iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

Xperiaの電源が入らない時の対処法を調べてみた

スマートフォンにはトラブルがつきもの。高機能が売りのXperia(エクスペリア)であっても、例外なくトラブルは発生するものです。例えば、急に電源が入らなくなるトラブルなども、報告が上がっているようです。

そのような事態に陥った時には故障を疑う前に、自分でできる対処法を試してみるのが大切です。

今回はXperiaの電源が入らない時の対処法について、見ていきたいと思います。


Xperia ZR Power Button / kaeru.my

Xperiaの電源がつかない時に試すべきこと

では早速、電源がつかない時に試すべきことを紹介していきます。電池系統のエラー、内部OSのエラーなどあらゆる原因が考えられますので一つひとつ試して対処していきましょう。

バッテリー残量の確認、充電器につなぐ

よくあるミスとして「電池の残量がないため起動しない」というものが挙げられます。電源が落ちる前に、画面がフリーズしていた時など残量があると思っていたのに実は0%だったというのはよくあるトラブルの一つです。

電源が入らなくなったら、まず充電器につなげてみましょう。完全に電池がない時は、復活するまで数分の時間を要することもありますので、充電器につなげたまま少し時間を置いてみて下さい。

SDカードの確認

Xperiaなどの端末に使われることのあるSDカード。外部ストレージとして、容量が増えるため非常に便利な機能の一つです。このSDカードが正しく認識されておらず、エラーが発生していると正しく起動しない可能性があります。

確認のために、一度SDカードを外した状態で電源ボタンを入れてみて下さい。これで電源が入るということは、接触不良を起こしているかスロット部分の故障が疑われます。

SIMカードの抜き差し

次に、SIMカード部分のエラーを検証してみましょう。SIMカードを抜いて、接触部分の掃除を行なって下さい。柔らかい布で拭く程度で十分です。

再び挿入してみても電源が入らなかった場合は、購入時についてきた「ダミーSIM」を挿入してみましょう。ダミーSIMを差すことによって、Xperiaの再起動がおこなわれます。

ダミーSIMカードを入れたままだと電源が入りませんので、元のSIMカードに戻して再び電源を付けてみましょう。

再起動を試してみる

電源ボタンだけで起動しない時は、一度“再起動”のプロセスを踏んでみましょう。Xperiaには、再起動ボタンがついている端末も存在します。

再起動ボタンはSIMカード挿入口のフタを開けたところにあり、赤または黄色の小さいボタンです。強制終了ボタンがついている端末であれば、そこを長押ししてみましょう。ボタンが小さいので、押しづらい方は爪楊枝などの先が小さいもので押すといいでしょう。

強制終了ボタンが付いていない端末、またついているものの起動しなかった場合は「電源ボタンとボリュームアップボタンを長押し」してみて下さい。3秒以上長押しすると振動し、電源が落ちます。

通常の端末であれば、これによって再起動が行われるはずです。場合によってはデータが消える可能性もあるので、日頃からバックアップを取っておくといいでしょう。

参考:【保存版】Xperiaのバックアップとデータ復元方法をまとめてみた

モバイル保険に入っておけば“もしも”のときに安心

モバイル保険

「モバイル保険」は、スマートフォン、タブレット端末、ワイヤレスイヤフォン、スマートウォッチ、携帯ゲーム機、ノートパソコンなどが、万が一故障した際に補償するモバイル機器専門の保険サービスです。

スマ-トフォンの画面割れや水没、カメラ機能の故障、盗難にあってしまったなど、持ち歩く機会の多いモバイル端末は、なにかとトラブルが多いもの。
端末機が故障した際、買い換えるのは高額なので「出来るだけ費用を抑えて修理したい」という人も多いのでは?

モバイル保険に入っていれば、月額700円で年間10万円まで何度でも修理費用保険金が補償され、事故が発生した時の自己負担額がありません。

さらに、一つの契約につき3台まで補償されるのも嬉しいポイント。
スマートフォン、タブレット端末、ワイヤレスイヤフォンなど3台の組み合わせは自由に選べます。

モバイル保険サービスの流れ

  • 故障:補償対象の端末が事故にあった
  • 修理:修理店で端末の修理
  • 保険金申請:WEBから簡単に申請可能
  • 保険金受領:申請内容を審査し、5営業日以内に保険金が振り込まれる

面倒な手続きなしで保険金が申請でき、5営業日以内に振り込まれるので、とってもスピーディー。
緊急の場合も安心ですね。

モバイル保険を検討する

修理依頼も検討しよう

様々なトラブルに対して有効な対処方法に「初期化」という操作がありますが、電源が入らない状態だと初期化も出来ません。

上記の方法を試しても電源が入らない場合は、Xperiaのバッテリーや内部基盤の故障など何かしらの故障が発生している可能性が高いので修理依頼を検討してみて下さい。

電源がつかないのはバッテリーの問題だと考えられる場合は、比較的安価なバッテリー交換のみで済むかもしれません。

参考:Xperiaのバッテリー交換方法と修理屋さんの相場費用

買い取りもあり

電源が入らないスマホでも即日買取してくれるサービスを利用するのもいいかもしれません。修理に出すと時間もかかるし、結局買い替えなんてこともあるのではないでしょうか。

即日買取してもらえる「スママDASH」なら、ネットでのやり取りになるので店舗に行かなくても買取してもらえ、水没や画面割れなどのジャンクスマホも買取対象となっていて、数万円で買取してもらえる場合もあります。機種によって異なるので個人情報が心配な人も無料でデータ消去してもらえるので安心。修理に出す前にスママDASHで検索がおススメです。

修理費用は?

費用は、故障箇所や原因によって大きく変わってきます。また、各キャリアの保証パックに入っているかどうかでもユーザーが負担する金額は異なりますので「自分の端末の保証期間」「自分が保証パックに入っているかどうか」を確認してみましょう。

Xperiaの機種ごとに料金も変わってくるため、自分のXperiaはどれくらい費用がかかるのか調べてみるといいでしょう。

ちなみに、電池パック交換と基盤修理の費用相場は、電池パック交換の場合は最短30分の修理時間で約8,500円?10,000円、基盤修理の場合は最短1時間で約13,000円?かかります。

参考:割高なので要注意!Xperiaを修理する時の注意点

一般の修理店に依頼するという手も

メーカー公式の修理に出すと、1週間程度の修理期間がかかります。しかし、一般の修理店であれば即日での対応を行なってくれますので、使用しているXperiaをその場で受け取ることが出来ますよ。故障箇所や原因によっては、公式よりも安く修理できる可能性もありますので検討してみて下さい。

修理価格サイトのご紹介

全国の修理店をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

北海道・東北

北海道 宮城県 青森県 岩手県 福島県 山形県 秋田県

関東

東京都 神奈川県 埼玉県 栃木県 群馬県 千葉県 茨城県

中部

新潟県 長野県 山梨県 富山県 岐阜県 石川県 福井県 静岡県 愛知県

関西

大阪府 京都府 奈良県 兵庫県 三重県 滋賀県 和歌山県

中国・四国

鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 香川県 徳島県 愛媛県 高知県

九州・沖縄

福岡県 佐賀県 長崎県 大分県 熊本県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

最安修理.com 最安修理.comで修理料金を比較しよう

「iPhoneの画面が割れてしまった!」「ボタンが反応しない!」こんな経験はありませんか?


iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理価料金を比較するなら最安修理.comがおすすめ。


全国各エリアの修理店が登録されていて最も安い修理価格がすぐにわかります。スマホなら郵送修理を使えば手間なく簡単に修理に出すことが可能です。


まずは近くの修理店を探してみてはいかがでしょうか?

近くの修理店を探してみる

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加