iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

中古スマホが入れる修理保険「モバイル保険」の評判・料金とは?

“中古スマホ”は、近年注目を集めています。しかし、初めて利用する人の多くが故障などのトラブルの対処法が分からなく困ったり、高額な修理費用で痛い出費をしてしまうケースも見受けられます。

そこで、オススメなのが「モバイル保険」。この保険は中古スマホでも条件を満たせば加入することができます。

スマホを複数台持つ人が増えている

現在、スマホはもはやなくてはならないもの。プライベートはもちろんのこと、仕事でも必需品です。仕事用として2台持ち、スマホとタブレットを併用する人も増えてきています。

中古スマホを利用する傾向に

スマホも高性能化してきているため、本体の値段も高額になってきており、複数台スマホを持とうとなると、かなりの出費になっているのも現状です。

そこで近年注目されているのが“中古スマホ”です。仕事用なので、安くてある程度の機能が使えればいいと考えている人に人気を博しています。

中古スマホは保証期間が短い

最新機種でも中古で売られていることもあります。それを格安で購入できたりするので、中古スマホは魅力が多いものです。しかし、故障した時などにどうすればいいのか悩んでしまう人が目立ちます。

中古ショップなどで購入すると、保証は1ヶ月~3ヶ月といった短い期間になっています。そのため、その期間を過ぎてから故障してしまうと、修理してくれるところを自分で探さなければなりません。

さらに、保証期間を過ぎてからの不具合は、高額な修理費用を負担しなければならなくなります。

中古スマホを利用するときは保険に加入しておくと安心

そうしたトラブルを回避するためには、自分なりに中古スマホでも入れる修理保険に加入しておく必要があるのです。

そこでオススメなのが「モバイル保険」です。こちらは中古スマホでも加入することができ、手厚い補償内容になっているのでオススメです。

中古スマホでも入れる「モバイル保険」とは

スマホは必需品であるが故に利用頻度が高くなり、うっかり落として画面を割ってしまったり、水没させてしまったりと、トラブルが発生する確率も高くなっています。

故障してしまった時は、修理をしなければなりませんが、この修理費用も故障内容によっては買い替えた方が安く済むケースもあるほど高くなってきているのが現状です。

そこで誕生したのが、モバイル保険です。モバイル保険は、スマホを守るための保険です。キャリアで買ったスマホも、中古ショップで購入した中古スマホも加入することができます。

月々700円で年間最大10万円まで何回でも保証

モバイル保険は、月々700円で年間最大10万円までの保証が何回でも受けられるのが特徴の修理保険です。

キャリアの保険は1年回で何回までの保証と、上限が決められてしまっているのが現状です。しかし、モバイル保険は回数制限がないので、1年に複数回故障してしまうことが多い人にとってはメリットが大きい保険といえます。

修理できない場合でも補償される

モバイル保険は修理可能な場合だけでなく、修理が不能の場合でも保証されます。こうした点は、他ではなかなか見られない内容になっています。しかし、修理してくれる金額は少ないのでその点には注意が必要です。

保証期間は1年

モバイル保険の保証期間は1年間です。保険期間満了日の2ヶ月前までにモバイル保険から継続の案内が届きます。

契約を継続する場合は特に提出する必要はないのですが、退会する場合はその旨を申し出なければなりません。申し出がない限り自動的に更新されてしまうので注意してください。

モバイル保険での対象の端末

モバイル保険の修理対象はスマホだけではありません。その名前にもあるように、モバイル端末であれば補償されます。もちろん対象外の端末もあるので注意してください。

モバイル保険の補償対象になる端末は、日本国内で発売された製品でWi-FiやBluetoothでの通信が可能な端末になります。具体的に例をあげると、スマートフォン、タブレット端末、ノートパソコン、スマートウォッチ、モバイル音楽プレイヤー、携帯ゲーム機、モバイルルーターです。

このように、故障してしまった時に困るものを補償対象にしているので非常に使い勝手がよい保険といえるでしょう。

モバイル端末を3台まで補償してくれる

モバイル保険では、3台まで補償端末を登録することができます。1つを主端末、残り2つを副端末という分類にしています。 副端末は任意での設定になっており、最大2台まで登録が可能ですが、2台必ず設定しなければならないものではありません。

主端末と副端末で保険金額が違う

主端末と副端末にわざわざ分けているのは、保険金額などが異なるためです。

主端末が修理可能の場合は、最大10万円を保険金額の上限に設定しています。それに対して副端末は、2台合計で最大3万円が上限になっています。

修理ができない場合の保険金額の上限は、主端末で端末の購入金額、もしくは25,000円のいずれか低い金額で、副端末では端末の購入金額、もしくは7,500円のいずれか低い金額になっています。つまり、修理ができない場合に保証される金額は少ないということになります。そのため、主端末に登録するのは購入金額が高い端末を選ぶといいでしょう。

先ほど「年間最大で10万円までの保証が何回でも受けられる」と紹介しましたが、主端末と副端末、さらに修理できるかできないかを合わせての上限金額になっていますので、注意してください。

買い替えをしても補償は継続される

スマホはどうしても買い替えをしていくものです。そのため、新しい機種へ買い替えをした場合、補償がどうなるのか気になりますが、モバイル保険では、登録している古いスマホから新しいスマホへ登録を切り替えることによって補償されるようになっています。

ガラケーでも補償対象になる場合も

ガラケーはモバイル保険の対象にはならないと思ってしまうかもしれませんがそうではありません。ガラケーでも、Wi-FiやBluetoothが搭載されているものであれば対象になるので、一度確認してみるといいでしょう。

中古スマホも条件に当てはまれば補償対象になる

中古スマホも近年人気がありますが、故障した時に不安がある人が多いようです。モバイル保険であれば、国内メーカーのもので販売店の3ヶ月以上の保証書がついていれば、中古スマホでも保険の対象として認められています。中古スマホでも加入することができるのがモバイル保険の特徴ともいえます。

しかし、友人から譲り受けたものやオークションで落札したものなどは、モバイル保険では対象外に指定されています。

付属品は保証の対象にはならない

スマホは付属品がなくては機能しません。そのため、付属品は保険の対象になるか気になる人も多いのではないでしょうか。

付属品といえば、電池パック、充電器、ACアダプター、SIMカード、メモリーカードなどですが、これらはモバイル保険では残念ながら対象外に設定されています。

保険金が受け取れる時と受け取れない時とは?

モバイル保険でも、すべてのトラブルが保険金が支払われる対象にはなっているわけではありません。そのため、どのようなケースでは保険金が支払われて、支払われないのか確認しておかないと、せっかく保険に入ったのに意味がなくなってしまうかもしれません。

保険金が受け取れる事由

モバイル保険では、どのようなケースが保険金を受け取れるのでしょうか。

基本的にモバイル保険では、破損、損壊、水漏れ全壊、故障、盗難を対象にしています。しかし、厳密に審査してみると、保険金がもらえないケースもあるので注意が必要です。

保険金が受け取れない事由

一方、保険金が受け取れない時は細かくしてされているので、しっかり確認しておく必要があります。

変色、変質、さび、かび、腐敗、腐食、浸食、ひび割れ、はがれ、肌落ち、虫食いなどの事由は補償の対象外にされています。さらに、キャリアの補償とは異なり、「紛失」は対象外になってしまっているので覚えておく必要があります。

また、モバイル保険は日本国内で起きたことに関しての補償になっているため、海外での故障は保険適用外になっているので注意しておきましょう。

上記で挙げた以外にも細かく設定されているので、この部分はしっかり熟読してください。

保険金受け取りフロー

では、実際に修理をしたとき、どのように保険金を受け取れるのでしょうか。

モバイル保険は基本的に後払いになっています。そのため、スマホを修理した際は、まず修理業者に自分でお金を払わなければなりません。その後、故障したスマホを写真で撮影します。手元に修理業者からもらった修理明細書や領主書を用意して、モバイル保険のマイページから支払申請を行います。この時に、写真と修理明細書を一緒に送信します。審査の結果、問題なければ保険金が指定した口座に振り込まれます。

提携修理店に依頼すればキャッシュレス

修理費用を今お金がなく支払うことができないものの、一刻も早く直したい場合は、モバイル保険と提供している修理店を利用するといいでしょう。提携しているお店に修理を依頼すると、キャッシュレスでその場で修理をしてもらうことができます。

修理先は自由に選ぶことができる

キャリアの保険に入っている場合は、そのキャリアの提携店に行かなければなりませんが、モバイル保険では修理を依頼する場所は国内の修理店で、修理詳細書を提出できるところであれば、自由に選ぶことができます。

つまり、携帯ショップなどに持ち込んでもOKなのです。駆け込みの修理依頼ができるのはありがたいことですね。

モバイル保険の評判は?

上記では、メリットや注意点をご紹介してきましたが、保険とは実際に利用してみないと分からない部分も多々あるものです。そのため、よりモバイル保険を理解するためには、利用者の声を知る必要があります。

そこで、下記ではモバイル保険の評判をご紹介しますので参考にしてみてください。

モバイル端末を複数所持する人からの評判はいい

利用者が書く評判は実直に書かれます。そのため、加入しようか迷っていたり、信用できるか不安を抱えているなら口コミなどで評判を見てみることをおすすめします。

モバイル保険の評判を調べてみると、利用者からは評価が高いことが見受けられます。

口コミ

  • ・「モバイル保険なら月額700円で3台まで補償してもらえる仕組みなので、家族3台あるので、とてもお得だと思いました。複数台所有しているのであれば、絶対モバイル保険がいいと思います。」
  • ・「月掛料金が安いところや家族の補償が1つで得られるのが魅力ですね。」
  • ・「最近の機種は故障したときの修理代が、かなり高額になっているので、もし故障してしまったらと考えるとゾッとします。特に私はスマホやタブレット、ルーターを所有しているので、補償は必ず必要だと思います。しかし、スマホ、タブレット、ルーターそれぞれに補償をかけると経済的には負担がかかってしまいます。しかし、モバイル保険なら1契約で全てまかなえるのでとても便利です。」
  • ・「持っている機器全てに補償がつくので、キャリアの補償に入るよりモバイル保険が断然得。」

利用者の意見を見てみると、複数台所持している人から特に高い支持を得ていることがわかります。それぞれにかかる費用を抑えたいのであれば、便利な保険であることが伺えます。

まとめ

モバイル保険は画期的な保険であるため、注目を集めています。3台まで登録ができて10万円までは何回も補償が続く点は、他では見られない特色です。そのため、スマホを2台持ちしている人やタブレットも所有している人たちから支持を集めています。

端末を複数台所持している人にとって、それぞれに保険をつけようとすると費用は高額になってしまうものです。そのため、モバイル保険は非常に便利といえます。

また、中古スマホも近年人気が高まっていますが、保証の面で不安を抱えているケースが多いです。なぜなら、中古販売ショップでは1ヶ月~3ヶ月といったように短い期間でしか保証してくれないためです。

中古スマホとはいえ、長年愛用していきたいと思っているのであれば、手厚い保険に入っておかなければなりません。そうした要望にもモバイル保険は叶えられるため、中古スマホ所持者は検討してみる価値があるといえるでしょう。端末を複数所持している、中古スマホを愛用している、よく故障してしまう人はモバイル保険を検討してみではいかがでしょうか。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加