iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

スマホ向け保険を比較してみた

現在のスマホには通話やメール以外にも様々な機能が加わり、1台持っていれば非常に便利になりました。そのため、日常生活ではもちろん仕事でも必須アイテムになり、大半の方が所持しているのが現状です。スマホ契約の方法もキャリアのみという選択肢から幅が広がり、選ぶことができる時代になりました。しかし、新しい取り組みだからこそのトラブルが発生しているのも事実です。

格安スマホやSIMフリー、中古スマホは魅力的ですが、故障などの万が一の時の備えが不十分という面があります。もちろん、キャリアの保険でも満足できない人もいます。

そこで注目を集めているのが「スマホ向け保険」です。スマホ自体が高額化しているため、故障時も費用が高くなってしまっています。そのため少しでも負担額を少なくしたい人にも注目を集めています。

そこで今回は「スマホ向け保険」についてご紹介します。もっと手厚い補償をしてもらいたい人や、中古スマホ購入時に補償をつけられなかった人は一度検討してみるといいでしょう。

モバイル保険

スマホは、どうしてもうっかり落として故障してしまうことが多いです。さらに、故障したスマホを修理しようとすると、修理費もそれなりのものになります。

そこで、今までにない形のスマホやモバイル端末のための保険として誕生たのがモバイル保険です。大切なスマホを、安く、より迅速に修理へ出せるような仕組みになっています。

月額700円で年間最大10万円まで何回でも補償してくれる

モバイル保険は、月額700円の支払いで何回でも補償してもらうことができます。この回数制限がない点が、他の保険とは異なっている特徴です。

回数制限を設けていないのは嬉しい点ですが、修理負担額の上限は年間10万円に定められています。つまり、年間10万円までは何回でも補償してくれるという保険なのです。

キャリアや他の保険では年間の回数制限を設けているものが多いので、細々とした修理が多い人にとってはとても利便性が高い保険といえるでしょう。

スマホ以外のモバイル端末も対象

モバイル保険は、スマホだけのための保険ではありません。この保険の名前が示す通り、モバイル端末のための保険になっています。しかし、対象になる端末にはいくつか条件が設定されています。

モバイル保険で対象になる端末は、国内で販売されたメーカーの純正製品です。さらに、Wi-FiやBluetoothなどでの通信が可能な端末に限られます。具体的な端末を挙げると、スマートフォン、タブレット端末、ノートパソコン、スマートウォッチ、モバイル音楽プレイヤー、携帯ゲーム機、モバイルルーターが該当します。

このように、スマホ以外にも現代社会で利用頻度が高いものを全般に扱っているので、利用しやすい保険です。

モバイル端末を3台まで登録できる

さらに、モバイル保険には他では見られない特徴があります。それは、最大3つまで端末を登録することができる点です。

3つも登録ができるようになっており、それを主端末と副端末に分類します。主端末と副端末に分ける理由は、補償内容や上限金額がそれぞれで異なるためです。主端末の方がやはり補償が手厚くなっているので、どれを主端末にするかはしっかり考えるべきでしょう。

登録できる個数の割り振りは、主端末が1台、副端末が2台になっており、主端末は必須登録です。副端末は任意登録になっており、後からも登録ができます。

保険が適用されるケース

保険金が支払われる故障内容として定められているのは、破損、損壊、水漏れ全壊、故障、盗難です。しかし、上記に挙げた故障内容だとしても、それまでの過程などを振り返ると補償の対象外になることもあるので、結果だけではなく、経緯までを含めて補償の対象になり得る故障なのか考えなければなりません。

さらに保険に加入するのであれば、保険金が受け取れないケースも知っておかなければなりません。モバイル保険の場合は、変色、変質、さび、かび、腐敗、腐食、浸食、ひび割れ、はがれ、肌落ち、虫食いなどの故障は補償の対象外にされています。

そしてもう一点、注意してもらいたいのが「紛失」です。キャリアの保険では紛失も対象にされていることが多いですが、モバイル保険では紛失は対象外になるので注意してください。

このように、故障と一口にいっても細分化されると補償内容から外れてしまうこともあるので、どの故障内容に該当するのか把握しなければならないのです。

保険金額の割り振り方

主端末と副端末では、補償される上限金額や補償内容が異なります。主端末は最大10万円までの上限金額になっています。一方、副端末は2台合計で最大3万円が上限です。

また、モバイル保険は、修理ができない場合も補償される仕組みになっています。そのため、修理不能の場合の保険金額の上限も把握しておかなければなりません。

主端末は端末の購入金額、もしくは25,000円のいずれか低い金額、副端末では端末の購入金額、もしくは7,500円のいずれか低い金額が補償金額になっています。補償金額から分かる通り、修理ができない際の保険金額は少額に設定されています。このモバイル保険を最大限に活用するためには、主端末には一番故障頻度が高く、購入金額が高かったものなどを選出するのが得策ということになります。

上記で年間最大10万円まで、何回でも補償が受けられると紹介しましたが、その内訳は主端末と副端末の修理をした場合の金額と、修理ができない場合の費用を合わせての上限金額になっています。修理ができない場合も含まれているので注意してください。

モバイル補償

2つ目のスマホ向け保険として、モバイル補償を紹介します。

この保険は、コースを自分で選ぶことができる点が他の保険には見られない特徴です。月額料金も安いので、少しでも費用を抑えたい人にオススメの保険になります。

ニーズに合わせて3つのコースから選べる

モバイル補償では、シンプルコース、スタンダードコース、プレミアムコースと3つのコースが用意されています。

シンプルコースは、少し古い機種を使っていて、とにかく保険料を安く抑えたい方向けのコースです。スタンダードコースは、発売から少し日数が経った機種を使用しており、ほどよい補償内容を希望し、費用をそこまでかけたくない方向けのコースです。プレミアムコースは、最新機種や格安SIMなどを利用していて、手厚い補償をつけたい方向けになっています。

どのコースでも1契約1台

モバイル補償では、どのコースでも変わらない点があります。それは契約台数です。

モバイル補償で登録できる台数は1契約1台になっています。つまり、2台契約したい場合は2つの契約をしなければなりません。複数台をまとめてひとつの契約で管理したいなら、モバイル保険の方がいいかもしれません。

月額料と年間補償回数、年間補償限度額はコースで異なる

月額料はそれぞれのコースで異なっており、シンプルコースでは400円、スタンダードコースは600円、プレミアムコースは800円になっています。この月額料金に応じて、補償の手厚さも異なってきます。

年間補償回数についてですが、シンプルコースとスタンダードコースでは上限が定められており、年間3回までです。一方、プレミアムコースでは無制限になっているので、3回以上故障しそうな方はプレミアムコースがいいでしょう。

年間補償限度額は、シンプルコースは5万円、スタンダードコースとプレミアムコースは10万円になっています。

補償対象となる故障内容とそれぞれの補償金額

モバイル補償では、全損(修理不能)、一部損、水濡れは保険の対象になります。一方、補償の対象外になるのは、盗難、紛失、バッテリー交換です。それぞれ補償してくれる金額は下記の通りです。

      ■全損
    • ・シンプルコース:端末購入金額もしくは3万円のどちらか低い方
    • ・スタンダードコース:端末購入金額もしくは4万円のどちらか低い方
    • ・プレミアムコース:端末購入金額もしくは5万円のどちらか低い方
      ■一部損
    • ・シンプルコース:1万円
    • ・スタンダードコース:2万円
    • ・プレミアムコース:3万円
      ■水濡れ
    • ・どのコースも一律1万円

保険対象になる端末

モバイル補償も、モバイル保険同様にスマホ以外でも加入することが可能なっています。

端末条件として、契約者が保有する「日本国内で販売されたインターネット接続ができる機能を持つモバイル端末」と定められています。具体的に挙げると、スマートフォン、タブレット端末、ノートパソコン、モバイルルーターになります。

スマート補償(S)

スマート補償(S)は、3つのサービスが受けられる保険です。

端末の故障や修理などでかかった費用を補償してくれるサービス「ひかり補償(s)」、Wi-Fiサービス「スマートWi-Fi」、各種デジタル機器の使い方や設定を専門スタッフが訪問して教えてくれる「かけつけサポート」がセットになっている保険です。

モバイル保険やモバイル補償は故障や修理をサポートするのみでしたが、スマート補償(S)は、修理以外のサポートもしてもらえるのです。

対象端末

スマート補償(S)のなかで、スマホが故障した時の補償である「ひかり補償(s)」が一番利用頻度が高くなります。そこで、ひかり補償(s)について下記で紹介していきます。

ひかり補償(s)は、月額550円で受けることができます。対象になる端末は、契約者本人の物に限られています。さらに、ひかり補償(s)に申し込む日より、購入日が1年以内の物が対象と定められています。具体例を挙げると、ノートパソコン、スマホ、タブレット端末、スマートウォッチ、モバイル音楽プレイヤー、携帯ゲーム機、モバイルルーターが該当します。

ひかり補償(s)の場合は、購入日が重要になっています。古い端末は加入することができないので注意してください。

利用上限回数

ひかり補償(s)では、利用できる上限回数が定められています。上記に挙げた端末のいずれか2端末、年2回までになっています。しかし、同一端末は年1回になるので注意しなければなりません。

ひかり補償(s)では、端末の登録は申込み時点では特に必要はありませんが、一度利用すると、その端末でロックされる仕組みになっています。

補償金額

ひかり補償(s)では、モバイル端末によって補償金額が異なっています。

ノートパソコン、スマホ、タブレット端末は、修理可能の場合は最大5万円、修理不能だと最大2万5,000円、水濡れや水没では最大1万円という設定になっています。

一方、スマートウォッチ、モバイル音楽プレーヤー、携帯ゲーム機、モバイルルーターは、修理可能は最大1万円、修理不能では最5,000円、水濡れや水没は最大3,000円になっています。

補償の対象になる故障内容

ひかり補償(s)で、補償の対象となる故障内容は、偶然の事故・破損、水濡れ・水没などで使用できなくなり修理を行った時です。

盗難や紛失は対象外にされています。

スマートWi-Fiとは

スマート補償(S)は、ひかり補償(s)以外にも2つのサポート内容があるので簡単に紹介します。

「スマートWi-Fi」は、飲食店やカフェ、ホテルなど、街のいたるところで高速インターネットを利用できるようになるサービスです。

毎月末には制限速度がかかってしまう人や外回りの人にとっては、公衆無線LANを使い放題で利用できるこのサービスは利用価値が高いでしょう。

かけつけサポートとは

最後に紹介するサービスは「かけつけサポート」です。

これはパソコンに関するトラブルについて、何でも教えてくれるサービスです。パソコンが起動しなくなった、設定や接続をやって欲しいなど、お困りごとを専門のスタッフが専門用語などを利用せずに電話で分かりやすく説明してくれます。

しかし、かけつけサポートはスマート補償(S)の一部ではありますが、別途費用がかかるほか、申し込みもしなければなりません。

故障の際は買取も視野に

スマホの保険に入ってなかった場合はかなりの修理費用がかかってしまい、悩んでいる人も多いのではないでしょうか?画面割れや水没のジャンクスマホは、買取対応しているところも少ないので諦めてしまうことも。そこで、店舗にいかなくてもネットで即日買取してくれる「スママDASH」で、査定申込してみましょう。0秒で買取金額を提示してくれるのも特長となっています。

スママDASHでは、ジャンクスマホもシリーズによっては高く買取してもらえる可能性があるので故障してしまったときには、買取してもらうのもいいでしょう。即時現金化するならスママDASHがおススメです。

まとめ

3つの保険を紹介してきましたが、保険ごとにサービス内容や補償金額が異なります。

モバイル端末を複数台所持していて、年間に3回以上故障してしまう恐れのある方はモバイル保険がいいかもしれません。

モバイル補償は、とにかく月額費を少しでも安くすませたい、故障はそれほどしないが、何かしらのサポートをしてもらえる環境を整えておきたい方には使い勝手がいいといえるでしょう。

故障した時以外にも様々なサポートを受けたい、通信速度問題から解放されたい、困った時に専門スタッフに相談できるようにしておきたい方は、スマート補償(S)がいいかもしれません。スマート補償(S)の場合、3つのサポートを受ける代わりにそれなりに費用がかかるので、その点をクリアできないと難しいかもしれません。

このように、個々人に合った保険は異なってきます。今悩んでいることはもちろんですが、今後起きそうなトラブルを想定して保険を選ぶ必要があるでしょう。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加