iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

Xperiaを初期化する方法や注意点・バックアップ方法などのまとめ

Xperiaを初期化する方法や注意点・バックアップ方法などのまとめ

「Xperia(エクスペリア)」は、国内メーカーのSonyが生産を行うAndroidです。

高い性能と洗練された独自のデザインで、長きに渡り愛され続けています。

しかし残念なことに、「Xperia」は故障や不具合が多い機種ということでも有名です。

Xperiaユーザーの多くが、画面のフリーズやタッチパネルが反応しないなどの不具合に直面したことがあるのではないでしょうか。

そこで今回は、「Xperia」を初期化する方法や注意点、オススメの修理店を紹介します。

日本の一大メーカー「Sony」が生産し、ディスプレイやオーディオの性能が高いことで知られる「Xperia」。

高い人気を博す一方で、販売される機種が増えたことから、故障や不具合、修理に関するトラブルが増えています。

そこで今回は、「Xperia」の初期化をする際の注意点や、初期化の手順についてまとめました。

スマホスピタル

初期化とは

初期化とは

初期化とは、Android端末の内部データを消去し、購入時のまっさらな状態に戻すことです。

初期化することで、主にアプリやゲーム、音楽などの自分自身でダウンロードやインストールをしたもの、連絡先やカレンダー、ブックマーク、撮影した写真や動画などの保存データが消えます。

しかし撮影した写真や動画でも、クラウド上に保存されているものは消去されません。

また、LINE・Twitter・Facebook・InstagramなどのSNSアカウントも消えることはありません。

IDやパスワードを覚えておけば、アプリを再インストールしてログインすることで、元通り利用出来ます。

バックアップをとる

バックアップをとる

保存したデータを消さずに初期化をしたい場合は、先にバックアップをとりましょう。

バックアップをとるには、「Googleアカウントの設定・確認」と「データバックアップ」の2つの作業を行います。

まず、連絡先やカレンダーなどの基本データを残しておくために、Googleアカウントの同期をしておきましょう。

Googleアカウントに一旦データを保存しておけば、自分のアカウントでGoogleにログインすることで、いつでもデータを呼び起こせます。

その際、パスワードを忘れないようにしましょう。

アカウント名やパスワードなどの情報をメモしておくこと、この作業がスムーズに行えます。

では、基本データのバックアップのとり方を説明します。

まず、[設定]アイコンをタップして、[システムからバックアップ]を選択。

すると[Googleドライブへのバックアップ]という項目があるので、そこをタップすれば基本データのバックアップは完了です。

次に、写真や動画のバックアップをとりましょう。

写真や動画は「Googleフォト」を利用して、クラウド上に保存します。

※無料の場合、容量に上限があります。

まず、[Googleフォト]アイコンをタップして、左上に表示される[三本線のメニュー]をタップ。

メニュータブから[設定]を選択します。設定から[バックアップと同期]をタップすれば、クラウド上への保存は完了です。

Googleアカウントとの同期が出来ない場合

「Xperia」の中には、Googleアカウントとの同期が出来ない機種があります。

その場合は、Sonyが提供している「Xperia Companion(エクスペリアコンパニオン)」というパソコン用ツールや、SDカードを使ってデータのバックアップを行いましょう。

また、株式会社情報スペースが提供している「JSBackup(ジェイエスバックアップ)」というアプリもオススメです。

「かんたんデータ移行」を使えば、基本データや写真や動画などを簡単に移動させられます。

参考:【保存版】Xperiaのバックアップとデータ復元方法をまとめてみた

モバイル保険バナー

初期化する方法

初期化する方法

大切なデータのバックアップが無事にとれたら、さっそく初期化の作業をしましょう。

まずは、端末からGoogleアカウントの情報を消去します。

[設定]アイコンをタップして、[アカウント]をタップ。

すると画面上部に自身のアカウント名が表示されるので、そこをタップしてください。

[アカウントを削除]を選択すれば、Googleアカウントの削除は完了です。

アカウントが消去できたら、端末の初期化作業に入ります。

先ほどと同じように[設定]アイコンをタップして、[システム]を選択。

次に出てくる[リセット]をタップします。

すると[データの初期化]という項目が出てくるので、それをタップします。

初期化に際しての注意文が表示され、スクロールすると下部に[携帯電話をリセット]という項目が表示されます。

こちらをタップした後[すべて削除]という項目をタップして、本体の再起動が終われば初期化の完了です。

初期化の際の注意点

今説明したAndroid端末の初期化は、あくまで内部データを表面上見えなくする作業です。

そのため、ハードウェアレベルではまだデータが残っており、特殊なソフトを使用して個人情報の復元をすることが可能です。

端末の売却を考えている人は、個人情報の流出を防ぐため、初期化の前に端末のデータを暗号化しておきましょう。

手動で暗号化行う場合は、[設定]アイコンをタップし、次に[セキュリティ]をタップ。

すると[携帯電話の暗号化]というメニューが表示されるので、そこをタップ。

これで端末データの暗号化が完了します。(暗号化には30分程度かかります)

機種によっては自動で暗号化を行ってくれます。

端末が暗号化されているかどうかは、[セキュリティから]確認可能です。

自動・手動問わず、すでに暗号化されていれば[携帯電話の暗号化]の下に「暗号化されています」と表示されます。

おサイフケータイを利用している人の注意点

おサイフケータイを利用している場合は、端末内のICチップに個人情報が記憶されています。

その情報は、個人で消去することは出来ません。

携帯電話キャリアの各店舗でデータを消去してもらいましょう。

復元

復元

次はデータの復元方法を紹介します。

まず、セットアップ画面に「Xperiaへようこそ」と表示されます。

その下に[データのコピー]という項目があるので、そこをタップしましょう。

次に[クラウドからバックアップ]という項目が出てくるのでそこをタップ。

すると、アカウントのログイン画面が表示されるので、ログインしましょう。

[復元するバックアップ]という選択画面が出てくるので、自分が復元したいものにチェックを入れます。

最後に右下に出てくる[復元]という項目をタップすれば、データの復元が完了します。

初期化ができない・初期化しても不具合がある場合

初期化ができない・初期化しても不具合がある場合

初期化が上手く出来ない、初期化した後にも不具合が出る場合は、端末自体が故障している可能性があります。

その場合は、携帯電話キャリアの各店舗や、一般の修理業者などに不具合の原因を調べてもらうことをオススメします。

メーカーでの修理

メーカーでの修理

携帯電話が故障した時、修理先として真っ先に思い浮かぶのが端末を購入したメーカーです。

メーカー修理であれば、「メーカーから直で取り寄せた部品を使えるので安全」「保証もしっかりしていて安心」と思う人も多いはず。

各携帯電話キャリアの保証サービスに加入している場合は、保証期間内の修理は無料なので、メーカーでの修理を検討するのもいいでしょう。

ただしメーカーでの修理の場合、修理箇所に関わらず、預けた端末は一度全て初期化されます。

そのため、データのバックアップは必要不可欠です。

また、改造や自己の不注意による水濡れなどの場合は、無償修理の対象にはならないことがあるので注意しましょう。

修理店での修理

修理店での修理

メーカー修理のような正規サービスの他に、登録修理店を含めた非正規の修理店も数多く存在します。

以下のようなメリットがあるので、正規メーカーと比較して利用を検討しましょう。

メリット

修理店の強みは何と言ってもスピード感。

メーカー修理だと通常、郵送の日にちを含めて1週間前後かかることが多いですが、修理店なら持ち込み修理なので、即日修理が可能です。

さらに、修理店では基本的に端末の初期化もされないので、バックアップをとっていない時にもオススメです。

また、メーカー修理と比べて、格段に安く済むというのも嬉しいポイントです。

修理箇所にもよりますが、液晶割れやバッテリー交換の場合、メーカー交換と比較して半額以下になることもあります。

デメリット

ただし、一度非正規の修理店で端末を修理すると、携帯会社の修理保証オプションの対象外端末になったり、携帯会社の下取りサポートに出せなくなったりする場合があるので注意が必要です。

さらに、パーツ交換以外の基盤故障の場合は、修理が出来ないこともあります。

おすすめ修理店

全国どこでも対応可能の郵送修理専門店「ポストリペアー」は、郵送修理専門のお店で、全国どこからでも修理を依頼出来ます。

さらに、家賃や光熱費、人件費などの店舗維持費がかからないため、関東随一の低価格。

依頼から端末が手元に戻るまで、平均で3日間程度とスピーディーです。なかなかお店に行く時間のない人や、費用を抑えたい人にオススメです。

「Xperia」のバッテリー交換費用の目安は、XZシリーズで9,878円~(作業費込、技術料込の価格)です。

千葉県でオススメなのが、「yeSmart 八千代緑が丘店」です。

千葉県では数少ない「Xperia」の修理を行っている修理店です。

目の前で修理を行ってくれるため安心感があるうえ、最短15分程度で修理が完了するというスピードが魅力で、口コミ評価も非常に高いお店です。

「Xperia」のバッテリー交換費用の目安は、XZシリーズで9,878円~(作業費込、技術料込の価格)です。

モバイル保険に入っておけば“もしも”のときに安心

モバイル保険

「モバイル保険」は、スマートフォン、タブレット端末、ワイヤレスイヤフォン、スマートウォッチ、携帯ゲーム機、ノートパソコンなどが、万が一故障した際に補償するモバイル機器専門の保険サービスです。

スマ-トフォンの画面割れや水没、カメラ機能の故障、盗難にあってしまったなど、持ち歩く機会の多いモバイル端末は、なにかとトラブルが多いもの。
端末機が故障した際、買い換えるのは高額なので「出来るだけ費用を抑えて修理したい」という人も多いのでは?

モバイル保険に入っていれば、月額700円で年間10万円まで何度でも修理費用保険金が補償され、事故が発生した時の自己負担額がありません。

さらに、一つの契約につき3台まで補償されるのも嬉しいポイント。
スマートフォン、タブレット端末、ワイヤレスイヤフォンなど3台の組み合わせは自由に選べます。

モバイル保険サービスの流れ

  • 故障:補償対象の端末が事故にあった
  • 修理:修理店で端末の修理
  • 保険金申請:WEBから簡単に申請可能
  • 保険金受領:申請内容を審査し、5営業日以内に保険金が振り込まれる

面倒な手続きなしで保険金が申請でき、5営業日以内に振り込まれるので、とってもスピーディー。
緊急の場合も安心ですね。

モバイル保険を検討する

まとめ

今回の記事では、不具合が起きた際に「Xperia」を初期化する方法や、注意点、バックアップの取り方について説明しました。

また、オススメの修理店や修理費用、取り扱い機種も紹介しました。

「Xperia」の修理を依頼する時は、メーカーと非正規修理店のメリットとデメリットを比較して、どちらが自分に合っているのかを考えて検討するとよいでしょう。

参考:Xperiaをデータ復旧する方法とは?修理屋ならどんな場合も復元可能?

修理価格サイトのご紹介

全国の修理店をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

北海道・東北

北海道 宮城県 青森県 岩手県 福島県 山形県 秋田県

関東

東京都 神奈川県 埼玉県 栃木県 群馬県 千葉県 茨城県

中部

新潟県 長野県 山梨県 富山県 岐阜県 石川県 福井県 静岡県 愛知県

関西

大阪府 京都府 奈良県 兵庫県 三重県 滋賀県 和歌山県

中国・四国

鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 香川県 徳島県 愛媛県 高知県

九州・沖縄

福岡県 佐賀県 長崎県 大分県 熊本県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加