iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

Appleの正規サービスプロバイダって何?

iPhoneの調子が悪くなったり、故障したりした場合は、点検や修理を行う必要があります。iPhoneなどのApple製品を修理に出す際にまず思い浮かぶ依頼先はApple Storeでしょう。

しかし、Appleには「Apple正規サービスプロバイダ」と呼ばれるApple認可修理店もあるのです。このApple正規サービスプロバイダは、具体的にどんなお店で、Apple Storeとどう違うのでしょうか。


IMG_4595 / @cdharrison

iPhoneの修理拠点であるApple StoreとApple正規サービスプロバイダ

Appleが公認する代表的な修理拠点として挙げられるApple StoreとApple正規サービスプロバイダは、iPhoneなどのApple製品の点検・修理を行っています。まずは、この2つにどのような違いがあるのか見ていきましょう。

Apple Storeの特徴

Apple Storeは、iPhoneの製造元であるAppleが運営している販売とサービスの拠点となる施設で、iPhoneをはじめとするApple製品を熟知したGeniusと呼ばれる係員がいる「Genius Bar」にて点検・修理を行います。

Apple Storeには「Genius」がいるので、多少の不具合などはその場で点検・修理してもらうことができるため、状況次第では即日で修理が終わるでしょう。しかし、その場での修理が不可能な状態のApple製品は工場送りとなるため、数日間預けることとなります。

またApple Storeは全国で7店舗しかないため、すべてのiPhoneを始めとするApple製品ユーザーの対応をするにはキャパシティが足りません。完全予約制ですが、どのApple Storeにおいてもなかなか休日や直近の空きはなく、当日予約なしにApple Storeに持ち込んでも受け付けてもらえないことが多いです。

運が良ければキャンセルが出ることもありますが、その時間帯まで数時間待つこともあるようです。

Apple正規サービスプロバイダの特徴

もう1つのApple正規サービスプロバイダは、Apple以外の会社が運営している修理拠点となります。

一般のスマホ修理店と異なりAppleの認可修理店となるため、Appleが規定している修理などを行う設備を備え、Appleの認定資格を持つ係員が対応してくれます。さらに、Apple純正の部品を使用することができるため、前述のApple Storeと同等のサービスを受けることができます。

Apple正規サービスプロバイダは、全国にある様々な会社が点検・修理を行っているため、近くにApple Storeがない地域や、Apple Storeの予約がなかなか取れない場合などは、Apple正規サービスプロバイダにて点検・修理を行ったほうがはやく対応が完了する可能性が高いといえます。

Apple正規サービスプロバイダの修理料金は

Apple正規サービスプロバイダにて点検・修理を行う場合の修理料金は、修理店によって異なる場合がありますが、多くの修理店がApple Storeでの修理を受ける際の料金と同等の料金体系を取っています。ただ、対象機種や細かい保証内容は各修理店によって異なるので、それぞれのホームページにて事前に確認しておくといいでしょう。

また、一般の修理店とは異なりApple正規サービスプロバイダにてiPhoneの延長保証制度であるAppleCare+ for iPhoneを適用することが可能で、3年間の自然故障の修理が無料となるほか、水没と落下などの破損といった保証外となる故障でも2回まで修理料金が安くなります。

Apple正規サービスプロバイダへの修理依頼方法

修理依頼方法としては、ウェブから申し込んでiPhoneを郵送する方法があります。郵送修理は、近くに修理拠点がない場合や店舗まで持ち込む時間がない場合に有効な方法といえますが、修理が終わるまで時間がかかる傾向にあります。さらに、修理期間中iPhoneが使用できないことから、「連絡の手段がなくなる」というデメリットがあります。

近くに修理拠点がある場合は、持ち込み修理という方法が使えます。修理拠点までiPhoneを持っていく必要がありますが、軽微な修理なら即日対応することも可能であるため、郵送に比べ、早く終わるというメリットがあります。

さらに、預かり修理となり代替機の貸し出しを行う場合もあることから、修理期間中でも代わりの連絡手段の確保が可能となります。

Apple正規サービスプロバイダにはどんな会社があるのか

Apple正規サービスプロバイダにも様々な会社がありますが、iPhoneの修理に対応している主なApple正規サービスプロバイダとして、以下に挙げる会社があります。

ビックカメラ

業界第5位の規模をもつ大手電機量販店。全国に広がるビックカメラの店舗のうち、26店舗がApple正規サービスプロバイダーとなる修理拠点が設置されています。その26店舗の中には、サービスの質の高さなどがAppleに認められたApple正規サービスプロバイダーに贈られる「プレミアムサービスプロバイダ」に選ばれた店舗もあります。

カメラのキタムラ

カメラ量販の大手チェーンですが、各キャリアのスマートフォンの販売も手掛けており、さらに、Apple正規サービスプロバイダとして、iPhoneなどの修理も行っています。

カメラのキタムラとして800店舗以上ありますが、そのうち、北海道から沖縄まで全国57店舗が、Apple正規サービスプロバイダとしてApple製品の点検、修理を行っており、「プレミアムサービスプロバイダ」に選ばれた店舗もあります。

クイックガレージ

グローバルソリューションサービスが運営しているパソコン修理取扱店となります。関東6店舗、名古屋、関西5店舗、広島と13店舗でApple正規サービスプロバイダとしてiPhoneなどの点検、修理を行っています。クイックガレージでも、「プレミアムサービスプロバイダ」に選ばれた店舗があります。

参考:正規修理店「クイックガレージ」のiPhone修理料金は高い?

AND market

神奈川県横浜市にあるスマートフォンユーザー向けサービスに特化した企業で、Apple正規サービスプロバイダーとして、iPhoneの点検、修理対応を実施しています。店舗は、神奈川県横浜市にある店舗のみですが、プレミアムサービスプロバイダ認定店となっています。

上記にあげたApple正規サービスプロバイダは、Appleサポートページから検索、予約をすることができます。休日や営業時間は各店舗によって異なりますので、各会社のホームページなどを確認してください。

現状、新規のApple正規サービスプロバイダの募集はしていないようで、これ以上Apple正規サービスプロバイダーが増えることはないようです。

一般のスマホ修理店に依頼する

Apple Store、Apple正規サービスプロバイダのどちらも家から遠いところにある方や、他のスマホ修理店も見て見たいときは一般のスマホ修理店も検討してみましょう。一般のスマホ修理店は全国にたくさんあるのでスムーズに依頼でき、修理スピードも速いことが特徴です。

また、Apple保証対象外の修理である場合は、Apple StoreとApple正規サービスプロバイダよりも安く修理してもらえる可能性が高いです。当サイト・最安修理ドットコムには全国各地のスマホ修理店が集っているので、多くの修理店を見比べたいというときに非常に役に立ちます。郵送修理も受け付けていますので、お近くに良い修理店がなかったり店頭まで持っていく手間を省きたいときはぜひ利用してみてください。

最安修理.comに登録しませんか

簡単に修理費用や店舗評判が検索できるようになった今日、安定した店舗経営にはインターネットを駆使した広告活動が欠かせない存在となっています。

最安修理ドットコムでは修理費用の比較ができるほか、修理にまつわるコラムが豊富に掲載されています。コラムは修理希望のユーザーだけでなく、修理店を営まれている方にも有益な情報が多い内容となっています。これらコラムに店舗情報を紹介したり、新たなコラム作成も可能です。また、パーツ仕入れ等のご支援も行っております。

詳しくは、修理店登録希望者さま案内をご覧ください。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加