ方をします。
つまりパソコンでいうスペックとは“パソコンの性能”のこと。
スペックが高いパソコンは性能がよいパソコンを意味し、スペックが低いパソコンは性能が悪いパソコンを意味します。
しかし同じシリーズのパソコンでも、カスタムの仕方によってスペックが異なるので注意しましょう。
たとえば、同じ2021年モデルの「MacBook Air」があったとしても、メモリが8GBと16GBではスペックが違います。
スマホと同じように、同じシリーズのパソコンでもさまざまスペックがあるので、頭に入れておきましょう。

パソコンスペックを確認する方法

パソコン 打つ

ここでは、お手持ちのパソコンスペックを確認する方法を説明していきます。

Windowsのスペック確認方法

「Windows」はビル・ゲイツによって開発されたOSで、1985年にMicrosoft社から発表されました。
Windowsのシェア率は90%前後を推移しており、世界で最も使われているOSです。

出典:Net Applications

Windowsのパソコンのスペックを確認する方法は、以下の通りです。

  1. 画面右下にある[Windowsマーク]をクリック
  2. [設定ボタン]をクリック
  3. [Windowsの設定]という画面の左上にある[システム]をクリック
  4. 左下にある[バージョン情報]をクリック
  5. パソコンのスペックを確認できます

Windows10でスペックを確認する方法を説明しました。
しかしバージョンや機種によっては、やり方が異なる場合があります。
上記の方法でスペックを確認できない場合は「機種名+スペック確認方法」で検索してみてください。

Macのスペック確認方法

1984年にApple社が開発した「MacOS」は、Windowsの次に世界で使われているOSです。
当時は画面に文字のみを表示するテキストベースのOSが主流でした。
しかしそんな中、アプリをクリックして操作できるOSとしてMacOSが誕生しました。
これはガラケーが主流の時代にスマートフォンが登場したように、当時とても画期的なもので「OSの常識を変えた」とも言われています。

Macのパソコンのスペックを確認する方法は、以下の通りです。

  1. [Appleのアイコン]をクリック
  2. [このMacについて]をクリック
  3. この時点で簡単なスペックを確認できます
  4. さらに詳しく知りたい場合は、[このMacについて]をクリックした後のページの下部にある[システムレポート]をクリック
  5. より詳しいスペックを確認できます

上記の方法が一般的ですが、下記の方法でもできます。

  1. [このMacについて]をクリック
  2. ページの上部タグにある[サポート]をクリック
  3. [技術仕様]をクリック
  4. Appleのサイトに飛び、スペックを確認

OSはパソコンの心臓

パソコン 手のひら

OSとは、パソコンを管理し制御するシステムを指します。
たとえば、私たちはパソコンでマウスを動かしたり、タイピングで文字を入力したりしますね。
これらはすべてOSがあるからこそ成り立っているのです。
つまり、OSはパソコンの心臓部分。
OSがなければパソコンは動きません。
このように、OSはパソコンの基本操作に関わる重要なシステムなので「基本ソフトウェア」とも呼ばれています。

OSが果たしている5つの機能

OSは主にタスク管理、メモリ管理、ファイル管理、デバイス管理、API提供の5つの機能を果たしています。

1.タスク管理

「タスク管理」とは具体的にはアプリの実行や、キーボードとマウスからの入力処理などです。
タスクを処理する順番を決めたり、タスクに必要なメモリ数やCPUを算出したりと、OSはパソコンがスムーズに動くように管理する仕事をしています。

2.メモリ管理

先ほど説明したタスク管理は、簡単に説明すると仕事を生み出す作業をしています。
しかし、終わった仕事は片付けなければいけません。
その片づけを担当しているのがOSの「メモリ管理」です。
メモリ管理が行われなければ仕事が溜まっていく一方なので、パソコンはスムーズに動かなくなります。

3.ファイル管理

ファイルは、Windowsは「フォルダ」、Macは「Finder」にWordやPDFなどの情報をまとめる方が多いと思います。
OSはフォルダやFinderにどのような情報がまとめられているのか、ファイル構造を管理しています。
ファイル管理がされなければ、ファイルやFinderを作っても情報がまとまりません。

4.周辺機器管理(デバイス管理)

周辺機器とはキーボードやマウス、ディスプレイや外付けハードディスクなどパソコンに接続するハードウェアのことを指します。
OSは接続された機器の情報を処理したり、反対に出力したりとデータの移行がスムーズに行えるように仕事しています。

5.API提供

「API」とはソフトを作成するときに利用する機能、または作成する方法をまとめた機能。
簡単に説明すると、API提供ではソフトを作るためのテンプレートを提供しています。
ソフトを一から作り上げるよりも、テンプレートがあった方が効率が上がり作成スピードは早くなります。
そのためAPI提供がなければ、ここまでパソコンが進化することはなかったでしょう。

CPUはパソコンの脳の役割

人工知能

「CPU」とは、記憶装置や入出力装置と接続され、パソコン内で演算や制御を行っているコンピューター部品のことです。
人間でいうと脳の役割を果たしています。
CPUは応用することができるので、パソコンのみならず家電製品や携帯機器などにも使われています。

CPUの性能はクロック周波数で異なる

CPUの性能は「クロック周波数」で異なります。
パソコンはクロックと呼ばれる信号で動いており、クロック周波とは1秒当たりの信号数のこと。
クロック周波が大きければ大きいほど、データを処理できる回数が増えます。
つまり、クロック周波が大きいパソコンほどスペックが高いとなります。
クロック周波は「Hz(ヘルツ)」で表されているので、チェックしてみてください。

コアはCPUの中核部分を指す

CPUとセットで出てくることが多い「コア」という単語があります。
コアは、CPUの中核部分のことです。
コアが2つあるものはデュアルコア、4つあるものはクアッドコア、6つあるものはヘキサコア、8つあるものはオクタルコアと言います。
複数あるコアはマルチコアと呼ばれ、複数のCPUが同時に出した命令を素早く処理する並列処理を行っています。

GPUとは単純作業の処理に特化した装置

幾何学模様

GPUとは、コンピューターグラフィックスの演算を行う画像処理装置のことです。
主に高速なグラフィック処理を行うために使われています。
しかし最近はGPGPUという新しい装置が登場し、画像処理に限らず汎用的な処理も行えるGPUも誕生しました。

GPUは画像を処理するときに役立つ

GPUは、3Dグラフィックのような画像処理を行うときに役立ちます。
画像データは文字のみのデータよりも多くの容量を必要とし、その容量は縦と横のピクセルと1ピクセル当たりのバイト数で決まります。
3次元にする場合は、さらに多くの容量が必要。
このように莫大な容量のデータを処理するためには、高速で処理できるコンピューターが必要になります。
CPUではとても処理できません。
そこで役に立つのがGPUなのです。

CPUとの違い

CPUとGPUの違いは得意とする役割。

CPUは、複雑な作業を得意とします。
たとえばプログラムの命令をもとに計算していく演算は、CPUが得意とする分野。

対してGPUは、単純作業を同時に行うことを得意としています。
たとえば単純な計算を大量かつ同時に行う画像処理は、GPUが得意とする分野です。

メモリは情報処理の場所

基板

メモリを簡単に説明すると“情報を処理する場所”のこと。
料理で例えると以下のようになります。

  1. 冷蔵庫(HDDやSDD)から、料理するために必要な食材(プログラムやデータ)を取り出す
  2. 食材(プログラムやデータ)をまな板(メモリ)に置く
  3. まな板(メモリ)に置かれた食材を料理人(CPU)が調理する

メモリは読み取り専用の「ROM」と、読み書きができる「RAM」の2つに分けられます。

メモリ容量の確認方法

Windows10でメモリを確認する方法を紹介します。

  1. [スタート]をクリックし[歯車マーク(設定)]をクリック
  2. 設定もメニューにある[システム]をクリック
  3. 表示されているシステムメニューの中から[詳細情報]をクリック
  4. [デバイスの仕様]欄にある[実装RAM]に記載されているのがメモリ容量

メモリの種類

メモリにはさまざまな種類があります。
細かい種類を覚える必要はありませんが、現在使われている(2021年時点)主流のメモリ「DDR4」だけは覚えておきましょう。
「DDR3」や「DDR2」などは一昔前のメモリなので最新スペックのパソコンを求めている場合は、DDR4のメモリを搭載しているパソコンを選びましょう。

作業別にみた必要メモリ容量の目安

どのくらいのメモリ容量が必要なのか、パソコンの作業によって異なります。
これから購入する方にわかりやすいよう目安をご紹介します。

インターネット閲覧のみの場合は4GBがおすすめ

パソコンの使用用途がインターネット閲覧のみの場合は4GB(ギガバイト)で十分です。
4GBあれば画像が多いサイトはもちろん、YouTube動画もストレスなく閲覧できます。

エクセルやワードを使う場合は4~8GB

パソコンでエクセルやワードなどを使う場合は4~8GBが理想です。
簡単な書類作成程度であれば4GBでも十分ですが、仕事で頻繁にワードやエクセルを使う場合は8GBあるとストレスなく使えます。

プログラミングを行う場合は8GB

パソコンでプログラミングを行う場合は、メモリが“最低”8GBあるのが理想です。
もしもプログラミングを仕事にしていく場合や、本格的なソフトやアプリを開発していくのであれば16GBあった方がよいでしょう。
趣味程度であれば8GBでも十分です。

PCゲームを行う場合は16GB

パソコンでゲームを行うのであれば、メモリが16GBあるのが理想です。
オンラインゲームや高速操作、そして同時進行でチャットやデータの確認をするのであれば、32GBあった方がストレスなくプレイできます。

画像編集や動画編集を行う場合は32GB

画像編集や動画編集をメインに行う場合は、32GBのメモリが理想です。
簡単な画像編集であれば8GB、簡単な動画編集であれば16GBでも問題なく動きます。
しかし4K動画や高度な画像編集を行う場合は、32GBのメモリが必須です。

出典:TECH CAMP

メモリ不足は動作が重くなる

パソコンのメモリが不足すると、動作が重くなります。
クリックしても反応しない、ページが開かないなどの症状が現れます。
症状が重くなると、画面がフリーズすることもあるでしょう。
そのため、必ずそのパソコンでどんなことをしたいのか確認し、用途に合ったメモリ数を選びましょう。
作業することが増えた場合はメモリの容量を増やすことも考えなければなりません。

データの読み書きや保存はHDD/SSD

ハードディスク

HDDとSSDの説明をしていきます

HDD/SSDとは

HDDとは、ハードディスクドライブのことです。
「プラッタ」と呼ばれる円盤型の記録媒体を回転させながら、「磁気ヘッド」と呼ばれる機械を移動させてデータを記録しています。

SSDとは、ソリッドステートドライブのこと。
「NAND型フラッシュメモリ」と呼ばれる半導体素子を使って、データを読み書きしています。

HDDのメリットとデメリット

HDDのメリットは「容量が大きいこと」と「低価格で入手可能」なこと。
しかし、衝撃に弱く消費電力が大きいというデメリットも。
主に容量の大きいデータをたくさん保存したい方におすすめです。

SSDのメリットとデメリット

SSDのメリットは「消費電力が小さいこと」と「データの読み書き速度が高速」なことです。
しかし、高価でありデータが消えた場合の復旧は難しいというデメリットがあります。
主にデータの読み書きの手間を省きたい方におすすめです。

用途別の必要容量の目安

用途に合わせた必要容量の目安を紹介します。

日常使いは128GB

ワードやエクセル、インターネット検索や動画視聴など、日常使いをメインにする場合は128GBで十分です。
ワードやエクセルの文章作成は1ファイル数MB程度なので、数万個のデータを保管することができます。

画像データをたくさん扱うなら256GB

日常使いに加えて画像データをたくさん扱う場合、256GBはあった方が望ましいでしょう。
またゲームを行う方も、256GBあればストレスなくプレイできます。

写真や音楽を多く扱うなら512GB

写真や音楽を扱う量が普通程度であれば256GBでも問題ありませんが、大量に扱う場合は512GBが必要です。
またデザインやプログラミングなどを行う場合も、512GB用意しておいた方がよいでしょう。

動画ファイルを多く扱うなら1TB

映像クリエイターのように動画ファイルを多く扱うのであれば1TB必要です。
また高画質な画像や高音質な音声を保存したい方も、1TB(テラバイト)あった方がよいでしょう。

出典:TECH CAMP

画面サイズ/重量/解像度

パソコン

ノートパソコンの画面サイズは、11~15インチが一般的。
画面が大きいと見やすいのですが、その分重くなります。
カフェやコワーキングスペースなどで作業をする機会が多い場合、パソコンが重いと持ち運びが苦痛です。
持ち運ぶ機会が多い方は、1.5kg以下のパソコンを選びましょう。

解像度は「1024×768」のような形で表記されています。
解像度の数値が高いと画面がきめ細やかに見え、多くの情報を画面に表示できるようになります。
そのためデザインや動画編集など、視覚が重要になる作業を行う場合は、解像度が高いパソコンを選びましょう。

ポート数と種類

パソコン 誘し込み口

「ポート」とは、ノートパソコンであれば本体の側面にある差込口のことです。
USBポートやLANポートなど、さまざまなポート差込口があり、種類によって差込口の形が異なります。
ポート数や対応している差込口の形状はパソコンによって異なるので、外部機器を差し込む予定がある方はチェックしておきましょう。

ドライブ

パソコン ディスク

ドライブとは、CD・DVD・ブルーレイなどを鑑賞する際に必要な機器です。
パソコンでCD・DVD・ブルーレイの視聴予定がある方は、必ずドライブがあるかチェックしましょう。
しかし、最近は外付けのポータブルドライブも購入可能です。
そのためパソコン本体にドライブが付いていなくても、CD・DVD・ブルーレイの視聴は可能です。

グラフィックボード

パソコン 中身

「グラフィックボード」とは、映像を鮮明に映し出す役割を担っている部品です。
たとえば4K動画の編集、3Dゲーム、CADを使用して何かを制作する場合に必要となってきます。
最近はグラフィックボードが搭載されているパソコンと、マザーボートやCPUにオンボードグラフィックとして搭載されているパソコンがあります。
ゲームや動画編集をメインで行う場合は、グラフィックボードを搭載したパソコンを選びましょう。
使用用途がゲームや動画編集以外であれば、オンボードグラフィックの方でも問題ありません。

パソコンでよくある故障トラブル

パソコン エラー

パソコンを使用しているときに起こりがちな故障トラブル事例を紹介していきます。
なかなか起動しない、動作が遅い、ファイルが消えたなど、経験したことのある方もいるのではないでしょうか。

起動しない

パソコンが起動しない原因は、延長コードによる電力不足や電源ケーブルの問題、劣化、優先起動装置の故障や一時的な誤作動などが考えられます。
しかし、パソコンの内部にホコリが溜まっていたり各パーツが故障したりしている場合は、自力で直すのが難しいので業者に修理を依頼しましょう。

動作が重い・フリーズする

「パソコンの動作が重い」「フリーズする」原因は、立ち上げているソフトが多かったり、ハードディスクの容量が一杯になっていたりすることが考えられます。
このような容量やスペックの問題でなければ、ウイルスへの感染やハードディスク、メモリの劣化、故障が考えられます。
後者の場合は、業者に修理を依頼しましょう。

異音が発生した

パソコンから異音が発生する原因は、HDDの異常や冷却ファンにケーブルが干渉しているなどが考えられます。
しかしドライブ類の取り付け不良や拡張ボードが振動している場合は、症状が深刻なので業者に修理を依頼しましょう。

ウイルスに感染した

差出人不明のメールに添付されているファイルを開いたり、パスワードが設定されていないWi-Fiに接続したりするとウイルスに感染する場合があります。
下手にウイルスを排除しようとすると問題を複雑化させてしまう恐れがあるので、ウイルスに感染していると気づいた時点で業者に修理を依頼しましょう。

ファイルが消えた

パソコンのファイルが消えてしまっても、ゴミ箱に入っている場合が多いので基本的にゴミ箱から復元すれば解決します。
しかし「ゴミ箱からも消去した」「ウイルスの感染によって勝手に削除された」などの場合は、業者に依頼しないと復元できない場合があります。

また壊れたパソコンのHDDからデータを取り出したい場合は、業者でなければ対応できません。
ファイルがゴミ箱にもない場合は、すぐに修理を依頼しましょう。

パソコンのトラブルは最安修理ドットコムPCサポートに相談しよう

パソコン OK

上記のようなパソコンのトラブルや修理が必要なら「最安修理ドットコムPCサポート」に相談してみましょう。
最安修理ドットコムPCサポートとは「パソコンが壊れた」「起動しない」「大切なデータが消えた」「周辺機器が動かない」など、パソコンに関するトラブルを解決してくれるパソコン専門の修理サービスです。

通常このようなサービスは対応までにかなり時間がかかりますが、同サービスは日本全国最短即日サポートが可能です。

事前見積もりも出してくれて、データを保護しながら修理してくれるので、金銭面でもデータ保存でも安心して依頼できます。
年中無休で営業しているためパソコンの修理を信頼できる業者に任せたい方は、まず専用フリーダイヤル(0120-234-451)に電話をかけて相談してみましょう。

さらに詳しく知りたい方は、最安修理ドットコムPCサポートについて書いてある記事をご覧ください。
料金体系や修理方法など、おすすめの理由がわかります。

パソコン修理を依頼するなら

最安修理ドットコムPCサポート

パソコン修理設定サポートの「最安修理ドットコムPCサポート」では

  • パソコンが壊れた
  • パソコンが起動しない
  • インターネットにつながらない
  • 大事なデータが消えた
  • プリンタなど周辺機器が動かない
など、パソコンに関連するトラブルを解決いたします。

パソコンの故障やトラブルは原因がさまざま。
上記以外でも、パソコンに関してのお悩みがあればお気軽にご相談ください。

専用フリーダイヤル:0120-234-451

最安修理ドットコムPCサポートの特長

  • 「日本全国最短即日サポート」
  • 「データを保護した修理」
  • 「安心の事前見積」

訪問サポートまでの流れ

  1. まずはお電話ください!
    受付時間 9:00~21:00(年中無休)
    専用フリーダイヤル:0120-234-451
  2. お困りの内容やご希望のサポート方法をお伝え下さい。
  3. 料金体系についてご案内します。
  4. ご希望の日時を伺い、訪問日時を決めます。
  5. 予約当日、現地で診断の上、お見積りします。
  6. お見積り了承後、作業を開始します。

料金体系

料金は、基本料金と環境・トラブル診断料金と、トラブルを解決するために必要な作業料金の合計で計算されます。

基本料金:5,500円
環境・トラブル診断料金:3,300円/1台につき

作業料金一例

  • ノートパソコン開梱・設置 3,300円
  • インターネット・メールトラブル解決 14,300円
  • データ復旧(軽度) 19,250円~
  • 周辺機器の接続設定 4,400円

※すべて税込み価格です。

最安修理ドットコムPCサポート

訪問サポート受付時間 9:00~21:00(年中無休)

専用フリーダイヤル:0120-234-451

まとめ

パソコンのスペックと聞くと難しいイメージを抱きますが、一つひとつ見ていくと、人間でいう脳の部分だったり心臓の部分だったりと意外と簡単です。
パソコンが故障した場合も業者にスペックを具体的に伝えられると、トラブルが解決しやすくなります。

しかし、すべて覚えられなくても最安修理ドットコムPCサポートに相談すれば、丁寧に対応してくれるのでご安心ください。
お困りごとやご希望のサポート方法を聞いてから本契約を結ぶ前に見積もりを出してくれるので、安心です。
パソコンのトラブルが発生した場合は、一度最安修理ドットコムPCサポートに電話をかけてみましょう。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加